Lenon


Lenonをフォローしよう!


赤ん坊に接するピットブルの姿に当初大パニックだった男性は、“闘犬”への意識の変革を願うように・・・


ピットブルを“闘犬”にしたて上げたのは、人間のエゴ

『ピットブル』という大型の犬種をご存知でしょうか。

イギリスからアメリカに輸入され、闘犬として育種され、そのたくましい姿からも

「恐ろしい」「凶暴」

というイメージが多いかもしれません。

アメリカ全土ではピットブルが原因でケガをしたと報告された事例は、毎日1,000人にも及ぶのだとか…。

しかし実は決して生来気性が荒い犬種ではなく、大型で筋肉質な体格を理由に、“闘犬”として子犬の頃から人工的にその資質を育成されたのです。

ペットとして愛情を注ぐほど、本来は飼い主に従順で優しい気質だとわかるエピソードがあります。

妻の「連れ犬」ピットブルに、不安の日々

buru

アメリカ在住のグレッグ・ヘイネンさんは、妻の愛犬でありピットブルの血を引くミックス犬『ザック』を、娘の誕生以後特に敬遠していました。

「私と妻は結婚前からずっと一匹ずつ犬を飼っていた。妻のザックとの相性は最悪だった」とし、グレッグさんは

「赤ん坊に噛みつくそぶりをみせたら、ここにはいさせない」と息巻いていました。

しかしザックは画像の優しい瞳からわかるように、娘を守る相棒になりました。

娘が少し大きくなり、眠るため一人で二階に上がるタイミングがわかるように、ザックは必ず毎晩階段の下で娘が来るのを待つようになります。

グレッグさんのピットブルへの意識も変わっていく中、大きな悲劇が襲います。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

パピーミルの最悪の環境の中で生きていた犬が保護された瞬間に取った行動に胸が締め付けられる…!

アメリカの保護団体が違法なパピーミルに介入してみると、 その建物の洗濯室という劣悪な環境で生きている …

女性がゴミ箱から助け出した子猫はを病院に診てもらうと「特別な存在」であることが明らかに…!

先日、ある女性が海外のインターネット掲示板でこのような書き込みをしました。 「先日叔母がゴミ箱から救 …

車のエンジン内に子猫が!そこに現れた救世主はなんと茶トラ猫だった・・・

奇跡的に無傷だった子猫ちゃん! この日、車の持ち主はいつもの様にエンジンをかけ車を移動させます…。 …

16歳の少女が発見した子犬は血に濡れた状態で捨てられていた!さらにその近くあったビニール袋には考えられないものが・・・

ドイツで暮らしている16歳の学生のアリシアちゃんが、 学校に向かう途中に塀の向こうから犬の鳴き声がか …

気が付けば隣に…グリズリーを見にきたら驚愕の事態に発展!!

グリズリーの撮影 グリズリーを知っていますか? 体長2メートルを超える大きな熊、それがグリズリーです …

PREV : 北海道のジャガイモが国内初の害虫被害!その感染経路と農家のツイートに考えさせられる・・・
超耳寄り情報!高級で傷みやすい『桃』を1ヶ月間余裕で保存できる裏ワザがこちら・・・ : NEXT