Lenon


Lenonをフォローしよう!


行き場を失ったミニブタが猫の保護団体に引き取られた結果・・・


猫とミニブタ

アメリカのインディアナ州にある保護団体『Here Kitty Kitty Rescue(HKKR)』は、

猫専門の保護団体です。

しかし異なる動物でも同じ命、時には猫とは違う動物も保護しています。

HKKRのスタッフであるジェニファーさんは、

猫の保護に向かった先でポットベリードピッグの「ポーカー」と出会いました。

生後3ヶ月で体重は13キロほどありましたが、

他にも保護しているミニブタと『ピグミーゴート(超小型ヤギ)』が2頭いたので引き取ることにしたのです。

施設に到着するとたくさんの猫たちから歓迎されましが、

ポーカー自身はここに馴染むことができるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

色んな意味で不思議ちゃんすぎるピットブルが個性的すぎると話題に!

これが個性というものなのでしょうか…?色んな意味で不思議ちゃんすぎるピットブルがネット上で話題に!詳細はこちら・・・

ガンで寝たきりになった愛犬→台車を使って毎日散歩へ連れ出した時、奇跡が起きた…!

今から8年前、アメリカのフロリダ州にお住いのジョーイ・マクウェルさんが施設である犬と出会いました。 …

大学の授業中に颯爽と猫が出現したかと思いきや、堂々と居眠りする様子が話題に!

ここはマレーシアの大学です。 この大学には優秀な猫さんがいるようです。 机を1つ独占して、ちゃんと教 …

ケンカ中の猫たちと夏に浮かれていた犬の喜劇の斜め上な結末に思わず吹き出す!

一緒に暮らしていると、些細なことで喧嘩してしまいますよね。 それはペットたちも同じようです。 とある …

本当の性格を隠していた元闘犬が犯罪者のもとから救出され、本来の性格を見せられる環境を手に入れる!

本当の性格を隠していた元闘犬!無事に犯罪者のもとから救出され、本来の優しい性格を発揮できる環境を手に入れた・・・

PREV : W杯を終えた日本代表を迎えたスタッフの素敵な行動に目頭が熱くなる・・・
「どうしてそこまで!?」W杯の日本対ベルギー戦を前に台湾人がとった行動に驚きの声続々! : NEXT