Lenon


Lenonをフォローしよう!


未熟児で余命わずかと言われたロバがなぜか元気になった理由とは?


余命宣告されたティム

カナダのオンタリオ州で暮らしているロバのティムが好きなものはクッションで、

いつもクッションと戯れているそうです。

自分が誰であるかということも忘れ、毎日元気いっぱいに遊んで過ごしています。

飼い主さんたちもティムが生まれた当初、

その体の小ささからウサギではないのかと勘違いしていたそうです。

今でこそ元気いっぱいのティムですが、生まれた時は未熟児であったせいで肝臓が上手く機能せず、

獣医さんからは余命が短いことを伝えられました。

飼い主さんがティムを精一杯ケアしたおかげで、体調は順調に回復していきます。

しかしティムの小柄な体格では、他の大きな動物と同じ環境で飼うことは難しいです。

そこで飼い主さんが行なった特殊な育て方により、ティムは元気になったのです。

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

救った犬は200匹以上!20年以上も犬を助けるために活動を続けている韓国人女性の生き様が話題に・・・

ジュン・ミョンソク 日本をはじめ、世界中に野良猫や野良犬を保護する団体が数多く存在します。 お隣の国 …

怪我を負ったことで食用として屠殺される予定だった2頭のロバが奇跡的に生き延びる!

食用のロバ 日本では牧場や動物園で見ることの多いロバですが、海外では荷役用として飼育する国があります …

飼い主が持っている”アレ”にびっくりした猫のリアクションが素晴らしい面白さ!

ペットの中で、猫は犬よりも自由に暮らしています。 人を噛む心配がないためか、その行動にブレーキをかけ …

モップのように汚れていたプードルが大変身を遂げ、第二の人生で幸せを掴む…!

モップのようなプードル ある日、 動物保護団体「Hope For Paws」に毛の絡まったホームレス …

ピザの配達中に迷い犬を発見した男性!選ぶべきは仕事か、犬の命か・・・?

アメリカのモンタナ州に暮らす男性、スティーヴン・ドノヴァンさんはピザの配達係です。 ある日、配達中に …

PREV : 長蛇の列をよく見てみると…あれ!?こんなこと、日本人とイギリス人にしかできない!
見知らぬ親子から自分の仕事をバカにされた男性がとった行動に称賛の声続々! : NEXT