Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間の見世物に利用され、鼻やあごを失ってしまった犬→過去に同じような経験を受けた里親と育まれた絆に感動…!


虐待イベント、ブルベイティング

今では違法とされている「ブルベイティング」というイベントに利用され、虐待を受けていた犬がいます。

名前は「サブ」

misemono1

あるシェルターで保護されたサブは鼻とあごを失っていました。

この傷はブルベイティングというイベントに利用されていたためについた傷でした。

ブルベイティングとは、19世紀のイギリスで行われていた見世物です。

鎖に繋がれた雄牛に対して数等の犬を放ち戦わせるという、何とも痛ましくて非常識な許せない娯楽でした。

今では非合法なものの何処かでイベントは行われ、それに参加させられた犬はサブのような虐待を受けていたのです。

聞いただけで涙の出るような可哀想で恐ろしい話です。

misemono2

保護されたシェルターでは里親探しが行われました。

鼻とあごを失って怯えているサブに引き取り手が見つかるのか心配されました。

しかしパディーさんという男性が引き取り手に名乗り出て、飼い主になりました。

里親が現れたのは良いのですが、サブの心の傷は痛々しく、深く、簡単には癒すことが出来なかったのです。

サブと里親の感動ストーリーの続きは、次のページからご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主さんとラブラブなキツネ!じゃれる時の嬉しそうな顔に思わずにっこり・・・

キツネ キツネはよく物語に登場します。 大抵は悪者役で、人を騙したり卑怯な手を使ったりする時に使われ …

パピーミルの悲惨な現状を社会に訴えるため1匹のチワワが自らの命を懸けて奔走した…!

パピーミルが今、社会問題になっていることをご存知でしょうか? 日本ではあまり聞かない問題かもしれませ …

パン型の犬用ベッドにかわいく挟まれた結果、リアル『ホットドッグ』になった柴犬をご覧ください!

ホットドッグの由来 ホットドッグ、直訳してしまうと『温かい犬』です(笑)。 とても違和感があるのに、 …

トランクから「こんにちワン!」一緒に乗りたくなる顔を出した可愛いワンちゃんたち7連発!

みんなニコニコ! ワンちゃんが同乗している車を時々見かけますが、 乗り込みたくなるほど可愛いお顔を覗 …

体重を計るワンちゃんに飼い主が言ったあの言葉はワンちゃんの乙女心も傷つけてしまう…!

そろそろ夏本番。 海やプールと露出が増える季節ですね。 多くの女性が水着を着るために、少しでも痩せよ …

PREV : 「もう5分だけ」せがむ娘を遊ばせる父親→その理由は悲しい過去にあった・・・
センス輝きすぎで吹いた(笑)「おじいちゃんがいるのは仏壇とお墓、どっち?」に対する母の的確な回答! : NEXT