Lenon


Lenonをフォローしよう!


流氷の上に取り残されていたキツネが、漁師によって見事に救助される…!


地球温暖化の影響もあるのでしょうか?

世界中が猛暑の夏を迎えています。

その地球温暖化で、ダメージを一番受けているのは北極地帯です。

北極では氷が必要以上に溶け始め、

獲物を捕獲するために流氷を利用している「シロクマ」「ホッキョクギツネ」は死活問題となっています。

凍らない海を必死で泳ぐシロクマが、

獲物のトドにたどり着いた時には捕まえる気力も無くなっているとのこと。

そんな北の寒い地域で暮らしている動物を、窮地から救い出した方々がいます。

カニ漁をしている漁師のクリフ・ラッセルさんと仲間のマロリーさん、

そしてマロリーさんの息子さんであるアランさんが小型船

「Northern Swan号」で北大西洋の西側に位置するラブラドル海に漁に出ていた先月のことです。

寒流が流れ込む漁場に到着すると、遠くに見える流氷の上に何かが動いているように見えたそうです。

その後のお話は、次のページにてお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主と1週間ぶりに会えて喜びが止まらない元野良犬にほっこり・・・

元は野良犬だったパッチに試練!なんと飼い主さんと1週間会えない事態に…!そして1週間ぶりにあえて喜びが止まらない・・・

「売れないから」と言う理不尽な事情から放置された9匹の子犬たちの運命は!?

9匹の子犬たちは、何と「売れないから」と言うあまりにも身勝手な理由で置き去りにされていました!果たして彼らの運命は…?

愛犬がいつも息子の右側にいるようにしている→気になって病院で診てもらった結果…!

長い間人間と一緒に暮らして来た犬は、人の感情を察知する事が出来ます。 それはとても微笑ましいことです …

ピザの配達中に迷い犬を発見した男性!選ぶべきは仕事か、犬の命か・・・?

アメリカのモンタナ州に暮らす男性、スティーヴン・ドノヴァンさんはピザの配達係です。 ある日、配達中に …

ひとりぼっちだったボブキャットの赤ちゃんが同じ身の上のボブキャットと出会ったことで前を向くようになる…!

1年前のことです。 アメリカのフロリダ州にある野生動物保護施設で、 今にも死にそうな状態で民家の庭に …

PREV : 在日米海兵隊による被災地ボランティアに感動!「なぜもっと報道されないんだ・・・」
被災者に水を優先させるため、泥水で顔を洗う自衛隊員の姿に胸が熱くなる…! : NEXT