Lenon


Lenonをフォローしよう!


未熟児で余命わずかと言われたロバがなぜか元気になった理由とは?


余命宣告されたティム

カナダのオンタリオ州で暮らしているロバのティムが好きなものはクッションで、

いつもクッションと戯れているそうです。

自分が誰であるかということも忘れ、毎日元気いっぱいに遊んで過ごしています。

飼い主さんたちもティムが生まれた当初、

その体の小ささからウサギではないのかと勘違いしていたそうです。

今でこそ元気いっぱいのティムですが、生まれた時は未熟児であったせいで肝臓が上手く機能せず、

獣医さんからは余命が短いことを伝えられました。

飼い主さんがティムを精一杯ケアしたおかげで、体調は順調に回復していきます。

しかしティムの小柄な体格では、他の大きな動物と同じ環境で飼うことは難しいです。

そこで飼い主さんが行なった特殊な育て方により、ティムは元気になったのです。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

悲痛!愛するネコちゃんが天国へ…原因は飼い主が持ち込んだアレだった・・・

ペットを愛する人なら誰でも、大好きな子に少しでも長生きして欲しいと願いますよね。 そんなネコちゃんを …

嫌がる愛犬と強引に記念写真を撮影!そこに写る表情はきっと一生忘れられない(笑)

ケーシーさんの愛犬は11ヶ月になるピットブルのドゥーピーです。 この穏やかそうにくつろいでいる犬がド …

猫が虐待によって口の骨が折れてしまったにもかかわらず、激痛に耐えて無理に食事をとる理由は無償の愛だった…!

最近の風潮として、全ての事を経済的対価で測ってしまうという傾向が強いと思いませんか。 人々が、弱者へ …

「私は心から愛してる」怪我を負った犬が捨てられていた本当の理由に涙が溢れる…!

チュウィ チワワのチュウィは、まだ3ヶ月の子犬でした。 彼はラスベガスの空港で怪我を負った状態で発見 …

犬食文化の中国で男性が勇気ある行動をとった!その行動で救われた犬の新しい暮らしに涙が止まらない・・・

食用で売られていた犬 ある日、Xingyiさんは道端で売られている食用としての犬を見つけました。 見 …

PREV : 長蛇の列をよく見てみると…あれ!?こんなこと、日本人とイギリス人にしかできない!
見知らぬ親子から自分の仕事をバカにされた男性がとった行動に称賛の声続々! : NEXT