泥すら食べながら必死に生きようとしていた子猫が奇跡的に回復し・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


泥すら食べながら必死に生きようとしていた子猫が奇跡的に回復し・・・


泥の中の赤ちゃん

泥にまみれた赤ちゃん猫は空腹のために入れたのか、口の中が泥と石まみれだったのです。

アナリーゼさんたちは、のどに詰まった異物を必死に取り除いてあげました。

この子を救出したものの、どの施設も閉まっている時間でした。

アナリーゼさんたちは命をつなぎとめるため、一晩中子猫の看護をしたのです。

看護の甲斐あって翌日には獣医師に診せることができましたが、

この子が生き延びる可能性は低いと宣言されます。

悲しみのあまり涙を流したアナリーゼさんでしたが、

命をつなぎとめた子猫をあきらめることなどできませんでした。

アナリーゼさんは子猫の看病に専念するため、この夏にやっていた仕事を辞めました。

子猫には「ジェンマ」と名前を付け、愛情をこめてお世話をする決心をしたのです。

ジェンマのその後は、次のページにてご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

年齢を重ねていくごとに体長が縮んでいくと言う不思議なカエルの正体とは!?

あなたは年齢を重ねていくごとに、体が大きくならずに縮んでいくと言うカエルをご存知ですか!?その正体をご覧ください・・・

結束バンドで口を縛られた状態で捨てられていたワンちゃんが笑顔を取り戻すまでの軌跡に涙…!

結束バンドのようなもので口を縛られた状態で捨てられていたワンちゃん!ある家族に救われ、笑顔を取り戻すまでの軌跡はこちら・・・

目の色が左右で異なる少年が全く同じ特徴の猫と出会った結果・・・

目の色が左右で異なる虹彩異色症(こうさいいしょくしょう)の少年が、自分と全く同じ特徴を持つ猫と出会った結果・・・

病気になった途端家族に見放された犬がシェルターに来て200日が経過!病が進行する中でも幸せを願った犬の運命は…?

この犬の名前は「パドレ」。 かつて、人間の家族のもとで飼われていた飼い犬です。 しかし、その体は病魔 …

パソコンで撮影した鳥の群れの写真を確認したところ、いつの間にか奇跡の1枚になっていた…!

自分で撮影した鳥の群れの写真をパソコンで確認!するとその結果、いつの間にか奇跡の1枚を撮っていたことが判明・・・

PREV : 「イジメを正当化しているだけ」ある芸人が電車内で聞いた学生の会話に対する痛快な一言がこちら!
クレーマーは入店拒否!ある飲食店の強気な貼り紙に称賛の声続々・・・ : NEXT