Lenon


Lenonをフォローしよう!


身勝手な理由で捨てられたワンちゃんがプレゼントされたセーターで幸せを掴む!


理不尽な捨てられ方

ロサンゼルス郊外のシェルターに、ある日1匹の犬が引き渡されました。

14歳の「ブランシェ」と言う名の犬は、飼い主さんと親が揉めた末に、

親の腹いせによって連れて来られたのです。

ボランティアのエイミーさんによるとブランシェは低体重で脱毛だらけ、

歯の状態も酷かったので6本抜くことになるなど、全身がボロボロだったと語っています。

シェルターに引き渡されてから9日後の安楽死執行当日、

飼い主さんがブランシェを連れ戻しにやってきました。

しかし今までにかかった医療費や罰金、

保管料を請求するとブランシェの代わりとなる犬の引き取りに応募したのです。

流石にシェルター側も応募を拒否したとのことで、

このような無責任な飼い主さんのもとに犬が戻らなくて本当に良かったと思います。

人間の身勝手さに振り回されたブランシェのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

肌寒い日に、愛犬に毛布を貸してあげた→翌朝庭に行くと胸が熱くなる光景を見た!

毛布と言えば大抵寝る時に、しかも寒い時に使うのが定番と思います。 動物を庭で飼っているご家庭でも寒い …

病気の猫を連れているとタクシーに何度も乗車拒否された!やっと乗せてくれたドライバーは・・・

ペットを飼われているみなさん。 その子が病気になった時、どのような方法で動物病院まで連れていきますか …

「だ、騙されたニャ!」これから爪切りすることが猫にバレた結果・・・(笑)

一般的な猫ちゃんは、水浴びをさせられるのと同じくらい爪切りを嫌がります。 飼い主さんがいざ爪切りをし …

5匹の子ネコに大人気なミニ馬→しかし、その人気に嫉妬心だだ漏れの動物が…爆笑の動物劇場!

ごった煮の楽園!? 乗馬などの様々な動物と触れ合うことのできる長野県佐久市にあるスエトシ牧場。 この …

そんなバカな…!ウサギが脱出を成功させた瞬間を捉えた衝撃映像がこちら!

動物は基本的に自由を好むものですよね。 それを人間の都合でケージに入れようとしても、なかなかおとなし …

PREV : W杯で自国が敗れた後に泣きながらゴミ拾いをする日本人サポーターに海外で称賛の声続々!
W杯を終えた日本代表を迎えたスタッフの素敵な行動に目頭が熱くなる・・・ : NEXT