Lenon


Lenonをフォローしよう!


全身皮膚病にかかり、安楽死寸前だったハスキー犬のミックスが美しい姿を取り戻すまで・・・


安楽死寸前のスカイ

テキサス州パーム・バレーの道端で発見されたのは、

のちに「スカイ」と名付けられるハスキー犬のミックスでまだ1歳でした。

動物管理局員がスカイを保護した時、

彼女は全身皮膚炎にかかって大半の体毛がなくなっているという酷い状態でした。

さらに身体はやつれており、ダニによる疾患も抱えていたのです。

職員に保護されたスカイは地元の動物シェルターに預けられましたが、

残念なことに彼女は安楽死リストに加えられてしまいます。

そのシェルターは動物の殺処分数が、国内でもトップクラスで多いところでした。

治療を必要としている犬はスペースなどの都合上、

面倒をみることができないので安楽死せざる得ないそうです。

スカイがこの後どうなってしまうのか、気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ピットブルが猫に襲われた!顔をズタズタにされたのにも関わらず、決して反撃しなかった理由とは?

ピットブルが猫に襲われたのはカナダのビクトリア。 飼い主と7匹のピットブルがお散歩をしていた時に起こ …

エンジンルームを見て、もし猫バンバンをやらなかったらと思うとゾッとした・・・

秋口から冬にかけて気温が下がってくる時期には、 ネット上で「猫バンバン」という言葉が飛び交っています …

公園にて→この犬はとにかく家に帰りたくない!0:13から爆笑不可避(笑)

アメリカのジョージア州アトランタにある、とある公園で面白い動画が撮影されました。 この動画の主役はゴ …

飼い主の留守中にシーズー犬が大ピンチ!近所の住民の迅速な行動の末に・・・

飼い主が留守中にその家のワンちゃんが大ピンチに!近くに住んでいる人々が一致団結し、迅速な行動の末に…?詳細はこちら・・・

重くて長すぎる毛がドレッドヘア状態になっていたプードルを保護した結果・・・

重く長すぎる毛がドレッド状態になり、動くことすらままならない状態だったプードル!総重量2キロに及ぶ毛を刈り終えると・・・

PREV : 「そこの車、止まりなさい」1歳の運転手が警察官に違反切符を切られた理由とは?
ペルセウス座流星群をとらえた3枚の写真には、言葉を失うほど幻想的な光景が広がっていた…! : NEXT