Lenon


Lenonをフォローしよう!


耳が聞こえない愛猫とコミュニケーションを取るため、飼い主が手話を教え込んだ結果・・・


猫に手話

元聾唖学校の教師であるキム・シルバさんは、アメリカのコネチカット州で暮らしています。

学校を定年退職した彼女は、

耳の不自由な猫「バンビ」のために先住の猫たちに手話を教えようと思いつきました。

白い猫がバンビです。

キムさんはひと目でバンビを気に入ってしまいました。

しかし、バンビは耳が聞こえなかったのです。

そこで先住の「ボブキャット」「トマシーナ」に手話を指導することにしたのです。

先住猫がキムさんの手話に反応すれば、自然にバンビも真似をするはず。

さて、手話を猫に教える作戦は上手く行くのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

家に帰ったら愛猫たちがとんでもない状態になっていた!「あぁあああぁあごめんて」

「あぁあああぁあごめんて」あるTwitterユーザーが家に帰ってきたところ、飼っている猫たちがとんでもない状態になっていたようです…!

生まれつき、肘の関節を持たない猫→たくましく成長した現在が話題に…!

アメリカのバージニア州に暮らすマーニー・ルスさんはハンディキャップを抱える猫の保護を行ない、 これま …

おしゃぶりが大好きなワンちゃんは取られることを断固拒否する!(笑)

おしゃぶりをくわえたまま、飼い主さんに返すのを拒んでいるワンちゃんがいます。 どう見ても立派な大人の …

安楽死直前の大変身!「汚いから殺処分してくれ」心ない元飼い主が決して見ることはできなかったワンちゃんの奇跡の姿・・・

身勝手な飼い主による持ち込み…殺処分の現状 日本では毎年およそ十万匹もの犬猫が、行政機関で私たちの税 …

グリルチキンを与えられたやせ細った犬が食べずに咥えたまま向かった場所に胸が熱くなる…!

タイのバンコクでの出来事です。 グリルチキンを食べているとやせ細った犬がやってきました。 食べていた …

PREV : 炎天下の中、車内に卵を放置した時のゾッとするような結果を多くの親に知って欲しい…!
祭り会場に設置されていた『合理的なゴミ捨て場』が「絶対ポイ捨て減る!」と大絶賛される・・・ : NEXT