Lenon


Lenonをフォローしよう!


身勝手な理由で捨てられたワンちゃんがプレゼントされたセーターで幸せを掴む!


理不尽な捨てられ方

ロサンゼルス郊外のシェルターに、ある日1匹の犬が引き渡されました。

14歳の「ブランシェ」と言う名の犬は、飼い主さんと親が揉めた末に、

親の腹いせによって連れて来られたのです。

ボランティアのエイミーさんによるとブランシェは低体重で脱毛だらけ、

歯の状態も酷かったので6本抜くことになるなど、全身がボロボロだったと語っています。

シェルターに引き渡されてから9日後の安楽死執行当日、

飼い主さんがブランシェを連れ戻しにやってきました。

しかし今までにかかった医療費や罰金、

保管料を請求するとブランシェの代わりとなる犬の引き取りに応募したのです。

流石にシェルター側も応募を拒否したとのことで、

このような無責任な飼い主さんのもとに犬が戻らなくて本当に良かったと思います。

人間の身勝手さに振り回されたブランシェのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

困惑と癒し?猫と犬を同時に飼うと後悔したくなる10の理由をご覧ください・・・

猫と犬は交配しても当然子供は産まれません。 でも種別を超えてもとても仲良し。 そんな姿に飼い主が後悔 …

飼い主に隠れてクリスマスのアレを全て食べてしまったワンちゃんは歩けなくなるほど太ってしまい…!

誕生日やクリスマスになると、お祝い事やパーティーの食卓にはご馳走が並びます。 人間にとって美味しいも …

望まぬ形であろう最期を迎えようとしていた猫→ペット用品店で暮らし始め、幸せで掴んで最期を見事に免れる!

ペットとして犬よりも猫の飼育頭数が上回っている日本ですが、ペットの殺処分は依然として続いています。 …

身も心も傷ついていた野良犬がつらい過去から解放され、本来の性格を見せてくれた!

野良犬仲間との喧嘩によって、身も心も傷ついていた「ヒューゴ」と言う野良犬!つらい過去から解放され、本来の性格を見せてくれた・・・

ヒーターへ必死にピ〜ンッとおててを伸ばして温まろうとする柴犬の幸せそうな姿に癒される・・・

今回は柴犬の子犬がヒーターに手をかざして暖まる様子が可愛い、と話題になっているのでご紹介します。 話 …

PREV : W杯で自国が敗れた後に泣きながらゴミ拾いをする日本人サポーターに海外で称賛の声続々!
W杯を終えた日本代表を迎えたスタッフの素敵な行動に目頭が熱くなる・・・ : NEXT