Lenon


Lenonをフォローしよう!


高額な手術が必要となったジャイアントうさぎに対する、飼い主が下した苦渋の決断とは!?


苦渋の決断

カルフォルニア州にあるシェルターに、1匹のジャイアントうさぎが運び込まれました。

その身体はかなり大きく、シェルターのスタッフは度肝を抜かれたそうです。

なんとそのうさぎは、体重が約9キロもあるジャイアントうさぎでした。

このうさぎは「フレミッシュ・ジャイアントうさぎ」という種で、年齢は5歳になります。

これまでも身体の大きいうさぎと接したことはありますが、

ここまで大きいうさぎを見るのはスタッフも初めてのことでした。

このうさぎは獣医に手術が必要といわれるケガを負っているのですが、

飼い主さんは治療費を負担できなくなってしまいます。

そのため、飼い主さんは苦渋の決断としてシェルターに愛するうさぎを預けたそうです。

このうさぎのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

人間臭いポーズで世界中から愛された猫!銅像になって、なおも人々を笑顔にし続ける・・・

今回ご紹介するのはある1匹の猫のお話です。 その猫はとってものんびりしており、おおらかで、 まるで人 …

南極でゴロゴロしていたら子ペンギンが近づいてきた→好奇心旺盛な様がかわいい!

地球上で一番過酷な大地と言われている南極。 人間はここで生きて行くことができません。 いるのは研究目 …

警察官が廃屋の中からの叫び声を聞き取った→その叫び声の主の正体に目を覆いたくなった…!

警察ドラマでは、警察官は事件の解決のため捜査して犯人を逮捕しますよね。 警察の仕事といえば、事件の解 …

ケガの影響で線路から動けない友を思いやり、2日間そばから離れなかった犬!美しい友情に胸が熱くなる・・・

今回ご紹介するのは、ケガで線路の上から動けなくなった犬の傍からずっと離れることなく、 2日間にわたり …

保護された夜に初めて抱っこされた結果、ハグ癖がついてしまった子猫(笑)

保護された夜に、生まれて初めて抱っこしてもらった子猫!するとそれ以来、すっかりハグ癖がついてしまったようです…(笑)

PREV : ペルセウス座流星群をとらえた3枚の写真には、言葉を失うほど幻想的な光景が広がっていた…!
借りてた土地に無断駐車する保育園の車があった!そこで私は門を閉めてみた・・・ : NEXT