Lenon


Lenonをフォローしよう!


12年間檻の中に閉じ込められ続けていたワンちゃんが、初めて「外の世界」に触れた瞬間…芝生の音に驚く姿に胸が締め付けられる!


ワンちゃんが、外で元気そうに走り回る。

少し街を歩いて公園などを見渡せば、よく見かける光景ですよね。

ですが今回ご紹介するワンちゃんは、そんな当たり前のことを12年間知らずに過ごしてきてしまいました。

そのワンちゃんの名は『リジー』。

ワンちゃんは「パピーミル」という場所から保護されたワンちゃんでした。

パピーミルとは日本語で直訳すると、『子犬工場』とされます。

子犬工場とはどういうところなのか。

そして12年間檻の中に閉じ込められ続け、保護されたリジーが初めて外の世界に触れた瞬間を収めた動画などを次のページでご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

保護施設に連れてこられたこの子猫は怒っている?その理由と1ヶ月後の姿は・・・

迷子になった子猫 アメリカのカルフォルニア州にあるサンノゼアニマルケアセンターに、 1匹の子猫が連れ …

可愛い野良の子猫に懐かれるも、猫を飼えない事情を抱える男性の決断とは?

可愛い野良の子猫に懐かれた男性!連れて帰りたいのはやまやまだが、どうしても飼えない事情が…!果たして男性の決断は?

悲しみに暮れるワンちゃんの心に寄り添って癒したのは1羽のアヒル→優しい光景にほっこり・・・

最愛の相棒を失い… アメリカ テネシー州に在住のリットンさん宅には、愛犬の『ジョージ』がいます。 し …

子猫を救うために担架として使ったのは粗大ゴミの引き出し!男性の強い思いに心揺さぶられる・・・

皆さんはネコは好きですか? 筆者はネコが大好きです。 何を考えているのかがよくわからない神妙な表情や …

カンガルーのような二本足の猫が保護され、ある女性と運命の出会いを果たした結果…!

ある日救助されたのは、カンガルーのような二本足の猫!その後、ある女性と運命的な出会いを果たした結果…!詳細はこちら・・・

PREV : 「障害者なんていなくなればいいと思った」相模原の障害施設での事件の犯人の動機に対する8歳児の正論すぎる言葉に心揺さぶられる!
お昼寝の前にはご主人様とお話しないと寝れない人間の言葉が分かっている様子の猫をご覧ください・・・ : NEXT