Lenon


Lenonをフォローしよう!


昔から猫が嫌いだった男性がたまたま出会った子猫に命を救われ、人生が180度変化する!


PTSDを患った猫嫌い

救急隊員として働いていた男性は、数ヶ月前にPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されました。

この障害について、男性は次のように語ります。

「私は毎晩のように悪夢にうなされ、夢の中では何かに追われて運転をしていました。」

救急隊員の男性は仕事柄、衝撃的な現場で人の命を救ってきました。

また、この職業の方は命を救えなかった時のショックも大きいとのこと。

そんな心の病に苦しんでいる時に、1匹の子猫と出会うことになります。

悪夢から逃れるため、お酒に依存するようになった男性は症状が悪化する一方でした。

そんな中、友人のパーティーで子猫の里親にならないかと声を掛けられます。

場の雰囲気と気分が高揚しているせいもあり、

猫嫌いでありながら子猫を引き取ることに同意してしまいました。

猫嫌いで飼ったこともない男性ですが、一体どうなってしまうのでしょう?

その後の展開は、次のページで詳しくお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

扉にぶら下がる赤ちゃんパンダ!「もっと遊びたい~」と訴える姿がかわいすぎる・・・

パンダって、何をしていても可愛いですよね。 起きていても笹を食べていても寝ていても可愛い、その姿や行 …

ビクビクしながらも滑り台に挑戦する好奇心旺盛な子犬に頬が緩む・・・(笑)

今回ご紹介する子犬はとても好奇心旺盛!ビクビクしながらも果敢に滑り台に挑戦する姿に思わず頬が緩む(笑)詳細はこちら・・・

ウルトラマンが見守る、拾われた小さな子猫の成長記録にほっこり…「こんなに小さかったのに・・・」

まるで我が子を見守るかのようなポーズを決めたウルトラマンの人形と、安心した寝顔でスヤスヤと気持ちよく …

「ペット禁止」の規則を破った男性に対し、大家さんがとった対応とは…?

建物が「ペット禁止」であったにも関わらず、その規則を破っていた男性!そのことに気づいた大家さんの意外な対応がこちら・・・

殺処分される直前で救われた子猫を温かく迎えてくれたのは4匹の犬だった…!

行き場のない動物が保護シェルターに引き取られても、仕方がなく殺処分にされてしまうケースがあります。 …

PREV : 子育てに追い詰められて大声を出した母親に対して隣の奥様がとった行動に心温まる・・・
W杯でロシアの人々がハチマキを巻いて日本を応援してくれていた理由に感動・・・ : NEXT