Lenon


Lenonをフォローしよう!


空っぽの保護施設へ寄付に訪れた女性が出会いを待つ最後の子猫を見て決断した事とは?


動物を家族に迎えたいけど、譲渡会では選ぶことに抵抗を感じてしまう。

商品のように動物を扱っているペットショップは問題外だと考えている方は、

彼らとの縁を待っているのではないでしょうか?

運命の出会いは人間同士だけではなく、ペットとの間にも確かにあるようです。

1匹の子猫

リアノンさんは、猫が大好きな若い女性です。

猫を家族に迎えたいと思っていましたが、なかなか踏み切れないでいました。

それでも彼女は、不幸にも保護施設に預けられている動物たちの助けになればと、

自ら進んで施設に寄付をしていたのです。

そして、訪れた施設で1匹の白い子猫と出会いました。

子猫との出会いについて、リアノンさんはこのように語ります。

「施設に入ると1つだけ、子猫のいるケージがありました。臆病な子だったけど、格子に触るとすぐに鳴きながら近づいて来ました。」

偶然に出会った1匹の子猫と、寄付に訪れたリアノンさん。

その先には何が待っているのでしょうか?

気になる方は次のページをご覧ください。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

捨て猫を保護→しかし「また捨てられる!」と勘違いしてしまっていたようで・・・

ある野良猫は、飼い主の勝手な事情により捨てられてしまって野良猫になりました。 しかし元々が飼い猫だっ …

母親を失ったオポッサムを背中に乗せ続けたジャーマンシェパードの母→種類は違っても支え合って生きる2匹の姿に感動…!

2匹の出会い 不慮の事故で母親を亡くしたこのオポッサムの赤ちゃんは、「ポンチョ」という名前をつけられ …

危険をかえりみず、崖から落ちた子猫のもとへ親猫が!親子の絆を感じる救出劇に胸が熱くなる・・・

人間でも動物でも、子どもは可愛いですよね。 そして、子に何かあったら直ぐに助けにいくのが親です。 そ …

重くて長すぎる毛がドレッドヘア状態になっていたプードルを保護した結果・・・

重く長すぎる毛がドレッド状態になり、動くことすらままならない状態だったプードル!総重量2キロに及ぶ毛を刈り終えると・・・

遺伝子の突然変異によって生まれたこの真っ白な動物が何だか分かりますか!?

まずはこちらの写真をご覧ください。 純白の体毛にピンクの皮膚を持つこの動物、なんだかわかりますか? …

PREV : 家に帰ると家族がいつも寝ていると言う男性の悩みに対するベストアンサーにハッとさせられる…!
「少しなら触らせてあげる」2人組の美女コスプレイヤーによる男子歓喜な過剰サービス!?実は・・・ : NEXT