Lenon


Lenonをフォローしよう!


行き場を失ったミニブタが猫の保護団体に引き取られた結果・・・


猫とミニブタ

アメリカのインディアナ州にある保護団体『Here Kitty Kitty Rescue(HKKR)』は、

猫専門の保護団体です。

しかし異なる動物でも同じ命、時には猫とは違う動物も保護しています。

HKKRのスタッフであるジェニファーさんは、

猫の保護に向かった先でポットベリードピッグの「ポーカー」と出会いました。

生後3ヶ月で体重は13キロほどありましたが、

他にも保護しているミニブタと『ピグミーゴート(超小型ヤギ)』が2頭いたので引き取ることにしたのです。

施設に到着するとたくさんの猫たちから歓迎されましが、

ポーカー自身はここに馴染むことができるのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

脱走癖のあるハムスターの脱走経路を暴くために観察したら衝撃のルートだった…!

ハムスターは、小さくて袋にヒマワリの種などのエサを頬張る姿など、仕草がとても可愛らしいですよね。 誰 …

ご主人がくしゃみしたら、とばっちりを受けた子猫…ご主人から笑われっぱなし!

廊下に、2匹の子猫と一回り大きい猫が1匹が居ます。 1匹の子猫がしきりにピンポン玉で遊んでいます。 …

アウトドア旅行前日という時に捨て猫2匹を保護→だったら一緒に連れて行っちゃおう!

ある日、子猫2匹が公園で捨てられていました。 それを発見したのはひとりの女性。 あまりに汚れた子猫に …

保護されたのに痩せたまま体調が優れないピットブル!その原因は意外なものだった・・・

痩せ細っていたピットブルを保護したものの、一向に痩せたまま体調が優れない!その原因は、意外なものだった!?詳細はこちら・・・

「ただ今子育て頑張ってます」家族が増えて誇らしげなお母さんワンちゃん7選!

安産の象徴である犬は、小型犬以外はたくさんの子犬を生みます。 そのため子犬たちのお世話は大変で、ミル …

PREV : W杯を終えた日本代表を迎えたスタッフの素敵な行動に目頭が熱くなる・・・
「どうしてそこまで!?」W杯の日本対ベルギー戦を前に台湾人がとった行動に驚きの声続々! : NEXT