Lenon


Lenonをフォローしよう!


未熟児で余命わずかと言われたロバがなぜか元気になった理由とは?


余命宣告されたティム

カナダのオンタリオ州で暮らしているロバのティムが好きなものはクッションで、

いつもクッションと戯れているそうです。

自分が誰であるかということも忘れ、毎日元気いっぱいに遊んで過ごしています。

飼い主さんたちもティムが生まれた当初、

その体の小ささからウサギではないのかと勘違いしていたそうです。

今でこそ元気いっぱいのティムですが、生まれた時は未熟児であったせいで肝臓が上手く機能せず、

獣医さんからは余命が短いことを伝えられました。

飼い主さんがティムを精一杯ケアしたおかげで、体調は順調に回復していきます。

しかしティムの小柄な体格では、他の大きな動物と同じ環境で飼うことは難しいです。

そこで飼い主さんが行なった特殊な育て方により、ティムは元気になったのです。

気になる方は次のページをご覧ください。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

男性の7時間にも及ぶ救助活動で、廃材にしがみついて必死に助けを求めていた子猫が救われた…!

温かい心の持ち主のお話を、見たり読んだりするのはとても気持ち良いものですよね。 今回ご紹介したいと思 …

茶トラ猫の兄弟は優しい女性に保護され、預かり先で最高に居心地の良い場所を手にした!

心優しい女性に保護された茶トラ猫の兄弟!そして預かり先で兄弟猫たちを待っていたのは、最高に居心地の良い場所だった・・・

胴が短いからというだけで捨てられた過去を持つ犬→その容姿が今や世界を虜にする!

一匹の犬が雪の中を歩いています。 この犬はジャーマンシェパードという犬種の犬で、捨てられて街中をさま …

拾われた病気を患っていた子猫→1年後、信じられないような驚愕の事態が発生!

ジャスティナ・ストラミレートさんは、ある日かわいそうな1匹の捨て猫を拾いました。 猫はブラウニーと名 …

南アフリカで『2つの顔』を持つ子猫が生まれ、驚きの声が相次ぐ…!

なんと南アフリカで、『2つの顔』を持つ子猫が誕生!ネット上では驚きの声が相次いで寄せられています…!詳細はこちら・・・

PREV : 長蛇の列をよく見てみると…あれ!?こんなこと、日本人とイギリス人にしかできない!
見知らぬ親子から自分の仕事をバカにされた男性がとった行動に称賛の声続々! : NEXT