Lenon


Lenonをフォローしよう!


瀕死の状態で安楽死させられそうだった母猫が我が子と再会するまでの軌跡に胸が熱くなる…!


瀕死の母猫

ある日、病院に1匹の猫が連れてこられました。

猫の名前は「チチ」と言って、子供を産んだばかりの母猫です。

しかし出産してから1週間後、体に異常が出て危篤状態に陥ります。

血栓にかかって身体が麻痺していたのです。

瀕死の状態になって「もう助からない」と思った飼い主さんは、

チチを安楽死させてあげようと病院に連れてきました。

しかし獣医さんは諦めず、チチを治療することを選びます。

チチのことを待っている子猫たちのもとへ帰してやれるように、獣医さんは懸命に治療し続けたのです。

その間、子猫たちは一時的に里親さんのもとで養育されていました。

温めたり、数時間おきにミルクをあげたりなど十分な世話を受けた子猫たちは、順調に育っていきます。

母猫とその子供が再会するまでの軌跡は、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

3匹寄れば…文殊の知恵じゃなくて悪巧み!?良からぬことを考えてそうなトリオ猫・・・

「3人よれば文殊の知恵」、「三銃士」、「水戸黄門」などなど、 3人に関わることわざやお話はよくありま …

初めて行く病院での注射にビビってしまい、今にも叫びそうになるハスキー犬(笑)

注射が好きだという方は少ないと思います。 大人でも注射をする時には、その針先を見ていられなくて固く目 …

「ねぇねぇ、僕にも見せてよ!」カメラマンが何を撮っているのか気になる15匹の野生動物たち

怖い距離感 野生の動物を写真に収めるためにファインダーを見つめるカメラマン。 そんなカメラマンに近づ …

この世のたった1人の家族と再会するためにホームレス男性がとった行動に感動…!

この世でたった1人だけいる自分の家族と再会するためにホームレス男性がとった行動に胸が熱くなる…!詳細はこちら・・・

「不気味」だと忌み嫌われ、引き取り手と巡り会えずにいた猫!本当の美しさを知る人と出会った結果・・・

生まれつき小脳性発育不全で歩こうとすると体がぐらぐらと揺れ、 上手く歩けないハーマンという猫がいます …

PREV : クレーマーは入店拒否!ある飲食店の強気な貼り紙に称賛の声続々・・・
女性に酷いイタズラを仕出かした4人のティーンエイジャーが受けた制裁とは? : NEXT