Lenon


Lenonをフォローしよう!


高額な手術が必要となったジャイアントうさぎに対する、飼い主が下した苦渋の決断とは!?


苦渋の決断

カルフォルニア州にあるシェルターに、1匹のジャイアントうさぎが運び込まれました。

その身体はかなり大きく、シェルターのスタッフは度肝を抜かれたそうです。

なんとそのうさぎは、体重が約9キロもあるジャイアントうさぎでした。

このうさぎは「フレミッシュ・ジャイアントうさぎ」という種で、年齢は5歳になります。

これまでも身体の大きいうさぎと接したことはありますが、

ここまで大きいうさぎを見るのはスタッフも初めてのことでした。

このうさぎは獣医に手術が必要といわれるケガを負っているのですが、

飼い主さんは治療費を負担できなくなってしまいます。

そのため、飼い主さんは苦渋の決断としてシェルターに愛するうさぎを預けたそうです。

このうさぎのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

人間にほとんど懐かない白鳥を手厚く看病したら親愛のハグをしてくれた!常識を超えた絆に感動・・・

ある男性が、ひょんなことから白鳥を助けました。 白鳥は鳥の中ではかなり大きく、花のある鳥として人気が …

猫好きなら多くの人が知っているこの保護された猫はとてもレアな種類でした…!

「招き猫」の置物があるように、猫が運を招くというジンクスがあります。 それが捨て猫を偶然に保護し、そ …

4度のお風呂にたっぷりの愛情→手厚い保護のお陰で、全身がひどく汚れた状態で発見された子猫はこんなに美しくなりました…!

路地裏やしげみに子猫が捨てられているといった痛ましいお話、よく聞きますよね。 保護する団体や施設が充 …

強盗に銃口を突きつけられる中、クローゼットの前からシェパード犬が動かなかった理由に涙…!

強盗はクローゼットの前から決して動こうとしない犬に銃口を突きつけた!ワンちゃんの勇敢な行動に涙が止まらない・・・

吠え続ける野良犬に導かれた先で目にした光景に優しさがにじみ出ていた・・・

ペットとして飼育する動物のなかでも、人間と最も相性が良いとされているのが犬です。 人間と犬は何万年も …

PREV : ペルセウス座流星群をとらえた3枚の写真には、言葉を失うほど幻想的な光景が広がっていた…!
借りてた土地に無断駐車する保育園の車があった!そこで私は門を閉めてみた・・・ : NEXT