Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・


身勝手な飼い主による持ち込み…殺処分の現状

日本では毎年およそ十万匹もの犬猫が、行政機関で私たちの税金で殺処分されています。

日本ほどの数ではないにせよ、南アフリカにも殺処分は存在し、ある動物管理局に一匹のオスのコーギーのミックス犬が飼い主よって持ち込まれました。

心ない飼い主が言うには

「こいつは汚いし病気で気持ち悪いから引き取ってくれ」とのこと。

なんとも身勝手な都合で、犬を残し帰ってしまったのです。

kiseki1

南アフリカ管理局の職員は年老いたその「ニックナック」という名の犬を見て、深い怒りと悲しみに包まれました。

足は骨折し、痩せこけていて栄養失調、顔は皮膚病かやけどなのか、赤くただれていたのです…。

明らかに虐待されており、犬は絶望したかのようにぐったりと動かなかったのです。

それは駆け付けた獣医でさえも、安楽死させたほうがまだ幸せかと思うほど…。

奇跡の里親候補の登場…!

kiseki2

安楽死を待っていた矢先、NPO保護団体・動物レスキュー『Sidewalk Specials』が、ニックナックの引き取りを申し出ました。

そして里親を募集すると、南アフリカ・ケープタウン在住の女性、カミラさんから、里親の申し出がありました!

彼女は弱り切ったニックナックと、治療期間も共にすることになります。

カミラさんの愛情に応えるかのような、ニックナックの変化をご覧ください!


スポンサードリンク

1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

どこから持って来たのか見当もつかないペット達からのサプライズプレゼント7選!

飼い主さんが大好きなペットたち。 いつも恩返しに何かをプレゼントしようと思っているものです。 見て見 …

病気の猫を連れているとタクシーに何度も乗車拒否された!やっと乗せてくれたドライバーは・・・

ペットを飼われているみなさん。 その子が病気になった時、どのような方法で動物病院まで連れていきますか …

シェルターから引き取った犬が車の中で出産したものの、夫には内緒にしておくことに・・・

車好きの男性は、まるで宝物のように車を大切にします。 家の中ではだらしのない旦那さんが、車はいつもピ …

20年間コンクリートの檻の中に閉じ込められていた虐待状態のサーカスの熊を保護→救出隊員は目を疑った…!

お客さんに笑顔を与えてくれるサーカス。 ピエロがでてきたり、曲芸を見せてくれたり、動物が出てくるもの …

神の使い?はたまた天女!?白孔雀の舞う姿がこの世のものとは思えないほど神々しい・・・

皆さんはクジャクというと、青や緑の色とりどりの羽を思い浮かべるのではないでしょうか? ところが「白孔 …

PREV : 「ポケモンGO」へのウマい注意喚起4選で、あなたもポケモンとリアル世界を2倍楽しめる!
日本で購入されたハーレーをカナダで発見→なぜかオーナーは受け取りを拒否!そこには2011年の津波から芽生えた深い思いが… : NEXT