Lenon


Lenonをフォローしよう!


瀕死状態で皮膚がボロボロになった野良犬。2ヶ月の治療後に奇跡の大変身!


※治療前の姿の写真や動画は皮膚がボロボロで大変痛々しい姿をしています。苦手な方はご注意下さい。

痛々しい姿の野良犬

norahihu1

ある日、インドの路上で一匹の犬が保護されました。

その野良犬はとても痛々しい姿をしていました。

そして生きているのが不思議なほど衰弱していたといいます。

norahihu2

保護された野良犬は「animal aid anrimideddo」という動物保護施設へ連れて行かれ、処置が施されました。

野良犬の身体は重度の感染症によって皮膚が剥き出しになった状態でした。

一瞬見ただけでは、そのような犬種かと見間違うほど元の毛の色もわからない痛々しい姿です。

そして飢えと脱水症状により動くこともままならない状態だったそうです。

もしも発見されるのがあと数日遅ければ死んでしまっていたかも知れません。

どれほどの時をひとりで過ごしていたのでしょう。

野良犬は人の手に触れる事をひどく怖がっていました。

norahihu3

前の飼い主に虐待を受けたのかも知れません。

野良犬だからと苛められたのかもしれません。

それでも保護施設の人々は諦めず、 「大丈夫だよ」と優しく接し続けました。

norahihu4

次第に犬は保護施設の人々を信頼し始めます。

彼らの愛情が少しづつ伝わっていったのでしょう。

期待に応えるかのように餌を沢山食べ始めました。

餌をもりもり食べて治療が施された犬は、保護施設の人々の愛を受けて日に日に元気を取り戻していきました。

そして二ヶ月後。 こんな姿に大変身をとげるのです。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

鼻先のねじれた犬にシェルターで待ち受けていた悲しい再会と奇跡的な出会い…!

「バックヤードブリーダー」という、 専門的な知識を持たずに小遣い稼ぎのように犬を繁殖させる人たちがい …

一緒に暮らす彼らの様子とは?思わず笑ってしまう犬と猫の仁義なき戦い10選!

犬は忠実なので信頼でき、猫は気ままで自由です。 動物好きな方はどちらも家族にしたいものでしょう。 し …

野生動物の保護区でテントを張っていたらゾッとするようなモーニングコールで起こされた…!

自然界において、地面で眠りにつくのは命がけです。 サルなど木に登れる動物は木の上で睡眠をとり、 地面 …

室内で飼っている猫が万が一脱走してしまったら!専門家も推奨する探し方、防止策がすごすぎる・・・

猫の飼い方は時代と共に変わっています。 昔は家の中と外を行き来する猫が多かったのですが、最近は室内飼 …

育児放棄で捨てられてしまった子犬→救ったのは猫だった!我が子同然のように育てる姿に心打たれる・・・

捨てられてしまった子犬!その行く末は… 母犬に生まれてすぐに育児放棄され、捨てられてしまった子犬。 …

PREV : 解体中の建物で起きた、箱に重石をして捨てられていた子猫を救った心優しいヒーロー!
アウトドア旅行前日という時に捨て猫2匹を保護→だったら一緒に連れて行っちゃおう! : NEXT