行き場を失ったミニブタが猫の保護団体に引き取られた結果・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


行き場を失ったミニブタが猫の保護団体に引き取られた結果・・・


どんどん猫っぽく?

ベトナム原産のポットベリードピッグは、寒さにあまり強くありません。

ポーカーは、大きくなるまで室内で暮らすことになりました。

そんなポーカーは保護猫たちが大好きで、自分も猫だと思っているようです。

部屋には専用のクレートがありますが、開けっ放しにしているのでいつでも猫と遊べるのだと、

保護団体のスタッフであるジェニファーさんは語ります。

たくさんいる猫たちの中で、ポーカーは茶トラの「ピッピ」と大の仲良しです。

ジェニファーさんによると、

「よく猫たちが、ポーカーのクレートでお昼寝や一緒にご飯を食べています。ピッピは大好きなポーカーの真似をしますよ。」とのこと。

逆にポーカーが猫用のベッドで眠るそうです。(笑)

予想外の大きさで…

生後3ヶ月で13キロのポーカーは、成長すると100キロ以下の体重になります。

家畜用のブタは200~300キロなので確かに小さいのですが、

子豚とのギャップで捨てられる子が多いそうです。

「可愛いミニ子ブタに惹かれて迎える人が多いですが、急激に大きくなる生後6ヶ月頃になると捨てる飼い主がいます。」

ジェニファーさんは語ります。

今はまだ生後6ヶ月のポーカーですが、春になると先輩ミニブタの「ハミルトン」と合流するそうです。

それまで、大好きな猫たちと猫生活を楽しんで欲しいですね。

この問題は勉強不足で迎える飼い主に責任がありますが、

気軽に売るペットショップにも問題があるのかもしれません。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

食肉になりかけたブタが口に咥えていたものを見てブタを助けた南アフリカの女性は目を疑った…!

最初は小さくか弱い姿だった子ブタ!2年後の衝撃的な姿をご覧ください・・・

ブタに8年支えられていた目が全く見えない牛!ブタがこの世を去った時、新しい人生へ歩み始める・・・

子豚たちの親代わりとなり、本当の我が子のように可愛がる犬に奇跡が起きた…!

捨てられてひとりぼっちだった豚に寄り添い続ける野良猫!しかし2匹が離れ離れになる危機に・・・

出典:LoveMeow/Facebook



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

シェルターから救い出されて1年!御年24歳の長寿猫がこちら・・・

御年24歳になる長寿の猫をご紹介!シェルターから救助されて1年、老猫は一体どのような暮らしをしているのでしょうか…?

友達になろうと子猫に一生懸命話しかけるシベリアンハスキーが可愛すぎる!

ペットを飼いたいと思う時、犬にしようか猫にしようか悩むことはありませんか。 すでに犬を飼っているのだ …

リビングに亡くなった猫を置くともう1匹の猫が思わぬ行動を起こす!その行動に涙・・・

皆さんは死を身近に感じた事はありますか? 人間にしても動物にしても、絶対に避ける事ができないものです …

子供たちに虐待され、死にかけている2匹の子猫を獣医師は安楽死させようとしたが…!

子供たちに虐待され、死にかけた状態となっている2匹の子猫!その状況に、獣医師は安楽死を提案したが・・・

保護されてからずっと支え合ってきた親友と1か月ぶりの再会を果たしたオマキザルの表情に強い絆を感じる…!

施設に保護されてからずっと支え合ってきた親友と1ヶ月ぶりに再会することになったオマキザル!その時の表情は2匹の強い絆を物語っていた・・・

PREV : W杯を終えた日本代表を迎えたスタッフの素敵な行動に目頭が熱くなる・・・
「どうしてそこまで!?」W杯の日本対ベルギー戦を前に台湾人がとった行動に驚きの声続々! : NEXT