Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・


身勝手な飼い主による持ち込み…殺処分の現状

日本では毎年およそ十万匹もの犬猫が、行政機関で私たちの税金で殺処分されています。

日本ほどの数ではないにせよ、南アフリカにも殺処分は存在し、ある動物管理局に一匹のオスのコーギーのミックス犬が飼い主よって持ち込まれました。

心ない飼い主が言うには

「こいつは汚いし病気で気持ち悪いから引き取ってくれ」とのこと。

なんとも身勝手な都合で、犬を残し帰ってしまったのです。

kiseki1

南アフリカ管理局の職員は年老いたその「ニックナック」という名の犬を見て、深い怒りと悲しみに包まれました。

足は骨折し、痩せこけていて栄養失調、顔は皮膚病かやけどなのか、赤くただれていたのです…。

明らかに虐待されており、犬は絶望したかのようにぐったりと動かなかったのです。

それは駆け付けた獣医でさえも、安楽死させたほうがまだ幸せかと思うほど…。

奇跡の里親候補の登場…!

kiseki2

安楽死を待っていた矢先、NPO保護団体・動物レスキュー『Sidewalk Specials』が、ニックナックの引き取りを申し出ました。

そして里親を募集すると、南アフリカ・ケープタウン在住の女性、カミラさんから、里親の申し出がありました!

彼女は弱り切ったニックナックと、治療期間も共にすることになります。

カミラさんの愛情に応えるかのような、ニックナックの変化をご覧ください!

1
2


この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「ウチ猫飼ってませんけど・・・」妙に人間慣れして家に忍び込む猫たち15選!

招かざる侵入者? 猫というものは隙間さえあれば奥に入り込んだり、 いつの間にかそばにいたりと神出鬼没 …

車に轢かれて血だらけの馬に警察官が行ったことが世界中で共感を呼びました・・・

日本ではあまり馴染みのない、警察の騎馬隊。 アメリカでは馬にまたがり、パトロールなんて光景もあまり珍 …

「路上生活のワンちゃん達に幸せを・・・」 9歳の少年の夢が起こした感動の奇跡!

路上に行き場のない数匹の犬がいるとします。 あなたならどうしますか? 「うちでは飼えない…」 「汚ら …

「静かに…奴だニャ」猫が映画のワンシーンにありそうな場面を演じているかのような写真が話題に!

感動的で笑える動物映画やドラマは、世の中にたくさんあります。 しかし大抵は人間が主人公で、そこに可愛 …

母猫に見捨てられた体の弱い子猫が出会ったのは最高の家と最高のお父さんだった…!

育児放棄をするのは人間に限ったことではありません。 厳しい自然界で生き抜くために、親は体の弱い子を見 …

PREV : 「ポケモンGO」へのウマい注意喚起4選で、あなたもポケモンとリアル世界を2倍楽しめる!
日本で購入されたハーレーをカナダで発見→なぜかオーナーは受け取りを拒否!そこには2011年の津波から芽生えた深い思いが… : NEXT