Lenon


Lenonをフォローしよう!


耳が聞こえない愛猫とコミュニケーションを取るため、飼い主が手話を教え込んだ結果・・・


猫に手話

元聾唖学校の教師であるキム・シルバさんは、アメリカのコネチカット州で暮らしています。

学校を定年退職した彼女は、

耳の不自由な猫「バンビ」のために先住の猫たちに手話を教えようと思いつきました。

白い猫がバンビです。

キムさんはひと目でバンビを気に入ってしまいました。

しかし、バンビは耳が聞こえなかったのです。

そこで先住の「ボブキャット」「トマシーナ」に手話を指導することにしたのです。

先住猫がキムさんの手話に反応すれば、自然にバンビも真似をするはず。

さて、手話を猫に教える作戦は上手く行くのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

観光客が与えた1本のソーセージ→このエサやりが『クマを殺す』ことに・・・

北海道の知床がに認定されたこともあって、観光客は以前より大幅に増加しました。 そんな知床ではたくさん …

前足がないハンデなんてへっちゃら!元気に走り回る生まれつき前足がない猫に心揺さぶられる・・・

みなさんがイメージする猫の姿はどのようなものでしょう。 すらりとした足、しなやかな体を持っていて、身 …

皮膚の疾患が原因で飼育放棄された兄弟犬が預けられた施設で直面した運命とは…?

皮膚の疾患が原因で、元の飼い主に飼育放棄された兄弟犬!預けられた施設で、彼らを待ち受けていた運命とは?詳細はこちら・・・

人間を警戒していたけど本当はずっと寂しかった…たっぷり甘えてくれた野良犬の姿に涙が止まらない・・・

ペット大国のアメリカ。 幸せに暮らすペットがいる一方で多くの野良犬が殺処分されます。 そのような不幸 …

周りに人もいないしハシビロコウに話しかけてみたら愛が芽生えた!

ハシビロコウ ハシビロコウは「動かざる鳥」として、多くの人から高い評価を得ている動物です。 また、ネ …

PREV : 炎天下の中、車内に卵を放置した時のゾッとするような結果を多くの親に知って欲しい…!
祭り会場に設置されていた『合理的なゴミ捨て場』が「絶対ポイ捨て減る!」と大絶賛される・・・ : NEXT