Lenon


Lenonをフォローしよう!


麻痺を起こしたままの状態でゴミ箱に捨てられていたワンちゃんがようやく救助された結果・・・


飼い主の都合で捨てられてしまう犬達。

気軽に保健所や保護センターに連れてくるのも許せません。

しかし、まるでゴミのように捨てられてしまう犬もいるのです。

ゴミ扱いされた犬の気持ちを思うと、

まだ里親を探そうとしてくれる施設に預けられる方が良いのかもしれません。

今回ご紹介するワンちゃんは、名前を「スザンナ」と言います。

スザンナはとても人懐っこい性格をした、3歳になる女の子です。

犬の3歳といえば人間の28歳頃で、一番健康的な年ごろのはずでした。

しかし、動物レスキューに発見された時のスザンナは、若い犬とは思えないひどい状態だったそうです。

心優しいスザンナの酷すぎる過去と再生の物語を、次のページで詳しくお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

生後わずか1日で保護された子猫!新しいママ、新しい家族の中で最幸の暮らしを見つける・・・

今回の主人公は子猫の「エリ」。 まだ生まれて1日の赤ちゃんです。 子猫は生まれてすぐに母猫と離れ離れ …

サンフランシスコで「ペットショップで販売できるのは保護動物のみ」という条例が可決されました!その裏にある悲しい現実とは?

ペットショップで販売されている動物たちの大半は、 販売目的のためにブリーダーたちによって繁殖された子 …

家に帰ると玄関に見知らぬかわいいお客さん!しかし保護するまでどいてくれないようなので・・・

可愛らしい来訪者? 路地裏や公園でも目にする猫。 小さい子猫も可愛いですが、大きくなった猫も魅力的。 …

医師は犬と今から天国へと旅立つ飼い主との最後の面会を許した→その後の出来事に誰もが涙…!

突然ですが、皆さんは犬はお好きですか? 犬は元気で活動的で、一緒に散歩したり遊んだりするのがすごく楽 …

傷だらけで心を閉ざしていた野良猫の恩返しはお店の用心棒だった…!

傷だらけなうえに心を閉ざしていた野良猫を保護!するとその恩返しとして、お店の用心棒をやってくれた…!詳細はこちら・・・

PREV : あまりにもバカげた移籍金だったことでスペイン人に笑われた日本人がW杯で奇跡を起こす!
ヒーローは日本に実在した!国内唯一の特殊車両が西日本豪雨のために救助へ向かう・・・ : NEXT