Lenon


Lenonをフォローしよう!


行き場を失ったミニブタが猫の保護団体に引き取られた結果・・・


猫とミニブタ

アメリカのインディアナ州にある保護団体『Here Kitty Kitty Rescue(HKKR)』は、

猫専門の保護団体です。

しかし異なる動物でも同じ命、時には猫とは違う動物も保護しています。

HKKRのスタッフであるジェニファーさんは、

猫の保護に向かった先でポットベリードピッグの「ポーカー」と出会いました。

生後3ヶ月で体重は13キロほどありましたが、

他にも保護しているミニブタと『ピグミーゴート(超小型ヤギ)』が2頭いたので引き取ることにしたのです。

施設に到着するとたくさんの猫たちから歓迎されましが、

ポーカー自身はここに馴染むことができるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

目が見えない犬が井戸に転落!長い間耐えられていたのには子供たちの存在があった・・・

盲目のクリスマス ある日、 「クリスマス」という名前の目が見えない老犬が深さが約8メートルもある井戸 …

違反していることを承知の上で瀕死の子熊を助け出した男性に称賛の声が世界中から続々!

瀕死の子熊 あなたの目の前に瀕死の状態で横たわる動物がいた時、あなたならどうしますか? しかも、この …

14匹の犬は体も心もボロボロで絶望しか漂っていなかった→そんな彼らが人間に尻尾を振ってくれるようになるまで…!

民家に14匹の犬 アメリカはテキサス州のエーブル・スプリングスでドックファイティング用の犬たちが隠れ …

飼い主と犬が保護施設で奇跡的に再会!しかし、犬はただ残酷な現実を思い知るのみだった・・・

アメリカにある動物ケアセンターで、この悲しい出来事は起きてしまいました。 アメリカのカリフォルニア州 …

足の不自由なワンちゃんと飼い主が半年ぶりの再会!ワンちゃんが必死に駆け寄る姿に感動…!

皆さんはワンちゃんはお好きですか? 筆者は大好きです。 声をかけると嬉しそうに尻尾を振ってこちらに来 …

PREV : W杯を終えた日本代表を迎えたスタッフの素敵な行動に目頭が熱くなる・・・
「どうしてそこまで!?」W杯の日本対ベルギー戦を前に台湾人がとった行動に驚きの声続々! : NEXT