近くに食べ物すらない木に繋がれて放置されていたジャーマンシェパード・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


近くに食べ物すらない木に繋がれて放置されていたジャーマンシェパード・・・


悲惨な状況

犬がいた場所は自転車や割れた容器など、たくさんのゴミが散乱していました。

犬小屋の代用らしきプラスチック製の箱は置いてあったものの、犬用の食べ物はまったくなかったそうです。

そんな状況の中で犬は木につながれたまま、ケリーさんの姿を見ながらたたずんでいました。

犬の前足は異様に細くなっており、犬がかなり長く食べ物を口にしていないことを物語っています。

さらに驚くことに、犬の足には赤色のワイヤーのような物が巻き付けられていたのです。

ワイヤーが犬の足に食い込んでおり、とても痛そうです。

こんな風に足が固定されている状態では、自力で動けないのも当然でしょう。

おそらく犬をこの場所に放置していった人間がやったのではないでしょうか。

犬のその後

ケリーさんが初めて姿を現した際、犬はかなり警戒していました。

ワイヤーで木に繋ぎ止められている状態なのですから、犬からしてみれば当然の反応と言えるでしょう。

しかしそれに構わずワイヤーをほどいて助けてくれたケリーさんに、

犬は少しずつ慣れていってくれたそうです。

ケリーさんはその後、獣医に犬を診てもらって食べ物や水もたくさん与えました。

そして犬はシェルターに移ったのですが、数週間くらいですぐに新しい飼い主さんが見つかったそうです。

つらい経験をしたにも関わらず、犬がとても人懐っこくて優しい性格をしていたおかげでしょう。

林の中でとても苦しい日々を過ごした犬ですが、

これからは飼い主さんと一緒に綺麗な環境のなかで幸せを感じながら暮らしていってほしいですね!

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

リードで繋がれていない犬が走り寄ってきた結果、悲惨な事態が巻き起こることに…!

浸水した家で鎖に繋がれたまま放置されていた犬!無事に救助したものの信じられない展開に・・・

ゴミ箱に繋がれた犬と共に添えられた置き手紙!そこには哀しい事情が綴られていた・・・

チェーンに繋がれた6年間、半径1メートル内でしか生きられなかったビーグル犬は初めて知った広い世界に好奇心が止められない!

廃墟の裏庭で縛られていた犬!近所に住む人の勇気ある行動で救われるも、悲しい事実が判明・・・

出典:The Dodo



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

浸水した家で鎖に繋がれたまま放置されていた犬!無事に救助したものの信じられない展開に・・・

2015年9月10日、茨城県の鬼怒川が決壊した災害を覚えているでしょうか。 たくさんの家々が濁流にの …

胸が痛む!15年に及ぶ虐待に我慢できなくなった象は調教師を踏み殺した→そして86発もの弾丸を浴び、その生涯を終える・・・

人間は、あらゆる物を犠牲にして利益を生み出してきています。 現在の私たちの生活の豊かさは数々の心痛む …

人間味に溢れたポーズを決める2匹のイグアナが面白かわいい!

ヘンリーさんは30年以上にわたり、 トカゲなどの爬虫類をペットとして飼育している爬虫類大好きな方です …

高価な胆汁のために熊は生きたままお腹に穴を開けられた!保護団体の懸命な看病の末に・・・

熊の胆汁 漢方薬として名高い「熊胆」。 その名の通り、熊の胆汁です。 日本では消化器官全般に効く貴重 …

ごめんなさい、その表情ツボです(笑)9匹の憂鬱なワンちゃん達をご覧ください・・・

なんか嫌です 本人は悲しいのですが、 見ているこちらは思わず「かわいい!」と言いたくなってしまうワン …

PREV : 祭り会場に設置されていた『合理的なゴミ捨て場』が「絶対ポイ捨て減る!」と大絶賛される・・・
仕事中に水分補給していたバス運転手への理不尽なクレームに対する一言にスカッ! : NEXT