Lenon


Lenonをフォローしよう!


譲渡が難しい盲目の犬のため、預かりボランティアの夫婦がとった行動に胸が熱くなる…!


バークリー

飼い主に見放され、あてどなくさ迷う生活はとてもつらいものです。

そんな状況からさらに健康面で問題が発生すれば、さらに不安は増すことでしょう。

しかし思いを伝えられない放浪犬は、ただただ運命に従うしかありません。

今回ご紹介するワンちゃんは、「バークリー」と言う10歳のシニア犬です。

バークリーはアメリカのジョージア州アトランタ付近で、放浪犬として動物管理局に収容されました。

バークリーの複雑な状況を知ったニュージャージー州の保護団体

『Hounds in Pounds』の代表を務めるジャネット・カーンさんは、

放置され続けていたその状態にあぜんとします。

バークリーを綺麗にするためにジャネットさんは病院へ向かいましたが、

そこでさらに過酷な現実を突きつけられるのでした。

詳細は次のページにてお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

道端で死にそうな状態だった子猫が男性に救われ、3ヶ月で奇跡の回復を遂げる…!

普段私たちが意識していないだけで、世の中には多くの恵まれない動物たちがいます。 親と離れ離れになって …

悲しみに暮れるワンちゃんの心に寄り添って癒したのは1羽のアヒル→優しい光景にほっこり・・・

最愛の相棒を失い… アメリカ テネシー州に在住のリットンさん宅には、愛犬の『ジョージ』がいます。 し …

子猫のおねだりにキュン&葛藤…!「これ僕にくれるって言ったのに何で履いちゃうの?」

子猫というだけでかなりの破壊力ですが、これは…。 「もうお家に連れて帰りたーい!」 と思わず叫んでし …

リスの生態を描いた公園の看板にまさかの実例!う〜ん、これは分かりやすい(笑)

井の頭公園は、武蔵野市と三鷹市にまたがる都立公園です。 春はソメイヨシノの桜が咲き誇り、夏は御殿山を …

行き場を失ったミニブタが猫の保護団体に引き取られた結果・・・

猫の保護団体に引き取られてきた、行き場を失ったなんとミニブタ!たくさんの猫たちに歓迎され、どんどん猫っぽくなっていき・・・

PREV : 「娘つえーな!」イジメを受け、先生も助けてくれずに心配する母に娘が発した言葉がすごい…!
すれ違った白バイがわざわざUターンしてまでとった行動に尊敬するしかない・・・ : NEXT