Lenon


Lenonをフォローしよう!


昔から猫が嫌いだった男性がたまたま出会った子猫に命を救われ、人生が180度変化する!


PTSDを患った猫嫌い

救急隊員として働いていた男性は、数ヶ月前にPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されました。

この障害について、男性は次のように語ります。

「私は毎晩のように悪夢にうなされ、夢の中では何かに追われて運転をしていました。」

救急隊員の男性は仕事柄、衝撃的な現場で人の命を救ってきました。

また、この職業の方は命を救えなかった時のショックも大きいとのこと。

そんな心の病に苦しんでいる時に、1匹の子猫と出会うことになります。

悪夢から逃れるため、お酒に依存するようになった男性は症状が悪化する一方でした。

そんな中、友人のパーティーで子猫の里親にならないかと声を掛けられます。

場の雰囲気と気分が高揚しているせいもあり、

猫嫌いでありながら子猫を引き取ることに同意してしまいました。

猫嫌いで飼ったこともない男性ですが、一体どうなってしまうのでしょう?

その後の展開は、次のページで詳しくお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

火事で家が全焼したものの、巻き込まれて行方不明になっていた猫と奇跡的に再会できた理由とは?

カリフォルニア州のある街で、大規模な火災が起きました。 ローラさん一家の家は、その火災のため全焼して …

泥すら食べながら必死に生きようとしていた子猫が奇跡的に回復し・・・

必死に生き延びようと泥すら食べていた子猫!獣医師からは生き延びるのは無理だと宣告されたものの、その後奇跡的に回復し・・・

猫のパパになった気分?どこへ行くにも猫を肩に乗せて歩く男性の2年後・・・

育児放棄されたスティンキー 何匹か一緒に生まれた兄弟の中で、特に小さな猫がいました。 名前はスティン …

長年一緒だった愛猫とのお別れ→その後保護施設を訪ねると天国へと旅立った愛猫にそっくりな子猫が…!

アダムさんが保護施設で出会ったその猫は『モルダー』と言いました。 モルダーはニューヨークの路上で保護 …

この猫はいつも悲しそうな瞳をしていた→そんな猫が幸せな暮らしを手に入れた結果…!

動物達の顔にもそれぞれの特徴があります。 また彼らはとても表情豊かで、すねたり怒ったりもします。 一 …

PREV : 子育てに追い詰められて大声を出した母親に対して隣の奥様がとった行動に心温まる・・・
W杯でロシアの人々がハチマキを巻いて日本を応援してくれていた理由に感動・・・ : NEXT