Lenon


Lenonをフォローしよう!


流氷の上に取り残されていたキツネが、漁師によって見事に救助される…!


地球温暖化の影響もあるのでしょうか?

世界中が猛暑の夏を迎えています。

その地球温暖化で、ダメージを一番受けているのは北極地帯です。

北極では氷が必要以上に溶け始め、

獲物を捕獲するために流氷を利用している「シロクマ」「ホッキョクギツネ」は死活問題となっています。

凍らない海を必死で泳ぐシロクマが、

獲物のトドにたどり着いた時には捕まえる気力も無くなっているとのこと。

そんな北の寒い地域で暮らしている動物を、窮地から救い出した方々がいます。

カニ漁をしている漁師のクリフ・ラッセルさんと仲間のマロリーさん、

そしてマロリーさんの息子さんであるアランさんが小型船

「Northern Swan号」で北大西洋の西側に位置するラブラドル海に漁に出ていた先月のことです。

寒流が流れ込む漁場に到着すると、遠くに見える流氷の上に何かが動いているように見えたそうです。

その後のお話は、次のページにてお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

大学の授業中に颯爽と猫が出現したかと思いきや、堂々と居眠りする様子が話題に!

ここはマレーシアの大学です。 この大学には優秀な猫さんがいるようです。 机を1つ独占して、ちゃんと教 …

純粋な顔で眠る柴犬の、芸術的かつ無防備すぎる寝相と妹柴犬の『キョトン顔』に癒される・・・

柴犬のコクンタ君の、無防備すぎる寝姿 睡眠。 それは全生命にとって、最もリラックスする時間です。 ワ …

6回もの脳腫瘍を耐えた女性が見つけたのは小さな子猫!保護してから彼女の生活が変わり、半年後・・・

オフィスの片隅に… 看護師として人々を助ける仕事をするララミー・エヴァンスさん。 彼女は6回もの脳腫 …

雨の中、道端をさまよっていた子猫を保護!すると”たてがみ”が信じられない変化を起こして・・・

アンデルセン氏作「みにくいアヒルの子」という有名な童話がありますが、 人間を含めて生き物全て子供の頃 …

弱りきっていたロバと犬、なんと「助けられた方」が…!命の平等とは・・・?

皆さんはロバを見た事がありますか? ロバと聞いてパッと思い浮かぶのは、おとぎ話やテレビなどで見た記憶 …

PREV : 在日米海兵隊による被災地ボランティアに感動!「なぜもっと報道されないんだ・・・」
被災者に水を優先させるため、泥水で顔を洗う自衛隊員の姿に胸が熱くなる…! : NEXT