Lenon


Lenonをフォローしよう!


全身皮膚病にかかり、安楽死寸前だったハスキー犬のミックスが美しい姿を取り戻すまで・・・


安楽死寸前のスカイ

テキサス州パーム・バレーの道端で発見されたのは、

のちに「スカイ」と名付けられるハスキー犬のミックスでまだ1歳でした。

動物管理局員がスカイを保護した時、

彼女は全身皮膚炎にかかって大半の体毛がなくなっているという酷い状態でした。

さらに身体はやつれており、ダニによる疾患も抱えていたのです。

職員に保護されたスカイは地元の動物シェルターに預けられましたが、

残念なことに彼女は安楽死リストに加えられてしまいます。

そのシェルターは動物の殺処分数が、国内でもトップクラスで多いところでした。

治療を必要としている犬はスペースなどの都合上、

面倒をみることができないので安楽死せざる得ないそうです。

スカイがこの後どうなってしまうのか、気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

家族の一員として赤ちゃんの誕生を待ちわびる猫から溢れる家族愛にほっこり・・・

セムソン 猫のセムソンは発見された時、生まれて2週間ほどしか経っていませんでした。 満足に歩くことも …

建設現場に巨大な化け物!あまりのデカさに誰もが死ぬほどショックを受けました・・・

1億7,000前の地球には、約600種もの恐竜が生息していました。 そのような光景は映画『ジェラシッ …

飼い主の結婚式に参列した犬は、式が終わった途端に歩かなくなった→事情を知った時、招待客全員の涙が止まらなかった…!

アメリカのコロラド州で獣医を務めているケリー・オコーネルさんは、 人生で最も幸せな一日とも言える自身 …

瓦礫に埋もれた人々を次々と救出した災害救助犬の勇敢な姿に称賛の声続々!

人間に寄り添い体を張って働いてくれる犬たち。 「盲導犬」「介助犬」「牧羊犬」など、彼らは様々な分野で …

ひとりぼっちだった子猫を育てた犬!2年経っても変わらない絆の深さにほっこり・・・

ひとりぼっちだった子猫は保護された後、犬に育てられるように!2年経っても変わらない絆の深さにほっこり癒される・・・

PREV : 「そこの車、止まりなさい」1歳の運転手が警察官に違反切符を切られた理由とは?
ペルセウス座流星群をとらえた3枚の写真には、言葉を失うほど幻想的な光景が広がっていた…! : NEXT