Lenon


Lenonをフォローしよう!


耳が聞こえない愛猫とコミュニケーションを取るため、飼い主が手話を教え込んだ結果・・・


猫に手話

元聾唖学校の教師であるキム・シルバさんは、アメリカのコネチカット州で暮らしています。

学校を定年退職した彼女は、

耳の不自由な猫「バンビ」のために先住の猫たちに手話を教えようと思いつきました。

白い猫がバンビです。

キムさんはひと目でバンビを気に入ってしまいました。

しかし、バンビは耳が聞こえなかったのです。

そこで先住の「ボブキャット」「トマシーナ」に手話を指導することにしたのです。

先住猫がキムさんの手話に反応すれば、自然にバンビも真似をするはず。

さて、手話を猫に教える作戦は上手く行くのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

脱走してしまう犬のために飼い主が作った柵を動画で自慢げに撮影していたら18秒後・・・

最近では、大型ショッピングセンターや公園内にドッグランがある施設が増えてきましたよね。 犬を飼ってい …

勤勉な猫さん!アザラシのかわいさを勉強し、早速マネしてみた結果・・・

こちらは、Twitterユーザーのまっぷーちん(@map_u_chin)さんが飼っている猫。 名前は …

寝起きなワンちゃんの飼い主と仲良さげな様子が可愛くて癒されること間違いなし!

飼い犬が一番可愛いと思う瞬間は、どんな時だと思いますか? 人によって、ワンちゃんによってそれは違うか …

生きることに絶望していた少女を立ち直らせたのは動物たちの力だった・・・

生きることに絶望した少女 これはスロベニアに住む19歳の少女のお話です。 「私は普通の子じゃなかった …

「ちょっとだけで良いから頂戴ワン!」ペットボトルの水に夢中なビーグル犬が笑える(笑)

「ちょっとだけで良いから頂戴ワン!」ペットボトルの水が欲しくて夢中になっているワンちゃんの必死な姿が笑える(笑)

PREV : 炎天下の中、車内に卵を放置した時のゾッとするような結果を多くの親に知って欲しい…!
祭り会場に設置されていた『合理的なゴミ捨て場』が「絶対ポイ捨て減る!」と大絶賛される・・・ : NEXT