Lenon


Lenonをフォローしよう!


悲しそうな顔をした両耳のない子猫を保護し、回復することを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・


両耳のない猫

ある住宅地で保護された1匹の野良猫が、動物愛護団体のもとに運ばれてきました。

その猫は数年前からカナダのモントリオールの住宅地でたびたび目撃されていたものの、

保護されるまでの間に人からケアを受けたことは一度もないそうです。

そのため、「ハンシック」と呼ばれることになるその猫が保護されたばかりの頃は、

凍傷で耳を失くしている上に体はガリガリで傷だらけという状態でした。

ハンシックが動物病院で検査を受けた結果、猫エイズウイルス(FIV)に感染していることが分かりました。

しかし命に別状はなく、

猫エイズウイルスが人間に感染することもないので安心してハンシックを構うことができます。

次のページでは、スタッフから愛情をもらったハンシックの姿をご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

虐待から逃げ続けた野良犬がたどり着いたのは警察署→そこで彼が得たものとは・・・?

迷い犬? ある日のこと、プエルトリコのバヤモンという町のある警察署に、 フラフラとした足取りの野良犬 …

飼い主のエゴで捨てられた2匹の仲良しワンちゃんたちの、たった1つの願いに耳を傾けてください…!

「引っ越すから」 「赤ちゃんが生まれるから」 そんな人間の勝手な都合で、捨てられてしまうワンちゃんた …

礼儀正しいハシビロコウさんが話題に→その仕草の意味に胸キュン間違いなし!

静岡県掛川市にある「掛川花鳥園」は、花や鳥たちと触れ合えるテーマパークとして人気です。 そんな掛川花 …

7ヶ月間も迷子だった犬が飼い主と奇跡的に再会!絆を繋ぎ止めたのはアレだった・・・

7ヶ月もの間、迷子だった犬が飼い主さんと奇跡的に再会!犬と飼い主の絆を繋ぎ止めていたのは、アレだったのです・・・

文鳥の羽の付け根にイヤホンを垂らしたら癒ししかない映像が完成した・・・

文鳥の羽の付け根にイヤホンを垂らしてみた!するとその結果、癒ししかない映像が完成したようです(笑)詳細はこちら・・・

PREV : 西日本の豪雨を受けて多額の寄付を表明した台湾!ただただ感謝しかありません・・・
被災者から救助をお願いされるも、それを断った高須院長!その真意に称賛の声続々・・・ : NEXT