Lenon


Lenonをフォローしよう!


耳をかこうとするも、赤ちゃん体型すぎて後ろ足が上がらずに転がってしまう子猫が可愛すぎる(笑)


「お耳掻きたい!」

猫は体が柔らかく、狭い足場でも器用に立つことができますが、

そんな猫でも子供の時はできないことがたくさんあります。

それは例えば、耳の後ろを後ろ足で掻くことです。

手足が細すぎる、お腹が少し大きいなど、様々な理由からバランスを取ることが難しい子猫もいます。

子猫が床にのんびりと寝転がっています。

お腹がぽっこりとふくらんでいて、とても可愛らしいですね。

自らの手を舐めたりあくびをしたりなど、

まったりした時間を過ごしている子猫にはやりたいことがあります。

休憩が終わった後、子猫はいよいよ動き出しました。

子猫のやりたいことは、耳の後ろを後ろ足でかくことです。

そのために床からよいしょと起き上がった子猫は早速、左後ろ足を上げて耳かきにチャレンジします。

そんな子猫の様子は、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

野良犬が恋したのは地球の裏側に住む女性→彼女の再訪を一途に根気強く待ち続けたら・・・

人間に恋した野良犬 アルゼンチンに暮らしているこちらの1匹の犬。 彼は名前も住む場所もない野良犬です …

枯れ葉の中から発見された子猫!心優しい女性と頼れる相棒の愛を受けて美しく成長する・・・

10月の寒い日、ある家族が裏庭で枯葉をブロワーで吹き飛ばしていました。 そんな時、枯葉に隠れて横たわ …

愛猫を心配した12歳の少女が獣医に宛てた「助けて、獣医さん!」というメッセージに感動の声続々!

ちょっと目を離した隙に思いもよらぬ行動をとってしまうという経験を、 犬や猫などのペットを飼っている人 …

「誰か引き取って」犬の里親募集に応えたのはなんとダルビッシュ有!その結果・・・

ダルビッシュが里親に! 今回ご紹介するエピソードは、 ペットの命についてメージャーリーグで活躍するダ …

飼い主は猫の治療費が払えないため、治療を断念した→そんな猫のために獣医師がとった行動に猫が応えた6枚の写真に感動…!

猫や犬を飼っている人なら、一度や二度は動物病院のお世話になったことがあるでしょう。 猫や犬の治療費は …

PREV : 「これから夜を迎えます」大阪市長の震災後におけるTwitterの使い方が素晴らしいと話題に!
大阪地震で災害派遣を行う自衛隊が夜遅くまで活動し続ける姿に感謝の声続々! : NEXT