Lenon


Lenonをフォローしよう!


悲しそうな顔をした両耳のない子猫を保護し、回復することを願って愛情を注ぎ続けた結果・・・


両耳のない猫

ある住宅地で保護された1匹の野良猫が、動物愛護団体のもとに運ばれてきました。

その猫は数年前からカナダのモントリオールの住宅地でたびたび目撃されていたものの、

保護されるまでの間に人からケアを受けたことは一度もないそうです。

そのため、「ハンシック」と呼ばれることになるその猫が保護されたばかりの頃は、

凍傷で耳を失くしている上に体はガリガリで傷だらけという状態でした。

ハンシックが動物病院で検査を受けた結果、猫エイズウイルス(FIV)に感染していることが分かりました。

しかし命に別状はなく、

猫エイズウイルスが人間に感染することもないので安心してハンシックを構うことができます。

次のページでは、スタッフから愛情をもらったハンシックの姿をご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「家畜を狭い場所で飼わないで!」1人の少女の動物を想う提起に考えさせられる・・・

最近は食への安全性が重要視されてきています。 食品を扱う多くの店では食材がどのような場所で生産されて …

いぶかしげに飼い主さんのダイエットマシンを見つめる猫!数日後の様子に笑い不可避(笑)

いつも好奇心いっぱいの猫さんは、見慣れない物体を発見すればすぐにチェック体制に入ります。 飼い主さん …

犬は5時間以上ぶら下がったまま→男性がその犬を発見した時、あまりの状況にゾッとした…!

アメリカの動物愛護団体「SNARR」は、エジプトで活動をしている団体です。 そんな動物愛護団体はある …

愛猫を慰めるために猫とお揃いのエリザベルカラーを着ける男性にほっこり・・・

レンガーと飼い主 今回ご紹介するのは、飼い主さんの男性と強い絆で結ばれている猫についいてのお話です。 …

幼い子供がいる家族が1匹の犬を引き取ったものの、ある行動が原因で手放すことに!そこから犬の不幸が続いた・・・

メキシコの道端で生まれたのちに保護されたラブラドール犬のラナは、 生まれた時からずっとホームレスでし …

PREV : 西日本の豪雨を受けて多額の寄付を表明した台湾!ただただ感謝しかありません・・・
被災者から救助をお願いされるも、それを断った高須院長!その真意に称賛の声続々・・・ : NEXT