Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・


身勝手な飼い主による持ち込み…殺処分の現状

日本では毎年およそ十万匹もの犬猫が、行政機関で私たちの税金で殺処分されています。

日本ほどの数ではないにせよ、南アフリカにも殺処分は存在し、ある動物管理局に一匹のオスのコーギーのミックス犬が飼い主よって持ち込まれました。

心ない飼い主が言うには

「こいつは汚いし病気で気持ち悪いから引き取ってくれ」とのこと。

なんとも身勝手な都合で、犬を残し帰ってしまったのです。

kiseki1

南アフリカ管理局の職員は年老いたその「ニックナック」という名の犬を見て、深い怒りと悲しみに包まれました。

足は骨折し、痩せこけていて栄養失調、顔は皮膚病かやけどなのか、赤くただれていたのです…。

明らかに虐待されており、犬は絶望したかのようにぐったりと動かなかったのです。

それは駆け付けた獣医でさえも、安楽死させたほうがまだ幸せかと思うほど…。

奇跡の里親候補の登場…!

kiseki2

安楽死を待っていた矢先、NPO保護団体・動物レスキュー『Sidewalk Specials』が、ニックナックの引き取りを申し出ました。

そして里親を募集すると、南アフリカ・ケープタウン在住の女性、カミラさんから、里親の申し出がありました!

彼女は弱り切ったニックナックと、治療期間も共にすることになります。

カミラさんの愛情に応えるかのような、ニックナックの変化をご覧ください!



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

この猫はいつも悲しそうな瞳をしていた→そんな猫が幸せな暮らしを手に入れた結果…!

動物達の顔にもそれぞれの特徴があります。 また彼らはとても表情豊かで、すねたり怒ったりもします。 一 …

自然災害の写真を収めようとしていた→その数分後、まさかの救世主出現に驚かされる!

嵐に見舞われた南米の小さな町で起きた奇跡の救出劇。 そこに登場するのは私たち人間ではありません。 嵐 …

ご主人に怒られて空気を読むワンコ→ハウスに自ら入って反省!許してもらえると…?

ご主人様が怒っていると気付き、空気を読んで自らハウスに入る2匹の賢いラブラドールがいます。 1匹目は …

どん底だった時期に支えてくれた子犬が連れ去られた!→無事再会を果たし、喜ぶワンちゃんの姿に心揺さぶられる・・・

どん底の人生に1つの希望 アメリカのウィスコンシン州の出来事です。 ホセさんは人生のどん底にいました …

アカデミー賞級!?嫌いな人に抱っこされた時のワンちゃんの死んだふり演技がリアルすぎる・・・

山道でクマにばったりあったら「死んだふり」すると良い。 よく聞く言葉ですよね。 実際、大きすぎる恐怖 …

PREV : 「ポケモンGO」へのウマい注意喚起4選で、あなたもポケモンとリアル世界を2倍楽しめる!
日本で購入されたハーレーをカナダで発見→なぜかオーナーは受け取りを拒否!そこには2011年の津波から芽生えた深い思いが… : NEXT