Lenon


Lenonをフォローしよう!


線路で動けなくなっている犬を発見!電車が来る前に助けなければ犬の命が・・・


運命の出会い

オレゴン州で暮らしているジャレット・トウェデルさんは、

日曜日の早朝に車で地元のリサイクルセンターへ向かっていました。

その途中で異変に気が付きます。

「リサイクルセンターの出入り口近くの線路をふと見た時、何かが動いているのが見えたんだ。最初は寝っ転がっている鹿かと思ったよ。」

線路から出てくれるようにと車から口笛を吹いてみたところ、2つの耳が反応したそうです。

そこでジャレットさんがその動物をよく観察したところ、鹿ではなく犬だったということに気付きます。

しかも犬はロープで線路につながれており、

口笛につられて犬が動こうとしてもその場から離れることができません。

この線路は少なくとも1日3回は列車が通過することを知っていたジャレットさんは、

パニック状態に陥りました。

犬の運命は気になる方は、次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

竜巻の被害状況を中継していたレポーターが目にした光景に笑いが止まらず、中継が途切れ・・・

竜巻による被害は家の屋根が飛んで行ってしまったり、車が飛ばされたりと壮絶なものです。 そんな竜巻は突 …

虐待を受けて生活のほとんどを窮屈なキャリーの中で過ごしてきた猫は愛情を求めて・・・

虐待を受け、生活のほとんどを窮屈なキャリーの中で過ごしてきた猫!愛情を求めていた猫の運命は?詳細はこちら・・・

農場ショーで疲れ果て、会場で自分の牛の隣で眠る少年の姿に多くの人々が心打たれる…!

乳牛展覧会 アメリカのアイオワ州に住んでいるミッチェル・マイナー君は、 自慢の愛牛であるオードリと一 …

虐待を受け、衰弱しきっていた2匹の犬が犬好きの家族と出会って幸せを手にするまで!

リタとデクスター ジョージア州の保健所に、ある日リタとデクスターという2匹の犬が保護されました。 彼 …

ハエにたかられていてもう終わった命だと思われていた野良犬→動物保護団体の活躍が奇跡を呼び起こす…!

皆さんは動物は好きですか? 動物にも様々な種類の動物がいますが、その中でも犬は私達にとってとても身近 …

PREV : 旦那と一緒に「結婚するから辞める」と宣言!社長は「新人鍛えるから勝手に辞めろ」と言っていたが・・・
「これにご先祖様が乗るのか…?」斬新すぎる精霊馬に絶賛の声続々! : NEXT