Lenon


Lenonをフォローしよう!


「ペットは家族だから」西日本豪雨で被災した市長のツイートに日本中の飼い主から称賛の声続々!


避難生活とペット

あの悪夢のような豪雨から1週間以上が経過しました。

西日本を中心に200名以上の犠牲者が出てしまった『平成30年7月豪雨』。

この強烈な猛暑の中、被災者の方々をはじめとしてボランティアに駆け付けてくれた人々など、

大勢の人達が復興に向けて尽力していますが、

自宅に戻れない方々は被災ちの避難所で厳しい生活を余儀無くされています。

そして、自然災害で大規模な避難所が設置されるたびに起こる問題の1つに、

「ペット」の避難があるのではないでしょうか?

人の心を癒してくれるペット達ですが、

大勢の方が利用する避難所には連れて行けないと遠慮する飼い主さんも多いと思います。

中にはペットがいるために避難しない方や、車で生活する方もいるほどです。

しかし、この度災害にあった岡山県総社(そうじゃ)市の市長は、

自身のTwitterを通してペットの被災についても言及したのです。

全国の飼い主から称賛の声が寄せられたツイートを、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

3歳の女の子の頼れるボディーガードは1歳のドーベルマン!1人と1匹の微笑ましい関係に癒される・・・

アメリカのシエナちゃんは3歳の女の子。 彼女にはとっても頼りになるボディガードがいます。 それは1歳 …

砂漠の中で250キロのマラソン!過酷な6日間を過ごしていた男性はなぜかついてくる野良犬と生活を共にして・・・

過酷なマラソンの意外な参加者 中国のゴビ砂漠で行なわれる「ゴビ砂漠マラソ」。 このマラソンは約250 …

スタッフの諦めない信念が頭を撃たれた失われてはいけない子犬の命を救う!

ピットブルの子犬が、なんと頭を銃で撃たれてしまっていました!しかしスタッフの諦めない信念が、失われてはいけない命を救い出します・・・

オーストラリアから地球の裏側のアイルランドへ…迷子になった飼い猫がご主人様と奇跡の再会!

10歳の飼い猫であるジョージは、 オーストラリアのシドニーで飼い主のフィオナさんと一緒に幸せな日々を …

ダンボールに入れられた状態で捨てられ、ひとりぼっちだった2本足の犬が自由を手に入れた瞬間に涙…!

サンフランシスコの繁華街に、1匹の子犬が捨てられていました。 子犬はダンボールに閉じ込められ、繁華街 …

PREV : 被災者から救助をお願いされるも、それを断った高須院長!その真意に称賛の声続々・・・
西日本豪雨の被災地のためには「課金だ!」私たちができることに共感の声続々・・・ : NEXT