Lenon


Lenonをフォローしよう!


耳が聞こえない愛猫とコミュニケーションを取るため、飼い主が手話を教え込んだ結果・・・


猫に手話

元聾唖学校の教師であるキム・シルバさんは、アメリカのコネチカット州で暮らしています。

学校を定年退職した彼女は、

耳の不自由な猫「バンビ」のために先住の猫たちに手話を教えようと思いつきました。

白い猫がバンビです。

キムさんはひと目でバンビを気に入ってしまいました。

しかし、バンビは耳が聞こえなかったのです。

そこで先住の「ボブキャット」「トマシーナ」に手話を指導することにしたのです。

先住猫がキムさんの手話に反応すれば、自然にバンビも真似をするはず。

さて、手話を猫に教える作戦は上手く行くのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ずっと一緒だった愛犬の死→犬小屋の中で見つかった紙キレに涙した飼い主は、同じ過ちを他の人が起こさないように行動を起こす…!

めぐみさんには、『ソラ』という嬉しい時も悲しい時も常にそばにいた愛犬がいました。 めぐみさんが地元か …

飼い主にしか撮影できないであろう猫のあまりにも激しくヤバい顔をご覧ください・・・

外ではピリピリと緊張している犬や猫も、家の中ではだらんとしてしまいます。 自分も飼い主さんの『家族』 …

タイヤショップに現れた目が全く見えない猫が安心と幸せを手にするまでをご覧ください・・・

この猫の名前は「ダドリー」と言います。 この猫の目には障害があります。 向かって右側の目に黒い瞳が殆 …

寒さに耐えながらずっと助けられる時を待っていた4匹の子猫!小さな命を救ったのは・・・

4匹の子猫 吹雪の中で寒さに震えている4匹の子猫が道端に捨てられていました。 そんな彼らを見つけたの …

捕食されているのに生きている奇跡の魚が釣り上げられて話題に!

アメリカはニュージャージー州のラリタン湾で、 エディー・グラントさんは彼の父親、そして友人と一緒に釣 …

PREV : 炎天下の中、車内に卵を放置した時のゾッとするような結果を多くの親に知って欲しい…!
祭り会場に設置されていた『合理的なゴミ捨て場』が「絶対ポイ捨て減る!」と大絶賛される・・・ : NEXT