Lenon


Lenonをフォローしよう!


麻痺を起こしたままの状態でゴミ箱に捨てられていたワンちゃんがようやく救助された結果・・・


飼い主の都合で捨てられてしまう犬達。

気軽に保健所や保護センターに連れてくるのも許せません。

しかし、まるでゴミのように捨てられてしまう犬もいるのです。

ゴミ扱いされた犬の気持ちを思うと、

まだ里親を探そうとしてくれる施設に預けられる方が良いのかもしれません。

今回ご紹介するワンちゃんは、名前を「スザンナ」と言います。

スザンナはとても人懐っこい性格をした、3歳になる女の子です。

犬の3歳といえば人間の28歳頃で、一番健康的な年ごろのはずでした。

しかし、動物レスキューに発見された時のスザンナは、若い犬とは思えないひどい状態だったそうです。

心優しいスザンナの酷すぎる過去と再生の物語を、次のページで詳しくお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「歩けるようになる可能性はゼロ」と言われた子猫が見せた驚きの奇跡!それには周りの温かいサポートがあった・・・

ハンナとクロエ 今年2017年5月19日、ワシントンD.Cに住むハンナさんは後ろ足に麻痺を抱えた子猫 …

テレビの生放送中に予定にないゲストが登場!これに対し、アナウンサーの対応は・・・?

それはトルコのテレビ番組、『グットモーニング・デニズリ』の生放送中のことでした。 ちょっと変わった訪 …

飼い主の深い愛情を受けて前向きに生きる、前足がない2匹のチワワたちに胸が熱くなる…!

障害を持って生まれたことは、不幸なのでしょうか? この難しい問題に答えてくれるあるワンちゃん達の物語 …

本来ペットは飛行機の客室に入れない…そのルールを曲げた航空会社の山火事への対応に賞賛の嵐!

飛行機の客室でくつろぐお犬、お猫のお客様たち 「ところで機内食はいつでるのかな?」 なんて思っていそ …

ゴミの山から保護された1匹の犬の、1年後の姿に涙が止まらない・・・!

2013年に、ゴミ山から1匹のハスキー犬が保護されました。 保護された犬は「ミリー」という名前でした …

PREV : あまりにもバカげた移籍金だったことでスペイン人に笑われた日本人がW杯で奇跡を起こす!
ヒーローは日本に実在した!国内唯一の特殊車両が西日本豪雨のために救助へ向かう・・・ : NEXT