Lenon


Lenonをフォローしよう!


リュックに閉じ込められた状態で住宅街に捨てられ、家族も居場所も失った老犬の運命は!?


リュックに入れられた状態で捨てられていたジャン

2018年5月上旬、マサチューセッツ州のボストンで捨て犬が発見されました。

住宅街で、リュックサックに閉じ込められた状態で見つかったその犬は、

助けを求めて一生懸命にもがいていたとのこと。

「ジャン」と名付けられた犬はかなりの高齢であり、

おそらく面倒が見切れなくなったという理由で捨てられたのではないかとされています。

ジャンを保護した動物愛護団体によると、リュックサックには大量の花粉が付着していたそうです。

そのことから、少なくとも一晩はリュックの中で過ごしていたとされます。

また発見された日は気温も低く、ジャンの体は冷え切っていたと動物愛護団体の方々は語っています。

危険な状態になる前に、保護されて本当に良かったですね。

ジャンのその後については、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「だ、騙されたニャ!」これから爪切りすることが猫にバレた結果・・・(笑)

一般的な猫ちゃんは、水浴びをさせられるのと同じくらい爪切りを嫌がります。 飼い主さんがいざ爪切りをし …

飼い主の指にじゃれて元気に遊んでいた子猫に予想外の展開が巻き起こる…!

飼い主さんの指を求め続けて元気に遊ぶ子猫!しかしその後、突如として予想外の展開が巻き起こる(笑)詳細はこちら・・・

瀕死の状態だったウサギとハト→同じ一人ぼっちという境遇だったからこそ絆が生まれ、奇跡を起こしました…!

生後間もなく孤児となってしまい、瀕死状態にだったウサギの赤ちゃんとハトの赤ちゃん。 しかし、二羽を保 …

元気になっても「救ってくれた女性とずっといたい」と里親のもとへ行くことを拒んだ猫の行く末は…?

動物も、きっちりと自分の意志を示します。 嫌な時は、はっきりと態度と表情に示しますよね。 とりわけ自 …

怪我を負い、痛みと不安で鳴き叫んでいた野良の子犬を保護してから2週間後・・・

インドで撮影された映像をご紹介!怪我を負い、痛みと不安から鳴き叫んでいた野良の子犬を保護してから2週間後の様子はこちら・・・

PREV : 兄弟の中で1番小さかった猫がビックリするほど大きな尻尾を持つ猫に大変身し、家中を駆け回る!
世界中の人々から総ツッコミを受けた女性の『自撮り』が話題に!ツッコミポイントは女性本人ではなく…(笑) : NEXT