Lenon


Lenonをフォローしよう!


耳が聞こえない愛猫とコミュニケーションを取るため、飼い主が手話を教え込んだ結果・・・


猫に手話

元聾唖学校の教師であるキム・シルバさんは、アメリカのコネチカット州で暮らしています。

学校を定年退職した彼女は、

耳の不自由な猫「バンビ」のために先住の猫たちに手話を教えようと思いつきました。

白い猫がバンビです。

キムさんはひと目でバンビを気に入ってしまいました。

しかし、バンビは耳が聞こえなかったのです。

そこで先住の「ボブキャット」「トマシーナ」に手話を指導することにしたのです。

先住猫がキムさんの手話に反応すれば、自然にバンビも真似をするはず。

さて、手話を猫に教える作戦は上手く行くのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

木に縛られた「オランウータン」という名の『商品』!その目には絶望しか映っていなかった・・・

オランウータンは現在、絶滅の危機にさらされている動物の一種です。 主な原因は熱帯林の違法な伐採や、農 …

駅前でボロボロの状態で発見された子猫の数ヶ月後の変身ぶりに胸が熱くなる・・・

私たちの身近で暮している猫は、野良猫になってしまった子はいても元々の野生種はいません。 捨てられた猫 …

棺の近くで横たわり、悲しそうに鳴く犬を男性が抱き上げた時、その場にいた誰もが涙した…!

ペットとの別れは、身を切られるほどつらいものがあります。 とりわけ死による別離は、ペットから預かった …

病気に侵されていたことから安楽死させられる一歩手前だった子犬が奇跡の復活を遂げる!

大型犬のマスティフの子犬であるウィローは、 スイマーパピー症候群という障害を持って生まれてきました。 …

仕事のお手伝いをしてくれる可愛い子猫!オフィスに舞い降りた小さな天使をご覧ください・・・

仕事に行く途中で、もし捨て猫を見かけたらどうしますか? 出勤時間に遅れてはいけない、あるいは猫を連れ …

PREV : 炎天下の中、車内に卵を放置した時のゾッとするような結果を多くの親に知って欲しい…!
祭り会場に設置されていた『合理的なゴミ捨て場』が「絶対ポイ捨て減る!」と大絶賛される・・・ : NEXT