Lenon


Lenonをフォローしよう!


年齢を重ねていくごとに体長が縮んでいくと言う不思議なカエルの正体とは!?


アベコベガエル

世の中には理解できない出来事や、不思議な生き物がたくさんあります。

現代はさまざまな分野でいろいろな研究がされており、

昔はよくわかっていなかったことが今では解明されているといったことは珍しくないでしょう。

しかし、不可解といえる生き物はどうやらまだまだいるようです。

アマゾン川流域やトリニダード島には、とある不思議なカエルが暮らしています。

カエルの名前は「アベコベガエル」です。

アベコベガエルの最大の特徴は、進化の過程が一般的なものから大きく逸脱している点にあります。

生き物の多くは、成長するにつれて体が徐々に大きくなっていくもの。

しかしアベコベガエルの場合、年の経過とともに体長が縮んでいくのです。

幼体時と成体時の差が激しいカエルの姿は、次のページでご説明します。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「覚悟のある人にしか譲らない」販売から譲渡へと事業をシフトしたペットショップの想いとは?

「覚悟のある人にしか譲らない」ペットを売ることから譲渡することへと事業をシフトした異色のペットショップの想いとは?

豪雨の中、道路で倒れて動かない子猫の横を無視して通り過ぎたトラック運転手→急に涙がこみ上げてきた結果…!

カナダにあるブリティッシュコロンビア州で豪雨の中、デニス・マクドナルドさんはトラックを運転していると …

気になる場所があってそこから動かないワンちゃんが車にとって邪魔だった結果、爆笑展開に(笑)

気になる場所があり、そこから動こうとしないワンちゃん!しかし車にとって邪魔だった結果、爆笑展開が待っていた(笑)

ずっと待っていた新しい人間の命を見守る動物たちの家族愛にほっこり・・・

アメリカでのお話です。 出産を終えたボグス夫妻は新しい命を抱いて病院から帰宅しました。 その家には4 …

「さよならお母さん…ボクはお利口じゃなかったの?」保健所で犬が年間31万匹も殺処分される理由と最期の想いとは?

年間31万匹 保健所で殺処分されている動物の数は、年間31万匹にものぼります。 これは1日に約800 …

PREV : 買った鯛を捌いてみたら、とんでもない1匹だったことが発覚!
「おっさん言われて…」長友佑都の本音に対する妻の平愛梨の返しが違う意味で大注目!? : NEXT