飛行機の機内で苦しみ出したフレンチブルドッグを全力で助けた乗務員たちに絶賛の声続々! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


飛行機の機内で苦しみ出したフレンチブルドッグを全力で助けた乗務員たちに絶賛の声続々!


ダーシーの異変

この日、アメリカのマサチューセッツ州に住むミッシェルさんは、

旦那様と3匹の愛犬とフロリダ州から帰るために、『ジェットブルー航空』の飛行機に乗っていました。

その時、ミッシェルさんの旦那様がダーシーの異変に気付きます。

ダーシーはキャリーバッグの網目に頭を押し付けていたのです。

横になるように指示しても、やめる気配はありません。

いつもは従順なダーシーに不自然さを感じたミッシェルさんは、ファスナーを少し開けてみました。

すると、舌が青くなっていたのです。

低酸素症のサインに気付いたミッシェルさんは、ダーシーを膝の上に乗せて落ち着かせようとしました。

そこに客室乗務員が現れ、丁寧にもとへと戻すように伝えてきます。

ミッシェルさんは事の次第を説明、すると2人の客室乗務員が行動に出たのです。

乗務員たちは氷と水、小さな酸素タンクを持ってきて「これが効くかも知れません」と手渡します。

乗務員の対応

ミッシェルさんは酸素マスクをダーシーの顔に当てると、数分のうちにダーシーは落ち着いてきました。

その後「私もフレンチブルドッグを飼っています」と、乗務員の1人が話したそうです。

この出来事はミッシェルさんがジェットブルー航空に宛てた手紙を、

友人の方がFacebookに公開する形で広まっていきました。

「人によっては『ただの犬』であり、大惨事というわけでもないでしょう。しかし、私たちにとってダーシーは『家族』なのです。ジェットブルー航空と、ダーシーを助けてくれた乗務員の方々に感謝しています。」

人間と同等に動物の価値を見てくれた乗務員の、

思いやりのある対応でダーシーの命が救われたと感謝するミッシェルさん。

ちなみに、過去12年の搭乗では一度も問題はなかったそうです。

しかし、密室でも不測は起こりえるものです。

この事態に、人と同様にダーシーを救ってくれた乗務員の方々に感謝したいですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

腫瘍で先の長くない犬を飛行機に乗せ、最期に暮らす家へと向かって行く・・・

本来ペットは飛行機の客室に入れない…そのルールを曲げた航空会社の山火事への対応に賞賛の嵐!

空港にケガをした状態で置き去りにされた犬!背景には飼い主の悲しい選択が・・・

「犬同伴で講義に出て良いですか?」と願い出たワケありの女子大生に対して教授は…?

社員のストレスを和らげるために2匹の猫を雇った結果、ものすごい効果を発揮した…!

出典:Facebook



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

愛するピットブルが亡くなった女性は3ヶ月後にこの顔をネットで見て保護施設へ急いだ!

ピットブルのミートボール 自分の今抱えている感情がすぐ顔に出るタイプの人はいますが、 そんなタイプは …

飼い主に呼ばれてワンちゃん登場!しかし予想以上のビッグサイズだった・・・

飼い主さんに呼ばれて、ワンちゃんがやってきました!しかし、予想以上のサイズにビックリ仰天であります…!詳細はこちら・・・

まだブカブカの仕事着がかわいい(笑)小さな子犬たちの初めて出勤する姿6選!

かわいいは正義! 小さい子供が大人の服を着ていたり、初めてのおめかしをしていたり…。 「小さい」とい …

病気のせいで捨てられてしまったハスキー犬→拾った男性が元飼い主に言った痛快なセリフを浴びせる!

動物はいいですよね。 一緒に居るだけで元気な気分になったり、落ち込んでいる時も慰めてくれるよき相棒の …

飼い主とチビッ子ワンちゃんのガチレース対決の結末にほっこり・・・

もちろんですが、犬は人間よりも早く走れます。 犬種によっても違いはありますが、時速40キロほどだとい …

PREV : 「気づかなかった…」「ありがとう」アジカンの子供連れ客への注意喚起に絶賛の声続々!
在日米海兵隊による被災地ボランティアに感動!「なぜもっと報道されないんだ・・・」 : NEXT