Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間の見世物に利用され、鼻やあごを失ってしまった犬→過去に同じような経験を受けた里親と育まれた絆に感動…!


虐待イベント、ブルベイティング

今では違法とされている「ブルベイティング」というイベントに利用され、虐待を受けていた犬がいます。

名前は「サブ」

misemono1

あるシェルターで保護されたサブは鼻とあごを失っていました。

この傷はブルベイティングというイベントに利用されていたためについた傷でした。

ブルベイティングとは、19世紀のイギリスで行われていた見世物です。

鎖に繋がれた雄牛に対して数等の犬を放ち戦わせるという、何とも痛ましくて非常識な許せない娯楽でした。

今では非合法なものの何処かでイベントは行われ、それに参加させられた犬はサブのような虐待を受けていたのです。

聞いただけで涙の出るような可哀想で恐ろしい話です。

misemono2

保護されたシェルターでは里親探しが行われました。

鼻とあごを失って怯えているサブに引き取り手が見つかるのか心配されました。

しかしパディーさんという男性が引き取り手に名乗り出て、飼い主になりました。

里親が現れたのは良いのですが、サブの心の傷は痛々しく、深く、簡単には癒すことが出来なかったのです。

サブと里親の感動ストーリーの続きは、次のページからご覧ください。



1
2

この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

テレビを壊した凶悪犯は可愛い顔したアイツ!確保して懲役刑を科したものの…(笑)

Twitterユーザーのユウキレイ(@YuukiRay)さんのお宅で大事件が発生しました。 なんとリ …

家に帰ると玄関に見知らぬかわいいお客さん!しかし保護するまでどいてくれないようなので・・・

可愛らしい来訪者? 路地裏や公園でも目にする猫。 小さい子猫も可愛いですが、大きくなった猫も魅力的。 …

柴犬とおじいさんの終わることのない熱いハグ!お互いに愛情を確かめ合う姿にほっこり・・・

犬を飼ったことのある人なら絶対に共感できるのではないでしょうか? 2泊3日の旅行から帰ってくると、 …

今にも死にそうな犬をカップルが発見→起き上がったその姿に思わずギョッとして鳥肌が立った…!

アメリカはフロリダ州の中央に位置するエバーグレーズでのことです。 1組のカップルが高速道路を下りたと …

猫が親友のワンちゃんに自分の子供を紹介した→ワンちゃんのリアクションに胸キュン不可避!

久しぶり! 街で偶然昔の友達に会ったら、懐かしさがこみ上げて話が弾みますね。 学生時代にの親友とばっ …

PREV : 「もう5分だけ」せがむ娘を遊ばせる父親→その理由は悲しい過去にあった・・・
センス輝きすぎで吹いた(笑)「おじいちゃんがいるのは仏壇とお墓、どっち?」に対する母の的確な回答! : NEXT