Lenon


Lenonをフォローしよう!


身勝手な理由で捨てられたワンちゃんがプレゼントされたセーターで幸せを掴む!


ブランシェの本来の性格

カリフォルニア州にある

「Marley’s Mutts Dog Rescue(MMDR)」に所属している預かりボランティアの、

シャノンさんとエイミーさんは連絡を受け、安楽死直前のブランシを迎えに行きました。

そして獣医に診てもらった結果、クッシング症候群と切除不可能な腫瘍が乳房にあることが判明しました。

冷え性なブランシェのためにMMDRがSNS上でセーターの寄付を呼びかけた所、

多くの人からセーターが送られてきました。

エイミーさんはモリーとグレイシーの預かりもしているのですが、

ブランシェはしばらくして2匹のフードを盗み食いするなど本来の性格が出てきているそうです。

ブランシェの被毛は生えそろって来ましたが、それでも暖かい毛布に潜り込むことは止められません。

またモリーとグレイシーの助けもあって、分かち合うことや遊ぶことを学びました。

新しい家族

ブランシェは日向ぼっこやドライブが大好きで、

セーターをおしゃれに着こなして外に出ることが日課となっています。

ブランシェの体調は良好で乳房腫瘍は手術こそできないものの、進行は遅く日常生活に支障はないそうです。

クリスマスの数日前、

ブランシェのことを知ったパトリシア・クックさんと言う女性が彼女を引き取りました。

クック夫妻は他にも4匹のシニア犬と2匹の猫を飼っています。

ブランシェについてクック夫妻は、「シニア犬と思えないほど元気で可愛い」と話します。

もしシニアだからという理由で引き取ることを避けていたら、

ブランシェの魅力に気付くことはできなかったでしょう。

皆さんも犬を飼う際は、そういった基準を取り外して選ぶことをおすすめします。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

犬たちが寒さに震えないようにいらないセーターを使って編み出されたアイデアが素晴らしい!

寒さ対策が思わぬ縁を呼び寄せた!靴下をセーターとして子猫に着させたらみんなメロメロに・・・

へその緒が取れないで痛みに苦しんでいた子猫を救った”魔法のアイテム”とは?

飼い主の深い愛情を受けて前向きに生きる、前足がない2匹のチワワたちに胸が熱くなる…!

玄関先で発見した手紙とピザと捨て犬に対して家主がとった行動がまさかの結果をもたらす!

出典:The Dodo/Instagram



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

市役所でのんびり暮らしていた保護猫が生中継されている市長会見に乱入してみんなの視線を釘付けに!

ある市役所で自由気ままに暮らしていた保護猫!ある日、生中継されている市長会見に乱入し、みんなの視線を釘付けにしてしまう(笑)

ベッドを2階に運んでいたら途中で…猫さんの悲しすぎる結末がこちら・・・

猫の長い髭はアンテナの役割をしています。 その機能で、狭い隙間や高い場所の距離感を測っているのです。 …

「涙が止まらない」おばあちゃんと柴犬が写る1枚の愛情がこもった写真に13万いいね!

おばあちゃんと柴犬が写った、Instagramに投稿された1枚の写真に13万いいねがついて話題に!「涙が止まらない」と言うコメントも・・・

猫の後ろ足を引っ張る赤ちゃん!?そんな危険そうな動画がネットで大人気になった理由とは?

猫と赤ちゃん よく動画サイトで、猫と赤ちゃんのほのぼのした様子が写されたものがありますよね。 筆者も …

空想上の生物と考えられていたツチノコ…しかし現代になって目撃情報が続々と!?

日本に生息すると言われている未確認生物(UMA)のひとつツチノコ。 ツチノコは頭が大きく、胴体の部分 …

PREV : W杯で自国が敗れた後に泣きながらゴミ拾いをする日本人サポーターに海外で称賛の声続々!
W杯を終えた日本代表を迎えたスタッフの素敵な行動に目頭が熱くなる・・・ : NEXT