Lenon


Lenonをフォローしよう!


高額な手術が必要となったジャイアントうさぎに対する、飼い主が下した苦渋の決断とは!?


苦渋の決断

カルフォルニア州にあるシェルターに、1匹のジャイアントうさぎが運び込まれました。

その身体はかなり大きく、シェルターのスタッフは度肝を抜かれたそうです。

なんとそのうさぎは、体重が約9キロもあるジャイアントうさぎでした。

このうさぎは「フレミッシュ・ジャイアントうさぎ」という種で、年齢は5歳になります。

これまでも身体の大きいうさぎと接したことはありますが、

ここまで大きいうさぎを見るのはスタッフも初めてのことでした。

このうさぎは獣医に手術が必要といわれるケガを負っているのですが、

飼い主さんは治療費を負担できなくなってしまいます。

そのため、飼い主さんは苦渋の決断としてシェルターに愛するうさぎを預けたそうです。

このうさぎのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

道端で死にそうだった白猫が、保護されて元気になるとビックリするほど美しくなりました!

白猫は幸運を呼ぶと言われています。 神秘的な目である「オッドアイ」は白猫の25%に見られるとか。 真 …

13年にも及ぶ地獄!鶏小屋で生活させられた犬が望む幸せとは?

ジャグ アメリカのメリーランド州で、鶏小屋に押し込められていた犬が一度に保護されました。 約300匹 …

新しい家族との初対面!ちょっとずつ近づこうとする猫の初々しい様子にほっこり・・・

新しい家族が増えることは嬉しい反面、お互いに緊張してしまってどこかぎこちないものです。 心が和むと評 …

愛猫のお気に入りのオモチャを掃除機で吸ってしまった→その瞬間を目の当たりにした愛猫のゾッとする表情がこちら…(笑)

猫ちゃんの中には、お気に入りのオモチャでボロボロになっても遊び続ける子が多くいます。 猫を飼っている …

子猫と一緒に救出された母猫は、我が子から決して離れようとしなかった・・・

子猫と一緒に救出された母猫は、我が子から決して離れようとしなかった…!母としての強い愛情を感じるエピソードはこちら・・・

PREV : ペルセウス座流星群をとらえた3枚の写真には、言葉を失うほど幻想的な光景が広がっていた…!
借りてた土地に無断駐車する保育園の車があった!そこで私は門を閉めてみた・・・ : NEXT