Lenon


Lenonをフォローしよう!


身勝手な理由で捨てられたワンちゃんがプレゼントされたセーターで幸せを掴む!


理不尽な捨てられ方

ロサンゼルス郊外のシェルターに、ある日1匹の犬が引き渡されました。

14歳の「ブランシェ」と言う名の犬は、飼い主さんと親が揉めた末に、

親の腹いせによって連れて来られたのです。

ボランティアのエイミーさんによるとブランシェは低体重で脱毛だらけ、

歯の状態も酷かったので6本抜くことになるなど、全身がボロボロだったと語っています。

シェルターに引き渡されてから9日後の安楽死執行当日、

飼い主さんがブランシェを連れ戻しにやってきました。

しかし今までにかかった医療費や罰金、

保管料を請求するとブランシェの代わりとなる犬の引き取りに応募したのです。

流石にシェルター側も応募を拒否したとのことで、

このような無責任な飼い主さんのもとに犬が戻らなくて本当に良かったと思います。

人間の身勝手さに振り回されたブランシェのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

保護した赤ちゃんコウモリにバナナをあげてみた時の様子が可愛すぎる…!

赤ちゃんコウモリを保護!バナナをあげてみると、コウモリのイメージからは良い意味でかけ離れた可愛すぎる行動を取った・・・

引っ越しのついでに粗大ゴミと一緒に捨てられた犬!その後の行動に心震える・・・

皆さんは犬は好きですか? 筆者は猫も好きなのですが、元気で活発な一緒に遊んでいると凄く楽しい犬もとて …

ボロボロの状態で森に捨てられていたゴールデンドゥードルの保護されて3ヶ月の姿をご覧ください…!

ボロボロの状態で森に捨てられていたゴールデンドゥードルと言う犬種のワンちゃんを保護!そして3ヶ月後の姿がこちら・・・

興味津々に覗く二つの目線→もっとかわいい光景へ変わった瞬間がこちら!

ドアのわずかなガラス部分から、部屋を覗き込むかわいい目線が二つ。 その向こうにはなにがあるのか、二人 …

足が3本しかない猫!しかし、誰よりも強靭なハートを持っています・・・

3本足の猫 あるカップルがアメリカのラスベガス郊外にある「レッドロックキャニオン国立保護区」を訪れ、 …

PREV : W杯で自国が敗れた後に泣きながらゴミ拾いをする日本人サポーターに海外で称賛の声続々!
W杯を終えた日本代表を迎えたスタッフの素敵な行動に目頭が熱くなる・・・ : NEXT