譲渡が難しい盲目の犬のため、預かりボランティアの夫婦がとった行動に胸が熱くなる…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


譲渡が難しい盲目の犬のため、預かりボランティアの夫婦がとった行動に胸が熱くなる…!


両眼破裂

バークリーは毛玉がもつれて、汚れているだけではありません。

彼の両目は眼球破裂という状態で、完全に失明していたのです。

口の中の状態も悪く、歯もボロボロでした。

早急に両目摘出の手術が行われ、バークリーの目は2度と開くことはなくなりました。

シニア犬であり、両目の眼球を摘出されたバークリー。

新しい飼い主を見つけるにはかなり厳しい条件にです。

それでもジャネットさんは、退院後にバークリーの写真をSNSに投稿してみました。

すると、保安官のアール・ハナーさんから預かりの申し出があったのです。

アールさん夫婦は、この1ヶ月前にも箱に入れられた状態で捨てられた子犬を引き取ったばかりでした。

その他にも7匹のパグを保護し、定期的に保護犬の預かりをしていたのです。

そんなアールさん夫婦が、「盲目の犬の飼育経験があるので、ぜひ預かりたい」と言ってくれたそうです。

動物愛に溢れた夫婦

預かり犬で溢れていたアールさんの家ですが、譲渡の条件が厳しいバークリーにある決断をします。

「この子は10歳で両目を失い、里親探しは難しいだろう。光は見えなくても私たちが明るい暮らしを送らせてあげたい。」

シャイな性格だったバークリーですがアールさんのお宅で暮らすようになると、

いつもシッポを振っている明るい性格になったそうです。

先住の犬達もバークリーを受け入れ、

特に生後4ヶ月の「ブリジット」は目が見えなくても走る彼のペースに合わせて行動してくれるそうです。

保護団体のジャネットさんは、アールさん夫婦について次のように語りました。

「感謝の言葉すら見つかりません。夫婦は思いやりがあり、動物愛に溢れているのです。」

年齢や障害も全て受け入れてくれたアールさん夫婦。

バークリーに本当の幸せが訪れたようですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

盲目となって公園に捨てられ、妊娠した形跡もあった犬が手にできた幸せとは!?

ある日突然目が見えず、耳も聞こえなくなった犬!それでも変わらぬ愛情に涙が溢れる・・・

愛する飼い主との突然の別れというつらい現実を乗り越え、新しい家族との出会いを待つ目が見えない犬!

「凶暴」で「障害を持っている」と言う2つのハンデを抱える犬を救った同じ苦しみに悩む姉妹!

悲惨なネグレクトの影響でボロボロだった犬を虐待を許さない人々の愛が救う・・・

出典:The Dodo/Facebook




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

犬舎の隅で世界の終わりのような表情でうなだれるシニア犬と過ごす時間が写真家に教えた事とは?

ロサンゼルス在住の写真家ジョン・ワンさんは、大の動物好きでした。 そのため彼は、犬や猫をはじめとした …

野良猫を大切に育てたらある日、何かを口に咥えて帰ってきた! 咥えていた驚きの物とは…?

飼い主さんが外を歩いていました。 突然1匹のオスの野良猫が、飼い主さんのところへ小走りにすっ飛んでき …

悲しそうな顔をした両耳のない子猫を保護し、回復することを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・

悲しそうな表情を浮かべた、両耳のない子猫を保護!将来回復して元気になってくれることを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・

犬が公園で名演技を繰り広げ始めた瞬間、何気ない日常にハプニングが舞い降りる!

公園で動かない犬 多くの人々が集まって賑やかな、オーストラリアの公園で起きた出来事です。 大勢の人た …

シャンシャンの可愛い成長記録がネタに使われ、リピートされまくりだと話題に!

シャンシャンの可愛い成長記録が話題に!あまりの可愛さにネタに使われ、リピートされまくりなようです(笑)詳細はこちら・・・

PREV : 「娘つえーな!」イジメを受け、先生も助けてくれずに心配する母に娘が発した言葉がすごい…!
すれ違った白バイがわざわざUターンしてまでとった行動に尊敬するしかない・・・ : NEXT