流氷の上に取り残されていたキツネが、漁師によって見事に救助される…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


流氷の上に取り残されていたキツネが、漁師によって見事に救助される…!


流氷の上にキツネ

奇妙な影の正体を突き止めようと、3人の漁師が流氷に接近しました。

するとそこには、長い間漂流していた影響下やせ衰えたホッキョクキツネがいたのです。

おそらく経験の浅い若いキツネが、

あやまってカナダ西岸から約1.5㎞沖合まで流されてしまったのでしょう。

波で削られた流氷の底部は細く、今にも崩壊しそうな状態です。

3人の漁師は、疲れ果てて震えているキツネを見過ごすことはできませんでした。

しかし救出のために船を寄せると、怯えていたキツネは極寒の海に飛び込んでしまったのです。

飛び込んだキツネを、アランさんが浪間に網を投げ入れて何とか救出に成功!

しかし、怯えて衰弱しきったキツネは這うように船尾に移動し、まったく動こうとしませんでした。

キツネの救助

そこでクリスさんたちは、プラスチック製の箱にかんなくずを詰めてキツネを中に入れてみました。

チップスやクラッカーを与えても食べる気配がありません。

しばらくして缶詰のソーセージを与えると、何とか食べてくれたそうです。

「最初の5~6時間は、何も食べようとしなかったよ。」とクリフさんは語ります。

その後、船はキツネが生息する沿岸に到着し、

海岸付近に放置された犬小屋にキツネを寝かせて見守ることにしました。

すると大地に戻ったと気が付いたキツネは、辺りを伺いながら自然の中に戻っていったそうです。

再び生きるチャンスを与えられたホッキョクギツネ。

3人の心優しい漁師に出会えたのは幸いでした。

キツネを見捨てずに救助してくれた3人に、心から拍手を送りたいですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

アラスカなのに氷も雪もない!そんな地でうなだれる1匹のホッキョクグマに何を思いますか?

動物園という地獄の中で生きるホッキョクグマの様子を写真家は呆れながら撮影した…!

母親に育児放棄されたキツネが人間に保護されて同じ施設にいた猫と仲良くなった結果…!

冬の厳しい寒さを乗り切るためにある家の裏庭へと引っ越してきた3匹のキツネ!

危うく毛皮にされるところだったキツネと、親友になった犬の胸が熱くなるお話…!

出典:Facebook/YouTube/boredpanda




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

道路脇の穴の中から出ていた頭は足を骨折していた犬だった…!保護しようとするとすぐに逃げ・・・

心無い人のせいで住処を奪われてしまったペットたち。 行き場を失くした彼等の中には、怪我などで命を落と …

全身が毛玉に覆われた状態で捨てられていた犬が優しい夫婦と出会い、感動的な変化を遂げる…!

全身が毛玉に覆われた状態で捨てられていた犬!優しい夫婦に拾われ、劇的な変化を遂げる感動的なエピソードをご覧ください・・・

老人ホームに現れた猫がみんなの優しさに触れて毎日通うようになった結果・・・

アメリカのシアトルにある老人ホーム“ベイビュー・リタイアメント・コミュニティ”に、 1匹の猫が現れま …

ゴミの山から保護された1匹の犬の、1年後の姿に涙が止まらない・・・!

2013年に、ゴミ山から1匹のハスキー犬が保護されました。 保護された犬は「ミリー」という名前でした …

母親はお墓の前で、4歳で天国へと行ってしまった息子に合図を欲した→0:21に起きた出来事に彼女の目から涙があふれ続けた・・・

ジャック・ロビンソン君 子供を持つ親にとって最大の不幸は、「子供に先立たれる事」ではないでしょうか。 …

PREV : 在日米海兵隊による被災地ボランティアに感動!「なぜもっと報道されないんだ・・・」
被災者に水を優先させるため、泥水で顔を洗う自衛隊員の姿に胸が熱くなる…! : NEXT