Lenon


Lenonをフォローしよう!


悲しそうな顔をした両耳のない子猫を保護し、回復することを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・


両耳のない猫

ある住宅地で保護された1匹の野良猫が、動物愛護団体のもとに運ばれてきました。

その猫は数年前からカナダのモントリオールの住宅地でたびたび目撃されていたものの、

保護されるまでの間に人からケアを受けたことは一度もないそうです。

そのため、「ハンシック」と呼ばれることになるその猫が保護されたばかりの頃は、

凍傷で耳を失くしている上に体はガリガリで傷だらけという状態でした。

ハンシックが動物病院で検査を受けた結果、猫エイズウイルス(FIV)に感染していることが分かりました。

しかし命に別状はなく、

猫エイズウイルスが人間に感染することもないので安心してハンシックを構うことができます。

次のページでは、スタッフから愛情をもらったハンシックの姿をご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

住処に落ちて意識を失った子供に取った大きなゴリラの驚きの行動とは?感動の一部始終をご覧ください…!

イギリスのある動物園でゴリラの見物をしていた少年がなんとそのエリアに落ちてしまいました。 しかもかな …

へその緒が取れないで痛みに苦しんでいた子猫を救った”魔法のアイテム”とは?

へその緒が取れない子猫 こちらの子猫(当時まだ生後数日)は「セレーネ」といいます。 今から数週間前に …

24時間365日抱っこを要求し、してくれないと泣きわめく老猫にスタッフが考えた対策でみんなが笑顔に!

ある日、メイン州ウェストブルックのレスキューグループに老猫がやってきました。 この猫の名前は「ドギー …

21歳の時に捨てられた腎不全の老猫→1年後の姿に感動せずにはいられない・・・

動物病院に勤務しているアドリアンヌさん。 そこで動物病院の前のに捨てられた1匹の猫と出会います。 か …

鳥よけ用のダミーカラスに騙された猫のリアクションが芸人顔負けで笑えてしまう!

野鳥との付き合い方はとても難しいです。 見た目はとても愛らしいのですが、 作物を荒らしたりベランダに …

PREV : 西日本の豪雨を受けて多額の寄付を表明した台湾!ただただ感謝しかありません・・・
被災者から救助をお願いされるも、それを断った高須院長!その真意に称賛の声続々・・・ : NEXT