「覚悟のある人にしか譲らない」販売から譲渡へと事業をシフトしたペットショップの想いとは? | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


「覚悟のある人にしか譲らない」販売から譲渡へと事業をシフトしたペットショップの想いとは?


譲渡条件

ペットの販売をやめ、

殺処分寸前だった動物の譲渡を主な事業としているペットショップ「ChouChou」では、

里親希望者が出た場合にまずお店のスタッフが相手の自宅まで出向きます。

そこで動物の飼育環境として適切かどうかのチェックを行います。

その後にお試し期間として1週間だけ飼ってもらい、なにも問題が起きなければ正式に引き渡しとなります。

そしてこの流れとは別に、以下のような「譲渡条件」をクリアすることも必要です。

・犬の登録や狂犬病などの予防注射、鑑札と注射済みの票をつける

・里親希望者が一人暮らしの場合、身元引受人を準備しなければならない

・引き渡した後、最低でも半年はメールなどで近況報告する

その他にも、全部で16項目の条件があります。

譲渡された後の犬が幸せな生活を過ごすことができるように、さまざまな配慮が条件に盛り込まれています。

大切な命

澤木さんは、

「何度も店舗に通っていただき、真剣にその子をお迎えする覚悟のある人にしか譲りません」

と強く話します。

澤木さんのまっすぐな思いから始まった里親探しの活動の結果、

これまで11匹の犬に新しい里親さんを見つけたそうで幸せな暮らしを送っています。

ちなみにChouChouにおいてペットのトリミング、グッズ、フードの販売などは継続して行われています。

そして売上の一部を、保護犬の里親探し事業に回しているとのこと。

人間と同じく犬も大切に扱われるべきひとつの命であり、家族の一員です。

澤木さんのように彼らの幸せを願う人がもっと増えたら、

殺処分を待っているたくさんの動物たちの命を救うことができるのではないでしょうか?

【関連記事】

「ボク達は死にたくない!」100秒に1匹が殺処分されているという現実…→ペットショップの前に保健所に行きませんか?

ペットショップが客についた大きな嘘に共感の嵐!この嘘に隠された秘密とは?

221匹もの動物を救ったあるペットショップのユニークな里親探しが話題に!

動物の命にとって大切な事とは?同棲中の彼氏とペットを飼うためにペットショップへ誘うと彼が表情を強張らせ…!

ペット販売から里親贈与企業へ転換した「ペットを売らないペットショップ」が話題に!

出典:Facebook



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

シェルターで一生を終えそうな犬たちに温かい家庭を実感してもらおうとある男性が希望を与えた!

保護された犬の現実 様々な理由でシェルターで過ごす犬たち。 決してすべての犬が里親を見つけ、新しい家 …

廃墟から助けを呼ぶ声を聞いた10歳の少年が1本の電話をかけたことで救われた子猫の生命力に胸が熱くなる…!

廃墟の中から助けを呼ぶ叫び声を聞いた10歳の少年!彼が電話をかけたことで、子猫の命が救われた…!子猫の強い生命力に感動・・・

溺れそうなところを救われたワンちゃんが命の恩人にとった驚きの行動をご覧ください…!

ルーマニアのとある川で、1匹のワンちゃんが遭難しそうになっていました。 周囲をコンクリートで護岸され …

6日間行方不明だったワンちゃんが「奇跡としか言いようがない」状況で発見される!

6日間行方不明だったワンちゃんがまさかの場所で発見される!その状況は、まさに奇跡としか言いようがないものだった・・・

車道のゴミ袋が動いていた→なんと中には心無い飼い主に捨てられた犬が…その後、運転者の女性がとった行動が本当に素晴らしい!

2016年8月25日の朝のことでした。 アメリカのケンタッキー州に住む、メリッサ・サージェント・ルイ …

PREV : 虐待された5歳女児の「悲しすぎるメモ」に対するカンニング竹山のツイートに賛同の声続々!
NEWSのメンバーが未成年の飲酒に関わっていた問題についてきゃりーぱみゅぱみゅが投じた疑問が話題に! : NEXT