Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間の見世物に利用され、鼻やあごを失ってしまった犬→過去に同じような経験を受けた里親と育まれた絆に感動…!


虐待イベント、ブルベイティング

今では違法とされている「ブルベイティング」というイベントに利用され、虐待を受けていた犬がいます。

名前は「サブ」

misemono1

あるシェルターで保護されたサブは鼻とあごを失っていました。

この傷はブルベイティングというイベントに利用されていたためについた傷でした。

ブルベイティングとは、19世紀のイギリスで行われていた見世物です。

鎖に繋がれた雄牛に対して数等の犬を放ち戦わせるという、何とも痛ましくて非常識な許せない娯楽でした。

今では非合法なものの何処かでイベントは行われ、それに参加させられた犬はサブのような虐待を受けていたのです。

聞いただけで涙の出るような可哀想で恐ろしい話です。

misemono2

保護されたシェルターでは里親探しが行われました。

鼻とあごを失って怯えているサブに引き取り手が見つかるのか心配されました。

しかしパディーさんという男性が引き取り手に名乗り出て、飼い主になりました。

里親が現れたのは良いのですが、サブの心の傷は痛々しく、深く、簡単には癒すことが出来なかったのです。

サブと里親の感動ストーリーの続きは、次のページからご覧ください。

1
2



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

kosibainu

超キュートな柴犬保育園!小柴犬4匹が並んで仲良くお昼寝している姿に頬が緩んじゃう(笑)

柴犬の子が4匹、仲良く並んでお昼寝しています。 よほど 疲れたのでしょうね。 動画を撮られていること …

sindo

毛が絨毯のようになってしまい、不自由な思いをしていた猫!毛を刈るとこんな姿に・・・

ある老人と一緒に暮らしていた1匹のペルシャ猫。 名前はシンドバッド君。 顔は普通の猫なのに体はとても …

nekogps

夜間出歩く猫をGPSで追ってみたら、凄まじい行動力だったことが判明…!

猫は動物の中でも自由奔放なイメージがありますね。 女性として猫が例えられることもあります。 男性の中 …

doberuman

3歳の女の子の頼れるボディーガードは1歳のドーベルマン!1人と1匹の微笑ましい関係に癒される・・・

アメリカのシエナちゃんは3歳の女の子。 彼女にはとっても頼りになるボディガードがいます。 それは1歳 …

jakuson

まだ小さい2匹の子猫を保護したのは、優しいお母さんとなった先住犬だった・・・

ジャクソンさんは、保護したワンちゃんと共に暮らしていました。 ある日、その保護犬が2匹の子猫を保護施 …

gohun
PREV : 「もう5分だけ」せがむ娘を遊ばせる父親→その理由は悲しい過去にあった・・・
ojiityan
センス輝きすぎで吹いた(笑)「おじいちゃんがいるのは仏壇とお墓、どっち?」に対する母の的確な回答! : NEXT