「無料でどうぞ」などと体中に落書きされたワンちゃん!保護された後の姿に涙が止まらない・・・ | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


「無料でどうぞ」などと体中に落書きされたワンちゃん!保護された後の姿に涙が止まらない・・・


体中に落書きされた犬

2018年5月25日のことです。

アメリカのオハイオ州にある公園で、マルベラはケージに閉じ込められたまま捨てられていました。

発見した人たちは、マルベラの体を見て目を疑いました。

体中に油性ペンで落書きがしてあったのです。

大人しいマルベラを中から出して抱き上げると、そこには「FREE(無料)」と書かれていました。

イタズラはそれだけではなく、もう片方にも書かれていたのです。

「I am a gift from God.(神様からの授かりもの)」と書かれていました。

まるで殴り書きのようにされたこの文字には、愛情の1つも感じられません。

そして、落書きは体だけではありませんでした。

何と頭にも、「Good home only(良い家にだけ)」と落書きされていたのです。

全身を汚されたマルベラを発見した人たちは、すぐに警察に通報しました。

その後のマルベラ

通報を受けた警察は、地元の保護団体『ロス・カウンティー・ヒューメイン・ソサイエティ』に連絡。

駆け付けたスタッフはシェルターに連れて帰りました。

こうしてマルベラは素敵な名前を付けてもらい、身体の落書きもキレイに落とされました。

初めは内気そうにしていましたが、1日過ぎると徐々にスタッフにも心を許すようになったそうです。

予防接種も済ませ、保護団体がFacebook上にマルベラのストーリーを交えて新しい飼い主を募集すると、

大勢の人が申し出てくれました。

そして、無事に地元の里親さんが決まったのです。

嗅覚の優れた犬のマルベラが、油性ペンの臭いに耐えながら体中に落書きをされたかと思うと涙がでます。

大人しいこの子に、なぜこんな心無い行為ができるのか信じられません。

元の飼い主を非難する声は、今もネット上で溢れているとのと。

新しい飼い主さんが決まったマルベラに、幸せな生活が待っていることを祈るばかりです。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

虐待を受けて全身を紫色に染められた子猫!ボロボロな状態で保護されるも、そこで素敵な親友に出会う・・・

体をピンクに染められて大きな傷を負ったシャム猫!最初は警戒心むき出しだったが・・・

レバノンの女性モデルが愛犬を死亡例もある染料でピンク色に染め上げ、世界中から非難殺到!「動物を保護したい」発言をどう思いますか?

脱毛の再診に訪れたワンちゃんは飼い主が無知であるために悲惨な姿になっていた…!

子供のいたずらで糊に沈められた子犬!獣医が手を尽くし、回復するが・・・

出典:Facebook



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

愛猫を慰めるために猫とお揃いのエリザベルカラーを着ける男性にほっこり・・・

レンガーと飼い主 今回ご紹介するのは、飼い主さんの男性と強い絆で結ばれている猫についいてのお話です。 …

病院で出会った2匹の犬が支え合いながらつらい日々を乗り越えていく姿に感動…!

オラフとマライア この犬の名前はオラフといいます。 生後1歳ほどのマスティフ犬です。 彼はクリスマス …

ご主人様が大好きな甘えん坊のチワワが私たちをたった8秒でキュン死させてしまう…!

覚えている方もいらっしゃるでしょうか? 目をうるうるしているチワワのCM。 某消費者金融のCMでチワ …

闘犬を鍛えるための「餌食」として扱われていた犬が愛情に触れたことで笑顔を取り戻す!

闘犬の餌食 アメリカのテキサス州で、去年の7月にとある民家から14匹の犬が保護されました。 その民家 …

地獄のような状況から救い出されたピットブルに待っていた大切な役目とは?

ピットブルが置かれていた環境はまさに地獄とも言うべき状況!そんな場所から救われた彼女に待っていた大切な役目がこちら・・・

PREV : 世界中の人々から総ツッコミを受けた女性の『自撮り』が話題に!ツッコミポイントは女性本人ではなく…(笑)
幼稚園のバザーで配布されたチラシが悠久の時を超える傑作だと話題に! : NEXT