悲しそうな顔をした両耳のない子猫を保護し、回復することを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


悲しそうな顔をした両耳のない子猫を保護し、回復することを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・


3ヶ月後

動物病院のスタッフたちは、「この子には幸せな余生を送ってもらいたい」と考えます。

ハンシックの怪我の治療や腐敗した歯の抜歯手術などを行なったスタッフは、

その後も寝る間を惜しむ勢いで看護をし続けました。

ハンシックはそうやってスタッフたちから愛情を注がれた結果、心身ともに飛躍的な回復を遂げます。

そして治療が始まってから3ヶ月後、当初と比較すれば見違えるくらい元気になっていきました。

心を開くまでに時間がかかるとされている野良猫ですが、

ハンシックはそれほど間を置かずに動物病院のスタッフたちに甘えるようになりました。

おそらくスタッフの方々が自分を助けてくれたのだということに、ハンシックは気付いていたのでしょう。

現在のハンシック

その後、フォスターホーム(一時預かり宅)へと移されたハンシックは、

今もケアをされながら自分を迎え入れてくれる里親さんのことを待ち続けているそうです。

動物愛護団体の方々や動物病院のスタッフたちに助けられたハンシックは、

幸せな猫生に向けて歩き始めました。

いつか責任感と愛情をもって彼を引き取ってくれる里親さんが現れ、幸せな日々を過ごせると良いですね。

動物愛護団体のFacebookページ(フランス語)では、ハンシックの最新情報を発信しています。

現在も里親探しに取り組んでいる動物愛護団体は、

里親さんが現れた後もハンシックの治療のサポートを続けていくと話しています。

治療も含めて、ハンシックを支えてくれる里親さんが早く見つかると良いですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

耳の聞こえない母猫が生んだ子猫が次々と死亡!生き残った我が子を守るために母猫は・・・

軒下から現れたのはなんと耳が4つあって目が1つしかない猫!果たしてこの猫の運命は…?

二度の手術によって両耳を失った老猫がその代わりに得た幸せとは…!?

ずっと引き取ってもらえずにいた耳のない老猫に”運命の”里親さんが現れる!

目が見えないなうえに耳が4つの猫!障害に負けず、懸命に生きるその姿はみんなを勇気づけます・・・

出典:Facebook



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「これと交換して欲しいワン♡」ご飯が欲しいビーグル犬がとった賢い行動に胸キュン!

「これと交換して欲しいワン♡」飼い主さんが食べているものが欲しいワンちゃん!そこでとった賢い行動に思わず胸キュン・・・

ゴールデンレトリバーと茶トラ猫の成長の軌跡!その絆は親子を超えているかも…?

ゴールデンレトリバーの「Keelo」と茶トラ猫の「Koda」は、 Kodaが小さい子猫だった頃からず …

トイレで用を足したいのに…!目の前で野生を失ったお方が行く手を阻む(笑)

家で飼っている犬や猫、は時々とんでもないところにいるものですね。 飼い主さんが困ってしまう場所に長々 …

郵便屋さんの仕事中でのワンちゃんとの小さな楽しみによって生まれたほっこりする関係…!

毎日、郵便を届けてくれる郵便屋さん。 暑い日も寒い日もどんな時も郵便物をとどけてくれますね。 これは …

子守しているかのように赤ちゃんに寄り添う猫→愛に溢れるツーショット6選で思わずニヤニヤ・・・

現在、ペットを飼う人は徐々に増えています。 一般的にペットを買うとしたら、犬と猫が特に人気があります …

PREV : 西日本の豪雨を受けて多額の寄付を表明した台湾!ただただ感謝しかありません・・・
被災者から救助をお願いされるも、それを断った高須院長!その真意に称賛の声続々・・・ : NEXT