重くて長すぎる毛がドレッドヘア状態になっていたプードルを保護した結果・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


重くて長すぎる毛がドレッドヘア状態になっていたプードルを保護した結果・・・


ドレッドヘア状態

あるシェルターに20匹の保護動物を乗せたトラックが到着しました。

どの犬や猫も状態が悪い中、一番ひどかったのはプードルの「ピエール」です。

手入れのされていない被毛はドレッド状態になり、毛の中には寄生虫もいる可能性がありました。

途方に暮れたスタッフでしたが、早くカットしてあげなければ動くこともできません。

慎重にバリカンを入れて、絡まった被毛が取り除かれます。

数時間かけてようやくトリミングが終わり、切られた毛の重量は2㎏を超えていたとのこと。

さて、汚れたドレッドヘアが取り除かれたピエールは、どのように変身したのでしょう。

可愛いピエール

2キロの被毛がカットされ、シャワーで汚れやノミを取り除いてもらったピエールは、

スッキリした可愛いワンちゃんに変身しました。

スッキリしたホワイトの可愛いピエールの姿です。

被毛の状態があまりにも酷かったため丸坊主の状態ですが、優しい瞳と薄ピンク色の肌が愛らしいですね。

つらい思いをしたピエールですが、幸運な事に数日後には新しい家族のもとへ行くことになりました。

今はたくさんの家族に囲まれて、幸せに暮らしているそうです。

一度は無くなってしまった被毛ですが、そのうちまた伸びて来ます。

その時は、プードルらしい美しい姿になっていることでしょう。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

ひどい被毛のもつれに苦しんでいたシーズーミックス!2キロの被毛との3時間にも及ぶ格闘の末・・・

自らの被毛に支配されていた犬を保護して毛をカットした結果、同じ犬とは思えない素敵な姿に…!

全身が毛玉に覆われた状態で捨てられていた犬が優しい夫婦と出会い、感動的な変化を遂げる…!

皮膚の疾患が原因で飼育放棄された兄弟犬が預けられた施設で直面した運命とは…?

脱毛の再診に訪れたワンちゃんは飼い主が無知であるために悲惨な姿になっていた…!

出典:Humane Society of North Texas



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

脊髄を損傷し、満足に歩けない状態で倒れていた野良犬→絶望の表情から希望の表情へ変わる様子に涙が溢れる…!

IT技術の発展が目覚ましく、人口も多いインド。 しかし一方で、インドは「野良犬大国」とも呼ばれており …

ストリートビュー上で道案内してくれるワンちゃんに会える!?可愛すぎる姿をご覧ください(笑)

みなさんは、ストリートビューを使用したことがありますか? 家にいながら様々なところを見て回ることがで …

かわいいけど繊細なナマケモノを守るたった1つの方法がこちら・・・!

のんびりと木にぶら下がっているナマケモノは南アメリカ・中央アメリカの熱帯林に生息し、 一生のほとんど …

カメラを設置してお留守番するワンちゃんを撮影したら愛おしくも切ない姿が映っていた・・・

ワンちゃんのココ この人と犬は最近この部屋に引っ越してきたばかりだという飼い主さんと、 ペットでゴー …

散歩していると、前に会った猫が道の真ん中で座っていた→それだけでも嬉しいけど、さらに笑顔にさせてくれた…!

あの猫は道の真ん中で待っていた 周りは、静かで自然に恵まれた地域のようです。 歩いていると動物たちを …

PREV : 批判殺到した「高畑充希が『紅』を歌うCM」に対してYOSHIKIがコメント→YOSHIKIもその歌唱力を認めた!
西日本の豪雨を受けて多額の寄付を表明した台湾!ただただ感謝しかありません・・・ : NEXT