Lenon


Lenonをフォローしよう!


愛犬と一緒に空の旅へ…日本初&ANA発、わんダフルな企画『ワンワンフライト』の全貌がこちら!


愛犬の『手荷物』扱いに抵抗…

夏本番。

家族で避暑地に旅行などしたい季節です。

今や犬や猫も家族の一員で、一緒に旅行した・したい人も多いはず。

ドライブや電車などの車両旅行であれば、犬や猫同伴もさほど珍しくありませんが、もっと遠くへの旅、飛行機での動物との旅はなかなかないと思います。

日本の航空会社では現在、原則客室に犬を持ち込むのは禁止で、搭乗前に『手荷物』として預けねばならず、これに不安や抵抗がある人が多いのが原因と考えられています。

各航空会社では愛犬との空の旅を気軽に楽しめるよう工夫してきましたが、その中で全日本空輸(ANA)商品戦略部の今田麻衣子さんをご紹介します。

犬が苦手な企画担当者

wanfly1

この今井さん、実は犬が苦手で飼ったことも触れたこともなかったそう。

それでも、「家族との旅を楽しみたい気持ちはすごくわかる」と、愛犬家のための企画を考え続けたそうです。

ある時、今田さんがペット関連の展示会で大手自動車メーカーが愛犬家向けの企画を展開するのをみて、航空会社も頑張らねばと奮い立ちました。

リサーチや情報収集を経て、愛犬同伴チャーター機で行く

『わんわんフライトin北海道』を企画しました。

日本初のわんダフルな企画、気になるそのお値段は…?

全貌は次のページで詳しくお伝えいたします。

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

11日間深い森に迷ってしまった3歳の女の子→でもそばを離れなかったパートナーの力強さに心揺さぶられる…!

シベリアで母と暮らすカリーナ・チキトヴァは3歳の女の子です。 4歳の誕生日の数日前に、父の暮らす隣の …

最後にもう一度だけ雪を見せてあげたい…愛犬を安楽死させなくてはならない女性の願いが夏のテキサスに届いた!

スパンキーの異変 「血管肉腫」という癌をご存知でしょうか? 血管肉腫は悪性腫瘍で血管によく似た形成を …

自然災害の写真を収めようとしていた→その数分後、まさかの救世主出現に驚かされる!

嵐に見舞われた南米の小さな町で起きた奇跡の救出劇。 そこに登場するのは私たち人間ではありません。 嵐 …

女性が優しく撫でようとすると、子犬の悪夢がよみがえってしまった・・・!

動物虐待のニュースには本当に心が痛みます。 心ないブリーダーが、お金儲けでメス犬に仔犬を生ませるだけ …

フードパークに住み着く人気者の猫が異変を感じた地元住民によって捕獲されることに…!

空き地や路地裏を住処にする猫もいれば、商店街など人通りの多い所に住み着く猫もいますよね。 アメリカの …

PREV : 自衛隊の航空機が急患の搬送のために出動!自衛隊と地方空港はやはり必要不可欠だった・・・
タバコを吸っていたガラの悪い青年がスケートボードをしていた6歳の少女に近寄って取った行動に世界中の大人が驚く! : NEXT