Lenon


Lenonをフォローしよう!


線路で動けなくなっている犬を発見!電車が来る前に助けなければ犬の命が・・・


運命の出会い

オレゴン州で暮らしているジャレット・トウェデルさんは、

日曜日の早朝に車で地元のリサイクルセンターへ向かっていました。

その途中で異変に気が付きます。

「リサイクルセンターの出入り口近くの線路をふと見た時、何かが動いているのが見えたんだ。最初は寝っ転がっている鹿かと思ったよ。」

線路から出てくれるようにと車から口笛を吹いてみたところ、2つの耳が反応したそうです。

そこでジャレットさんがその動物をよく観察したところ、鹿ではなく犬だったということに気付きます。

しかも犬はロープで線路につながれており、

口笛につられて犬が動こうとしてもその場から離れることができません。

この線路は少なくとも1日3回は列車が通過することを知っていたジャレットさんは、

パニック状態に陥りました。

犬の運命は気になる方は、次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

この犬は悪魔と呼ばれていた→しかし1人の男性によってその犬は天使へと変わっていった…!

突然ですが、皆さんは犬は好きですか? 同じ動物好きでも犬派や猫派など様々な趣向の人達がいます。 筆者 …

猫がケンカしている様子を収めた動画を見て、驚きのあまり目がまん丸になってしまった子猫!

最近は動画が多くネットに載っていて、見ようと思えば色々な動画を見ることができます。 中でも動物の動画 …

テレビの生放送中に予定にないゲストが登場!これに対し、アナウンサーの対応は・・・?

それはトルコのテレビ番組、『グットモーニング・デニズリ』の生放送中のことでした。 ちょっと変わった訪 …

重くて長すぎる毛がドレッドヘア状態になっていたプードルを保護した結果・・・

重く長すぎる毛がドレッド状態になり、動くことすらままならない状態だったプードル!総重量2キロに及ぶ毛を刈り終えると・・・

ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!

今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、 歩くことができなくな …

PREV : 行方不明の歳児を救った尾畠春夫さんが罰を受けてでもしたかった事に心揺さぶられる…!
「これにご先祖様が乗るのか…?」斬新すぎる精霊馬に絶賛の声続々! : NEXT