Lenon


Lenonをフォローしよう!


毎朝猫から贈られてくるプレゼントに飼い主はタジタジ(笑)そこで猫が思いついた最高の代替品とは?


毎朝の贈り物

猫のバルーが飼い主さんであるベンさんに出会った時はまだ子猫でしたが、

その愛らしい姿でベンさんの心を掴んでからずっとふたりは友達なのです。

ベンさんはバルーについて、

「僕が落ち込んでる時は胸の上で喉をゴロゴロさせたり、鼻を摺り寄せて慰めてくれるいい子なんだ」

と話します。

ベンさんはある日、学生シェアハウスへ引っ越しました。

その日からバルーは小動物を生きたまま捕まえて、ベンさんの胸の上に毎朝贈り物をするようになります。

サイズ自体は小さいですが生きている状態で部屋の中に入れられては、

捕まえるのも一苦労だったのではないでしょうか?

この贈り物には、流石のベンさんもタジタジ。

そこでバルーが用意した生物に代わる最高の代替品を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ガソリンスタンドで出会った1匹の迷い犬→首輪を見てみると実はすごい有名犬だったことが判明!

ひと昔前は、野良犬や捨て犬が町を徘徊している光景が当たり前でしたが、 最近ではめっきり見かけなくなり …

「30キロ以上並走して道案内してくれた」アイルランドで1匹の黒犬が日本人を救ったエピソードに感動!

アイルランドで1匹の黒犬が日本人を救ったエピソードが感動的だと話題に!0キロ以上並走して道案内してくれた犬の詳細はこちら・・・

スピスピと悲しげに鳴いている愛犬の様子を見に行った→なぜワンちゃんにサイドカーが付いている!?

ワンちゃんにサイドカーが付いていた!?スピスピと悲しげに鳴いていた愛犬の様子を見に行った時に飼い主さんが目にした光景がこちら・・・

ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!

今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、 歩くことができなくな …

「汚い!触れない!」愛猫が元野良猫だと知った人のリアクションと理解してもらえない現実・・・

「汚い!触れない!」愛猫が元野良猫だと知った人のリアクションが悲しいと話題に!理解してもらえない現実がこちら・・・

PREV : レジで客が「愛想が悪い!」とゴネた時の後ろに並んでいた女性が言った一言に涙・・・
寄付発言に対する批判を一蹴した本田圭佑の返信が秀逸すぎると話題に! : NEXT