厳しい暑さの歩道で数センチたりとも動かず、生きることを諦めた子猫の運命は? | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


厳しい暑さの歩道で数センチたりとも動かず、生きることを諦めた子猫の運命は?


動かない子猫

郵便配達員の女性は子猫がただの迷い猫で、

すでにどこかの動物保護団体が助けてくれていると信じていました。

しかし、翌日も子猫は同じ場所でうずくまったままでした。

しかも数センチたりとも動いていなかったのです。

この時初めて、彼女は子猫が深刻な状態なのだと気が付きます。

生きることを完全にあきらめてしまったような子猫は無気力で、

死が訪れるのをじっと待っているように見えました。

配達員の女性は地元の動物救助団体、『Coastal Bend Cats』に直接連絡をしました。

するとその連絡を受けたナディアさんが、夫のマイクさんをすぐに現場に向かわせます。

駆け付けたマイクさんが子猫を持ち上げると、抵抗する力も無い状態でした。

子猫はマイクさんの家に一時保護され、家に到着する間ずっと動かなかったそうです。

子猫のトール

子猫を獣医師に診察してもらうと熱中症で脱水症状を起こして衰弱し、

ノミが寄生して皮膚病にかかっていたとが判明。

また足の傷から感染症を起こし、歩けない状態だったのです。

子猫は「トール」と名付けられ、マイクさんとナディアさんが懸命に看病しました。

生後6週間のトールは、本来の体重よりはるかに軽い状態でした。

感染症治療で抗生物質を投与、低体温になった体を電気カーペットで温め続けます。

2人の努力により希望の光が見えて来たトールは、

2人に甘えるなどとても可愛い姿を見せるようになりました。

あと1ヶ月はマイクさんの家で療養し、完全に回復した状態で里親さんを探すそうです。

死の淵にいたトールですが、生きることを諦めなくて本当に良かったですね。

今度は新しい家族のもとで、幸せに暮らしてくれることを心から祈ります。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

泥すら食べながら必死に生きようとしていた子猫が奇跡的に回復し・・・

悲しそうな顔をした両耳のない子猫を保護し、回復することを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・

心ない人間によって虐待を受けた子猫が1人の女性に愛を求めて近寄った結果・・・

トレーラーハウスの下で動けなくなっていた子猫を救出するまでの一部始終がこちら…!

猛暑の中、壁の内側で鳴いていた生後数日の子猫→救助されたのち、素敵なママと出会う!

出典:The Dodo



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ゴリラにミルクを与えて育てた男性が5年の歳月を経て再会→その瞬間緊張が解け、時間が巻き戻った…!

ゴリラと男性 アスピナル財団はおよそ10年前より、イギリスのハウレット野生動物公園と西アフリカの保護 …

文鳥の羽の付け根にイヤホンを垂らしたら癒ししかない映像が完成した・・・

文鳥の羽の付け根にイヤホンを垂らしてみた!するとその結果、癒ししかない映像が完成したようです(笑)詳細はこちら・・・

お腹丸出しで寝ていた猫を飼い主さんが「ベッドで寝んねしましょうね」と運んであげると…(笑)

猫ちゃんやワンちゃんは、ソファーやお気に入りのクッション、 飼い主さんの膝の上など色々なところでくつ …

気温0度の中、凍った鉄パイプに足が貼り付いて飛べなくなったスズメを救ったおじいさん!その光景に心温まる・・・

2017年1月1日、年が明けた朝のことです。 アメリカのアイダホ州に住んでいるネルソン・ウィルソンさ …

蝶のほっこりするような事実!これはどんな本にも載っていないし学会でも発表されていないでしょう・・・

動物に人の心は通じるのでしょうか。 犬や猫は同じ哺乳類ですし、一番心が通じるように思われます。 だか …

PREV : 女性に酷いイタズラを仕出かした4人のティーンエイジャーが受けた制裁とは?
バック・トゥ・ザ・フューチャーの33年後に撮影された写真にファン大興奮! : NEXT