重くて長すぎる毛がドレッドヘア状態になっていたプードルを保護した結果・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


重くて長すぎる毛がドレッドヘア状態になっていたプードルを保護した結果・・・


ドレッドヘア状態

あるシェルターに20匹の保護動物を乗せたトラックが到着しました。

どの犬や猫も状態が悪い中、一番ひどかったのはプードルの「ピエール」です。

手入れのされていない被毛はドレッド状態になり、毛の中には寄生虫もいる可能性がありました。

途方に暮れたスタッフでしたが、早くカットしてあげなければ動くこともできません。

慎重にバリカンを入れて、絡まった被毛が取り除かれます。

数時間かけてようやくトリミングが終わり、切られた毛の重量は2㎏を超えていたとのこと。

さて、汚れたドレッドヘアが取り除かれたピエールは、どのように変身したのでしょう。

可愛いピエール

2キロの被毛がカットされ、シャワーで汚れやノミを取り除いてもらったピエールは、

スッキリした可愛いワンちゃんに変身しました。

スッキリしたホワイトの可愛いピエールの姿です。

被毛の状態があまりにも酷かったため丸坊主の状態ですが、優しい瞳と薄ピンク色の肌が愛らしいですね。

つらい思いをしたピエールですが、幸運な事に数日後には新しい家族のもとへ行くことになりました。

今はたくさんの家族に囲まれて、幸せに暮らしているそうです。

一度は無くなってしまった被毛ですが、そのうちまた伸びて来ます。

その時は、プードルらしい美しい姿になっていることでしょう。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

ひどい被毛のもつれに苦しんでいたシーズーミックス!2キロの被毛との3時間にも及ぶ格闘の末・・・

自らの被毛に支配されていた犬を保護して毛をカットした結果、同じ犬とは思えない素敵な姿に…!

全身が毛玉に覆われた状態で捨てられていた犬が優しい夫婦と出会い、感動的な変化を遂げる…!

皮膚の疾患が原因で飼育放棄された兄弟犬が預けられた施設で直面した運命とは…?

脱毛の再診に訪れたワンちゃんは飼い主が無知であるために悲惨な姿になっていた…!

出典:Humane Society of North Texas



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

南極でゴロゴロしていたら子ペンギンが近づいてきた→好奇心旺盛な様がかわいい!

地球上で一番過酷な大地と言われている南極。 人間はここで生きて行くことができません。 いるのは研究目 …

「良い子だね」とペットに声をかけた時のワンちゃんと猫ちゃんのリアクションの違いがもろ分かりな画像8選!

私達の一番身近なペットといえば、やはり「犬」と「猫」です。 よく「私は犬派・私は猫派」などと派閥分け …

胴が短いからというだけで捨てられた過去を持つ犬→その容姿が今や世界を虜にする!

一匹の犬が雪の中を歩いています。 この犬はジャーマンシェパードという犬種の犬で、捨てられて街中をさま …

全身皮膚病にかかり、安楽死寸前だったハスキー犬のミックスが美しい姿を取り戻すまで・・・

全身を皮膚病に侵され、安楽死させられる寸前だった「スカイ」と言う名前のハスキー犬のミックスが美しい姿を取り戻すまで・・・

思考が読めなさすぎなワンちゃんの、二度見不可避のシュールな行動10選!

たくさんの愛情を注ぎ、日々お世話をしているワンちゃん。 その子の全てを知っていると思っていても、説明 …

PREV : 批判殺到した「高畑充希が『紅』を歌うCM」に対してYOSHIKIがコメント→YOSHIKIもその歌唱力を認めた!
西日本の豪雨を受けて多額の寄付を表明した台湾!ただただ感謝しかありません・・・ : NEXT