Lenon


Lenonをフォローしよう!


線路で動けなくなっている犬を発見!電車が来る前に助けなければ犬の命が・・・


運命の出会い

オレゴン州で暮らしているジャレット・トウェデルさんは、

日曜日の早朝に車で地元のリサイクルセンターへ向かっていました。

その途中で異変に気が付きます。

「リサイクルセンターの出入り口近くの線路をふと見た時、何かが動いているのが見えたんだ。最初は寝っ転がっている鹿かと思ったよ。」

線路から出てくれるようにと車から口笛を吹いてみたところ、2つの耳が反応したそうです。

そこでジャレットさんがその動物をよく観察したところ、鹿ではなく犬だったということに気付きます。

しかも犬はロープで線路につながれており、

口笛につられて犬が動こうとしてもその場から離れることができません。

この線路は少なくとも1日3回は列車が通過することを知っていたジャレットさんは、

パニック状態に陥りました。

犬の運命は気になる方は、次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

家に帰った兵士を出迎える耳もほとんど聴こえない老犬!もう一度あえた瞬間に涙が止まらない・・・

ワンちゃんを飼ったことがある人なら経験があると思いますが、 1日でも家をあけると帰ってきたときの喜び …

思わず許してしまう(笑)悪気なんて一切ないけど飼い主を困らす猫たち8選!

見ていて飽きない愛猫の行動ですが、困ってしまう行動も多いのでは? モップでキレイにしたばかりの廊下に …

道端で死にそうな状態だった子猫が男性に救われ、3ヶ月で奇跡の回復を遂げる…!

普段私たちが意識していないだけで、世の中には多くの恵まれない動物たちがいます。 親と離れ離れになって …

誰からも救助もされることなくゲートに挟まったままもがき苦しんでいた犬を助けた時の犬の反応に涙が溢れる…!

犬は時々、とんでもないことをしでかします。 キャンキャン鳴いているのでそばに行ってみれば、 係留して …

老犬が若々しい感じに大変身!動物の保護施設を渡り歩く男性の試みとは?

マークさんの仕事 ニューヨークに住むマークさんは市内の動物保護施設を渡り歩き、 無償でワンちゃんのト …

PREV : 旦那と一緒に「結婚するから辞める」と宣言!社長は「新人鍛えるから勝手に辞めろ」と言っていたが・・・
「これにご先祖様が乗るのか…?」斬新すぎる精霊馬に絶賛の声続々! : NEXT