Lenon


Lenonをフォローしよう!


小屋の後ろで鳴いていた子猫が、保護され先住猫のお供に…幸せいっぱいの写真7枚をどうぞ!


不安そうな瞳が見つめる先は…

koya

どんな生き物の赤ちゃんも、頼りなさげで可愛らしいものです。

生まれたての子猫もしかり、大きな瞳に小さな手足、思わず守ってあげたくなりますね!

画像の不安そうな瞳をした黒猫ちゃん。

実は母猫や兄妹とはぐれたのか、一匹ぼっちでとある夫婦の家の小屋の後ろで助けを求めて鳴いていました。

koya2

お母さん猫を探しているのか、大きな瞳がうるうるしているようにも見えます。

子猫をみつけた夫婦は、早速保護して安全な室内に連れてくると眠ることも忘れて献身的に世話をしたのです。

翌朝…小首をかしげて「有難う」のポーズ?

koya3

夫婦が疲れて朝がきたことに気付くと、子猫がまるでお礼を言いたいかのような、

「お母さん?」と聞きたいかのようなポーズで夫婦に寄り添ってきました。

koya4

『キトンブルー』と呼ばれる子猫特有のブルーの瞳は、まだはっきりと見えていないかもしれません。

それでもまっすぐに夫婦を見つめ、身体をふいてもらい、安心したのか膝で眠り始めたのです。

徹夜での夫婦の看護疲れをすっかり癒した子猫。

その後どうなったのか、続きを次のページでご覧ください




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

家族に捨てられた12歳の兄弟猫!理由は引っ越しのためというあまりにも身勝手なものだった・・・

動物を飼うなら、最後まで責任を持って世話をしなくてはなりません。 ほとんどの人が飼い主としての義務を …

困惑と癒し?猫と犬を同時に飼うと後悔したくなる10の理由をご覧ください・・・

猫と犬は交配しても当然子供は産まれません。 でも種別を超えてもとても仲良し。 そんな姿に飼い主が後悔 …

野生を捨てたネコたちの戦い!→・・・って、そんな攻撃アリなの?(笑)

ネコのケンカといえば・・・ みなさんはネコ同士のケンカを見たことがあるでしょうか? たまに野生のネコ …

保護施設で暮らしていた20歳の老猫→迎え入れてくれた家族に最期のその時まで愛情を注ぎ注がれ尽くした…!

新しい家族を求めて… ある日、ジル・ウィリアムズさん一家が訪れたのは地元の動物保護施設。 その理由は …

5年間いっしょに戦場を走り抜けたパートナー犬の最期!いつまでもそばに寄り添い続ける兵士に涙・・・

カイル・スミスさんは、アメリカの空軍の一員として働く軍人です。 カイルさんには爆発物探知犬のパートナ …

PREV : 触れただけでとんでもないことになる「やけど虫」の被害が拡大中!夏を楽しむためにも必見です・・・
『ポケモンGO』のプレイ禁止を呼びかける伊勢神宮→その粋な内容にプレイヤーも納得! : NEXT