Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間の見世物に利用され、鼻やあごを失ってしまった犬→過去に同じような経験を受けた里親と育まれた絆に感動…!


虐待イベント、ブルベイティング

今では違法とされている「ブルベイティング」というイベントに利用され、虐待を受けていた犬がいます。

名前は「サブ」

misemono1

あるシェルターで保護されたサブは鼻とあごを失っていました。

この傷はブルベイティングというイベントに利用されていたためについた傷でした。

ブルベイティングとは、19世紀のイギリスで行われていた見世物です。

鎖に繋がれた雄牛に対して数等の犬を放ち戦わせるという、何とも痛ましくて非常識な許せない娯楽でした。

今では非合法なものの何処かでイベントは行われ、それに参加させられた犬はサブのような虐待を受けていたのです。

聞いただけで涙の出るような可哀想で恐ろしい話です。

misemono2

保護されたシェルターでは里親探しが行われました。

鼻とあごを失って怯えているサブに引き取り手が見つかるのか心配されました。

しかしパディーさんという男性が引き取り手に名乗り出て、飼い主になりました。

里親が現れたのは良いのですが、サブの心の傷は痛々しく、深く、簡単には癒すことが出来なかったのです。

サブと里親の感動ストーリーの続きは、次のページからご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

奇跡を起こした助けを求める鳴き声!ある出会いから瀕死の子猫が幸せになるまでの道のり・・・

微かな子猫の声 ギリシアの島に住んでいるジョアンさんは、複数の猫達を世話していました。 ある日いつも …

ワンちゃんも夏バテで食欲減退!?夏バテしたワンちゃんでも美味しく食べられるご飯のレシピがこちら!

犬の夏バテ 夏になるとその暑さから食欲が落ち、なんだか体がだるくなりませんか? 俗にいう夏バテですね …

薪ストーブの魔力から離れられない…!特等席で幸せそうにする黒柴の表情が微笑ましい・・・

Twitterユーザーのはしもとみおさん(@hashimotomio)は、犬や猫などの動物を木彫りで …

友達になろうと子猫に一生懸命話しかけるシベリアンハスキーが可愛すぎる!

ペットを飼いたいと思う時、犬にしようか猫にしようか悩むことはありませんか。 すでに犬を飼っているのだ …

冷たい川から引き上げた時には心臓が止まっていたオオカミ!しかも体の中にはもっと最悪なものが・・・

冷たい川から引き上げた時にオオカミの心臓は止まっていた!しかもその体の中から、もっと最悪なものが発見された・・・

PREV : 「もう5分だけ」せがむ娘を遊ばせる父親→その理由は悲しい過去にあった・・・
真夜中、いつものように眠る息子→その時ラブラドールは彼の命の危機を警告!背筋が凍るような事態に・・・ : NEXT