Lenon


Lenonをフォローしよう!


5年前まではがん病棟に犬なんて必要ないと思っていた…でも実際の医療現場を見て考えが変わった!


現在、子供が病気で亡くなる確率が一番高いのは小児がんです。

この小児がんは大人のがんよりは少ないのですが、

毎年2,000~2,500人が小児がんを罹ってしまい、

全国で約13,000人が小児がんの治療を行っています。

小児がんに関しては医療が進んできているため、完治する確率の高い病気にはなってきました。

しかし治る病気と言ってもその入院期間はとても長く隔離されるため、子供たち家族たちにとってとても辛い入院生活になります。

小児がんは体への痛みが強く、その他に入院することでいろいろな重荷が掛かってきます。

そこで体と心をサポートすることが必要になってきます。

医療的には最先端の技術を提供できる日本ですが、

治療を受ける子供やその家族の心の面をサポートすることは、

欧米よりも劣っていると言われています。

そこで小児がんの治療に苦しむ子供たちやその家族の心のサポートがどのように行われているか、次のページ以降で見ていきましょう。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

育児放棄されたことで心を閉じた猫が新しい出会いによって満面の笑顔を見せてくれるようになる!

動物の虐待や放棄の話は、ネット上でもよく話題になっています。 そんな話に接する度に、 動物を最期まで …

「誰か引き取って」犬の里親募集に応えたのはなんとダルビッシュ有!その結果・・・

ダルビッシュが里親に! 今回ご紹介するエピソードは、 ペットの命についてメージャーリーグで活躍するダ …

子供が死んで元気を失っていた犬が3匹の子猫と出会って母としての喜びを取り戻した!

グレタというワンちゃんは6歳になる女の子です。 グレタは7月に待望の赤ちゃんを産みましたが、その赤ち …

飼い主と死別して行き場を失った犬を救ったのは仲の良い配達員だった・・・

ピットブルのレオは、飼い主のティナさんとカリフォルニア州のランチョ・クカモンガに暮らしていました。 …

とある大学の卒業アルバムの、学生と一緒に写った盲導犬に隠されたエピソードに涙が止まらない…!

常に視聴覚障害者に寄り添い、安全に誘導している「盲導犬」。 犬が立ち入り禁止のお店や施設でも、盲導犬 …

PREV : 美しい髪に接着剤をかけられ、世界中のいじめ撲滅を誓って立ち上がった少女…!
スマホを操作する時の持ち方から、あなたの性格が分かる診断が話題に!あなたの持ち方はどれ? : NEXT