行き場を失ったミニブタが猫の保護団体に引き取られた結果・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


行き場を失ったミニブタが猫の保護団体に引き取られた結果・・・


どんどん猫っぽく?

ベトナム原産のポットベリードピッグは、寒さにあまり強くありません。

ポーカーは、大きくなるまで室内で暮らすことになりました。

そんなポーカーは保護猫たちが大好きで、自分も猫だと思っているようです。

部屋には専用のクレートがありますが、開けっ放しにしているのでいつでも猫と遊べるのだと、

保護団体のスタッフであるジェニファーさんは語ります。

たくさんいる猫たちの中で、ポーカーは茶トラの「ピッピ」と大の仲良しです。

ジェニファーさんによると、

「よく猫たちが、ポーカーのクレートでお昼寝や一緒にご飯を食べています。ピッピは大好きなポーカーの真似をしますよ。」とのこと。

逆にポーカーが猫用のベッドで眠るそうです。(笑)

予想外の大きさで…

生後3ヶ月で13キロのポーカーは、成長すると100キロ以下の体重になります。

家畜用のブタは200~300キロなので確かに小さいのですが、

子豚とのギャップで捨てられる子が多いそうです。

「可愛いミニ子ブタに惹かれて迎える人が多いですが、急激に大きくなる生後6ヶ月頃になると捨てる飼い主がいます。」

ジェニファーさんは語ります。

今はまだ生後6ヶ月のポーカーですが、春になると先輩ミニブタの「ハミルトン」と合流するそうです。

それまで、大好きな猫たちと猫生活を楽しんで欲しいですね。

この問題は勉強不足で迎える飼い主に責任がありますが、

気軽に売るペットショップにも問題があるのかもしれません。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

食肉になりかけたブタが口に咥えていたものを見てブタを助けた南アフリカの女性は目を疑った…!

最初は小さくか弱い姿だった子ブタ!2年後の衝撃的な姿をご覧ください・・・

ブタに8年支えられていた目が全く見えない牛!ブタがこの世を去った時、新しい人生へ歩み始める・・・

子豚たちの親代わりとなり、本当の我が子のように可愛がる犬に奇跡が起きた…!

捨てられてひとりぼっちだった豚に寄り添い続ける野良猫!しかし2匹が離れ離れになる危機に・・・

出典:LoveMeow/Facebook



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「カモ一家がローソンに侵入」など、16選の動物珍事件集をご覧ください!

今回は、動物たちが引き起こした珍事件をご紹介します。 お笑い 飼い主に迷惑が及ぶ動物たちの事件でも、 …

ウルトラマンが見守る、拾われた小さな子猫の成長記録にほっこり…「こんなに小さかったのに・・・」

まるで我が子を見守るかのようなポーズを決めたウルトラマンの人形と、安心した寝顔でスヤスヤと気持ちよく …

ワンちゃんのご飯が気になって手を伸ばし始めた猫!見ているこっちがハラハラドキドキ・・・

猫はワンちゃんのご飯が気になるらしく、そっと手を伸ばし始めました…!見ている方がハラハラドキドキする動画はこちら!

ご主人に怒られて空気を読むワンコ→ハウスに自ら入って反省!許してもらえると…?

ご主人様が怒っていると気付き、空気を読んで自らハウスに入る2匹の賢いラブラドールがいます。 1匹目は …

シェルターの外に捨てられていた三本足の猫!ビクビクと怯え、8人がかりでやっと保護した結果・・・

シェルターの外で外に捨てられていた足が3本しかない猫!人間にビクビクと怯えており、8人がかりでようやく保護した結果・・・

PREV : W杯を終えた日本代表を迎えたスタッフの素敵な行動に目頭が熱くなる・・・
「どうしてそこまで!?」W杯の日本対ベルギー戦を前に台湾人がとった行動に驚きの声続々! : NEXT