Lenon


Lenonをフォローしよう!


身勝手な理由で捨てられたワンちゃんがプレゼントされたセーターで幸せを掴む!


理不尽な捨てられ方

ロサンゼルス郊外のシェルターに、ある日1匹の犬が引き渡されました。

14歳の「ブランシェ」と言う名の犬は、飼い主さんと親が揉めた末に、

親の腹いせによって連れて来られたのです。

ボランティアのエイミーさんによるとブランシェは低体重で脱毛だらけ、

歯の状態も酷かったので6本抜くことになるなど、全身がボロボロだったと語っています。

シェルターに引き渡されてから9日後の安楽死執行当日、

飼い主さんがブランシェを連れ戻しにやってきました。

しかし今までにかかった医療費や罰金、

保管料を請求するとブランシェの代わりとなる犬の引き取りに応募したのです。

流石にシェルター側も応募を拒否したとのことで、

このような無責任な飼い主さんのもとに犬が戻らなくて本当に良かったと思います。

人間の身勝手さに振り回されたブランシェのその後は、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

バスで優しく猫を抱き上げている老紳士の写真に心温まること間違いなし・・・

今回ご紹介するのは、バスで猫を優しく抱き上げている老紳士の写真です…!これらの写真を見ればきっと心温まるでしゅ・・・

2年前に別れた飼い主と猫が「声」で対面をした結果に涙が止まらない・・・

「犬は三日の恩を三年忘れず、猫は三年の恩を三日で忘れる」という諺があります。 犬は、餌をもらい可愛が …

全身がモコモコした毛で覆われている「ギャロウェイ」と言う牛を知っていますか?

私たちの食生活で、大変お世話になっている家畜の牛。 和牛やオーストラリアなどから輸入されている肉牛と …

モコモコ毛を生やしすぎて命の危機に晒されていた羊→毛刈り職人が決死の技術で命を救う!

動物保護団体に保護された『モコモコすぎる羊』 有袋類などの珍しい動物の宝庫・オーストラリア。 そんな …

この子猫は母猫に捨てられ、死ぬ寸前にまで追いやられていた→奇跡へと導いたのはなんと別の母猫だった…!

近頃、温暖化の影響なのか世界中でスーパー台風レベルの嵐が頻繁に発生しています。 住宅の崩壊、河川の氾 …

PREV : W杯で自国が敗れた後に泣きながらゴミ拾いをする日本人サポーターに海外で称賛の声続々!
W杯を終えた日本代表を迎えたスタッフの素敵な行動に目頭が熱くなる・・・ : NEXT