Lenon


Lenonをフォローしよう!


「ペット禁止」の規則を破った男性に対し、大家さんがとった対応とは…?


ナシの命を救うために

生後5ヶ月のとある犬がペットショップで購入され、飼い主さんのもとで育てられることになりました。

しかし、その飼い主さんは思った以上に手のかかる犬だと感じ、

飼うことを諦めてシェルターに入れようと考えます。

日本のシェルターにおける動物の殺処分率は非常に高く、

シェルターに入った犬が後で新しい飼い主さんに引き取られるケースは珍しいそうです。

この事情に詳しかったスタイリストのひろこさんは、

手放そうとする飼い主さんから犬を引き取ることで彼の命を守ろうと決意します。

ですが、夫のロバート・ハミルトンさんがこれに反対。

他の飼い主さんを探す間、犬に感情移入しないようにと忠告してきました。

そのため犬の名前も「ナシ(無し)」とつけましたが、その後には意外な展開がありました。

木になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

単身赴任していたお父さんが久々に帰宅した時のワンちゃんの反応がちょっぴり寂しい…(笑)

犬は生後1年でもう立派な大人です。 それを考えると、人の1年と犬の1年で時の長さは違うのかもしれませ …

2匹の捨て猫を里親に引き渡す→その子らの母親代わりとなったのはまさかの・・・

生まれて間もない2匹の小さな子猫が、ゴミ箱に捨てられているのをある男性が発見しました。 子猫たちの母 …

どんなに悲惨な状態でも人間に愛情を示し続けた猫に待っていた運命の出会いとは?

どんなに悲惨な状態であっても、決して人間への愛情を示すことを忘れないでいた猫に運命の出会いがやってきた!詳細はこちら・・・

脱走してしまう犬のために飼い主が作った柵を動画で自慢げに撮影していたら18秒後・・・

最近では、大型ショッピングセンターや公園内にドッグランがある施設が増えてきましたよね。 犬を飼ってい …

保健所へ出戻りしてしまった猫→新たな里親に引き取られたら、悲しげな表情がこんなに変わった!

出戻り この猫の名前は「エミール―」。 オッドアイが魅惑的な彼女は、野良猫でした。 生まれつき前足が …

PREV : 「若くも可愛くもないのに…」いきなり撮影して来た不審男性について警察に相談したらゾッとする事実が判明…!
レジで客が「愛想が悪い!」とゴネた時の後ろに並んでいた女性が言った一言に涙・・・ : NEXT