Lenon


Lenonをフォローしよう!


赤ん坊に接するピットブルの姿に当初大パニックだった男性は、“闘犬”への意識の変革を願うように・・・


ピットブルを“闘犬”にしたて上げたのは、人間のエゴ

『ピットブル』という大型の犬種をご存知でしょうか。

イギリスからアメリカに輸入され、闘犬として育種され、そのたくましい姿からも

「恐ろしい」「凶暴」

というイメージが多いかもしれません。

アメリカ全土ではピットブルが原因でケガをしたと報告された事例は、毎日1,000人にも及ぶのだとか…。

しかし実は決して生来気性が荒い犬種ではなく、大型で筋肉質な体格を理由に、“闘犬”として子犬の頃から人工的にその資質を育成されたのです。

ペットとして愛情を注ぐほど、本来は飼い主に従順で優しい気質だとわかるエピソードがあります。

妻の「連れ犬」ピットブルに、不安の日々

buru

アメリカ在住のグレッグ・ヘイネンさんは、妻の愛犬でありピットブルの血を引くミックス犬『ザック』を、娘の誕生以後特に敬遠していました。

「私と妻は結婚前からずっと一匹ずつ犬を飼っていた。妻のザックとの相性は最悪だった」とし、グレッグさんは

「赤ん坊に噛みつくそぶりをみせたら、ここにはいさせない」と息巻いていました。

しかしザックは画像の優しい瞳からわかるように、娘を守る相棒になりました。

娘が少し大きくなり、眠るため一人で二階に上がるタイミングがわかるように、ザックは必ず毎晩階段の下で娘が来るのを待つようになります。

グレッグさんのピットブルへの意識も変わっていく中、大きな悲劇が襲います。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

19枚の美しい写真!一流カメラマンが撮影した写真に収められたカエル達の世界をご覧ください・・・

カエルのご案内 カエル好きの方には必見です! あの可愛らしいカエルが、さらに愉快で美しく画像化されま …

プールで溺れていたカワセミに心臓マッサージと人工呼吸を丁寧に施した結果、見事に復活!

「ワライカワセミ」をご存知でしょうか。 この鳥はオーストラリア辺りに生息している大型のカワセミの仲間 …

このワンちゃんが玄関から部屋に入ることができない理由が情けなくて笑わずにはいられない!

愛犬は時に飼い主さんが想像もしていなかったことをして、 飼い主さんをびっくりさせたり笑わせてくれたり …

まん丸アライグマが飼い主さんに呼ばれてやって来たけど…何じゃこりゃ!?(笑)

見た目は愛らしいアライグマですが、その性格はなかなか狂暴でペットとするには難しいそうです。 今回は、 …

家族と離れ離れになってしまった子犬と子猫→同じ境遇の2匹が出会った結果・・・

アメリカのバージニア州にある動物保護施設「SVASC」に、母親と離れ離れになった一匹の子猫がやってき …

PREV : 北海道のジャガイモが国内初の害虫被害!その感染経路と農家のツイートに考えさせられる・・・
超耳寄り情報!高級で傷みやすい『桃』を1ヶ月間余裕で保存できる裏ワザがこちら・・・ : NEXT