Lenon


Lenonをフォローしよう!


触られることにすら怯えていた、オオカミと犬の間に生まれた動物が心を開くまでの軌跡!


この動物は犬?

とある1匹の犬が、ロサンゼルスの郊外でさまよっているところを発見されました。

駆けつけた救助隊が犬を囲み、なんとか保護することができたそうです。

どこにも居場所がなく、フラフラと街をさまよっていた野生の犬に見えますが、

救助隊たちはその犬に対してどこか違和感を覚えます。

何かがおかしいと気付いた救助隊の感覚は、後にその違和感が正しかったことが判明します。

彼はただの犬ではなく、正確にはオオカミと犬の雑種だったのです。

この雑種犬はWOLF動物保護の管理者であるミシェルさんが助けると決め、彼を連れ帰りました。

オオカミと犬の雑種と聞けば多くの人は珍しく感じるかもしれませんが、実はよくあることなのだそうです。

保護された雑種犬のその後については、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

まるでコント?全力でシッポをフリフリしているワンちゃんの後ろで・・・(笑)

シッポをフリフリ 犬にとって、シッポの動きは大切な意思表示の手段です。 シッポを上げて元気に振ってい …

もう助からないだろうと予想されていた名ばかりのブリーダーに見捨てられた子犬の運命は…?

ボストンテリア この子は「ボストンテリア」という犬種の犬です。 お分かりいただけますか? ボストンテ …

鎖に繋がれ、飼育放棄されていたピットブルは4年間ずっと独りぼっちだった・・・

ペットの最期までその命を預かる覚悟がなくて、ペットを飼う人が多いのには驚きます。 なぜ、こんな無責任 …

愛犬がいつも息子の右側にいるようにしている→気になって病院で診てもらった結果…!

長い間人間と一緒に暮らして来た犬は、人の感情を察知する事が出来ます。 それはとても微笑ましいことです …

湖で泳いでいた飼い主が動かず、危険な匂いを感じ取った犬が湖へ決死のジャンプ…!

飼い主と犬は、強い信頼関係で結びついています。 飼い主を救うために、自分の身を犠牲にした犬のお話はよ …

PREV : 高須院長が大阪北部地震を受けて提案した事がやっぱり凄いと話題に!その行動力には敬服するのみ・・・
トラック運転手の目の前に突然現れた野生動物が訴えたかった事とは…? : NEXT