Lenon


Lenonをフォローしよう!


「ペット禁止」の規則を破った男性に対し、大家さんがとった対応とは…?


ナシの命を救うために

生後5ヶ月のとある犬がペットショップで購入され、飼い主さんのもとで育てられることになりました。

しかし、その飼い主さんは思った以上に手のかかる犬だと感じ、

飼うことを諦めてシェルターに入れようと考えます。

日本のシェルターにおける動物の殺処分率は非常に高く、

シェルターに入った犬が後で新しい飼い主さんに引き取られるケースは珍しいそうです。

この事情に詳しかったスタイリストのひろこさんは、

手放そうとする飼い主さんから犬を引き取ることで彼の命を守ろうと決意します。

ですが、夫のロバート・ハミルトンさんがこれに反対。

他の飼い主さんを探す間、犬に感情移入しないようにと忠告してきました。

そのため犬の名前も「ナシ(無し)」とつけましたが、その後には意外な展開がありました。

木になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

愛猫を心配した12歳の少女が獣医に宛てた「助けて、獣医さん!」というメッセージに感動の声続々!

ちょっと目を離した隙に思いもよらぬ行動をとってしまうという経験を、 犬や猫などのペットを飼っている人 …

「飼い猫を手放したら復縁してあげる」元カノにこう言われた男性が言い放った一言にスカッとする!

復縁の条件 画像共有サイト『Imgur』ユーザーのvoiceafxさんは、宗教上の違いから彼女と別れ …

一緒に暮らしていた犬が死んだことで取り残されたポメラニアンに犬のぬいぐるみをプレゼントしたら…!

取り残されたポメラニアン 小さい頃に人形やぬいぐるみと遊んだり、一緒に眠ったりした経験はありませんか …

猫にご飯をあげ忘れて車に乗らないでください!たとえ遅刻ギリギリな朝でもこんな目に遭います・・・

みなさんは、猫にご飯をあげ忘れたまま車に乗り込んでしまった経験はありますか? 海外の掲示板であるRe …

2年間孤独のままに人間を避け続けてきた犬が温もりを知り、瞳に輝きを宿すようになるまで

これはアメリカのロサンゼルスにあるサンペドロの港で、 2年前に見かけられるようになって以来ずっと人の …

PREV : 「若くも可愛くもないのに…」いきなり撮影して来た不審男性について警察に相談したらゾッとする事実が判明…!
レジで客が「愛想が悪い!」とゴネた時の後ろに並んでいた女性が言った一言に涙・・・ : NEXT