Lenon


Lenonをフォローしよう!


12年間檻の中に閉じ込められ続けていたワンちゃんが、初めて「外の世界」に触れた瞬間…芝生の音に驚く姿に胸が締め付けられる!


ワンちゃんが、外で元気そうに走り回る。

少し街を歩いて公園などを見渡せば、よく見かける光景ですよね。

ですが今回ご紹介するワンちゃんは、そんな当たり前のことを12年間知らずに過ごしてきてしまいました。

そのワンちゃんの名は『リジー』。

ワンちゃんは「パピーミル」という場所から保護されたワンちゃんでした。

パピーミルとは日本語で直訳すると、『子犬工場』とされます。

子犬工場とはどういうところなのか。

そして12年間檻の中に閉じ込められ続け、保護されたリジーが初めて外の世界に触れた瞬間を収めた動画などを次のページでご紹介いたします。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

バケツをくわえた大型犬!中に入れて運んでいるものとの様子が可愛すぎる!

賢いワンちゃんは、いろいろな物を運んでくれます。 介助犬は新聞紙や鍵などをくわえて、飼い主さんに届け …

散歩中の猫とシマリスの出会い!猫がシマリスを攻撃するかと思いきや、意外な結果に!?

ある男性が飼い猫と散歩を楽しんでいたところに、 男性の飼い猫に近づいてくる1匹のシマリスがいることに …

公園にて→この犬はとにかく家に帰りたくない!0:13から爆笑不可避(笑)

アメリカのジョージア州アトランタにある、とある公園で面白い動画が撮影されました。 この動画の主役はゴ …

戻ることはない飼い主を待ち続けた犬が保護された後に公開された手紙に綴られた想いとは!?

凍えるような冬の日のことです。 アメリカはカリフォルニア州の砂漠に、首輪をしていない1匹の犬が佇んで …

象とダチョウ→同じ施設で出会って互いに寄り添い合うかけがえのない親友同士に…!

ケニアで井戸に転落し、 群れとはぐれた生後1か月の象が野生動物の保護施設『DSWT』によって保護され …

PREV : 「障害者なんていなくなればいいと思った」相模原の障害施設での事件の犯人の動機に対する8歳児の正論すぎる言葉に心揺さぶられる!
多くの人々が称賛した目からウロコのライフハック10選!これは神のアイデアだ・・・ : NEXT