Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・


身勝手な飼い主による持ち込み…殺処分の現状

日本では毎年およそ十万匹もの犬猫が、行政機関で私たちの税金で殺処分されています。

日本ほどの数ではないにせよ、南アフリカにも殺処分は存在し、ある動物管理局に一匹のオスのコーギーのミックス犬が飼い主よって持ち込まれました。

心ない飼い主が言うには

「こいつは汚いし病気で気持ち悪いから引き取ってくれ」とのこと。

なんとも身勝手な都合で、犬を残し帰ってしまったのです。

kiseki1

南アフリカ管理局の職員は年老いたその「ニックナック」という名の犬を見て、深い怒りと悲しみに包まれました。

足は骨折し、痩せこけていて栄養失調、顔は皮膚病かやけどなのか、赤くただれていたのです…。

明らかに虐待されており、犬は絶望したかのようにぐったりと動かなかったのです。

それは駆け付けた獣医でさえも、安楽死させたほうがまだ幸せかと思うほど…。

奇跡の里親候補の登場…!

kiseki2

安楽死を待っていた矢先、NPO保護団体・動物レスキュー『Sidewalk Specials』が、ニックナックの引き取りを申し出ました。

そして里親を募集すると、南アフリカ・ケープタウン在住の女性、カミラさんから、里親の申し出がありました!

彼女は弱り切ったニックナックと、治療期間も共にすることになります。

カミラさんの愛情に応えるかのような、ニックナックの変化をご覧ください!




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「覚悟のある人にしか譲らない」販売から譲渡へと事業をシフトしたペットショップの想いとは?

「覚悟のある人にしか譲らない」ペットを売ることから譲渡することへと事業をシフトした異色のペットショップの想いとは?

いぶかしげに飼い主さんのダイエットマシンを見つめる猫!数日後の様子に笑い不可避(笑)

いつも好奇心いっぱいの猫さんは、見慣れない物体を発見すればすぐにチェック体制に入ります。 飼い主さん …

保護された子猫はずっと虫しか食べてきていなかった→初めて食べたご飯の味に大喜び!

皆さんは、もし外出先でお腹をすかせたひとりぼっちの子猫と出会ったらどうしますか? 「やせ細ってかわい …

野良猫の世話を17年続けた元海兵の男性に市が強制退去を命じた!ピンチに陥った男性の運命は…?

これは、アメリカのニュージャージー州で暮らしているビル・リチャードさん(87歳)と猫の写真です。 リ …

ストーブの暖かさが待ち遠しい動物たち9選!でもそれは来月からなんだ・・・

ストーブが好き だんだん寒くなってきましたね。 この季節になると人間だけではなく、動物たちもストーブ …

PREV : 「ポケモンGO」へのウマい注意喚起4選で、あなたもポケモンとリアル世界を2倍楽しめる!
悲しい最期を迎えようとしていた20歳の老猫…その直前で新たな幸せを掴んで救われた! : NEXT