Lenon


Lenonをフォローしよう!


人間の見世物に利用され、鼻やあごを失ってしまった犬→過去に同じような経験を受けた里親と育まれた絆に感動…!


虐待イベント、ブルベイティング

今では違法とされている「ブルベイティング」というイベントに利用され、虐待を受けていた犬がいます。

名前は「サブ」

misemono1

あるシェルターで保護されたサブは鼻とあごを失っていました。

この傷はブルベイティングというイベントに利用されていたためについた傷でした。

ブルベイティングとは、19世紀のイギリスで行われていた見世物です。

鎖に繋がれた雄牛に対して数等の犬を放ち戦わせるという、何とも痛ましくて非常識な許せない娯楽でした。

今では非合法なものの何処かでイベントは行われ、それに参加させられた犬はサブのような虐待を受けていたのです。

聞いただけで涙の出るような可哀想で恐ろしい話です。

misemono2

保護されたシェルターでは里親探しが行われました。

鼻とあごを失って怯えているサブに引き取り手が見つかるのか心配されました。

しかしパディーさんという男性が引き取り手に名乗り出て、飼い主になりました。

里親が現れたのは良いのですが、サブの心の傷は痛々しく、深く、簡単には癒すことが出来なかったのです。

サブと里親の感動ストーリーの続きは、次のページからご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

多くの人が知らない絶句してしまうような象牙に隠された事実に対し、ある国が下した決断によって多くの命が助かったことで賞賛の声続々!

象牙の加工品で有名な中国。 その中国が2017年の内に、国内の象牙取引を全面廃止するという決断をしま …

袖にハマって幸せそうな猫さん→くつろぐうちに同居猫が乗ってきて、あら大変(笑)

猫は狭くて暖かいところが大好きです。 私たち人間が見ると、「大丈夫?」と思う所でもハマってしまうこと …

飼い主と1週間ぶりに会えて喜びが止まらない元野良犬にほっこり・・・

元は野良犬だったパッチに試練!なんと飼い主さんと1週間会えない事態に…!そして1週間ぶりにあえて喜びが止まらない・・・

ダメだと注意されてもついついズル賢さが働く掟破りをしでかしたワンちゃん10選!

あなたが飼っている愛犬には、どうしてものってはいけない場所や部屋を言い渡していますか? その場所で大 …

職場近くのゴミ箱で見つけた猫を6年間車の中で眠らせ、毎日お世話し続けた結果…!

職場近くのゴミ箱で猫を発見!その後6年間車の中で眠らせ、毎日のようにお世話し続けていると猫に変化が起きた・・・

PREV : 「もう5分だけ」せがむ娘を遊ばせる父親→その理由は悲しい過去にあった・・・
真夜中、いつものように眠る息子→その時ラブラドールは彼の命の危機を警告!背筋が凍るような事態に・・・ : NEXT