Lenon


Lenonをフォローしよう!


飼い主が急死して何も喉を通らなくなった犬が最期のお別れを言うため、葬式に参列!


飼い主の急死

1人の男性が心臓発作でこの世を去りました。

突然の出来事に遺された男性の奥さんや他のご家族は、大きな喪失感と悲しみに襲われます。

男性の愛犬であるサディも、大いに悲しみました。

サディは13年間も一緒に過ごしてきた家族の一員です。

サディもまた男性が亡くなったことで落ち込み、なかなか立ち直ることができません。

目の前に食事を差し出されても食べることができず、寝る時間になっても眠ることができないほどです。

そして自宅の窓やドアの近くに陣取り、男性が帰ってくるのをひたすら待っています。

しかし男性の葬儀が執り行われた日から、サディの様子が変わりました。

詳細は次のページにてお伝えいたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

10年間繁殖することを強制されたうえ、保護された後に余命半年と宣告された犬の運命は!?

10年間パピーミルで繁殖することを強制され続けていた犬!しかも保護された後には、余命半年だと宣告されてしまい・・・

女性がゴミ箱から助け出した子猫はを病院に診てもらうと「特別な存在」であることが明らかに…!

先日、ある女性が海外のインターネット掲示板でこのような書き込みをしました。 「先日叔母がゴミ箱から救 …

僕が一番大きな声を出すんだ!ハスキーの子犬たちの大合唱が可愛すぎて悶絶不可避!!

生後4週間のハスキーの子犬が6匹集まっています。 そして、6匹が一斉に「ワオーン」と鳴き始めました。 …

危険な戦闘地域で出会った障害を持った子猫と兵士→子猫を思う兵士の取った決死の行動とは!?

アメリカ陸軍兵士のクリスティン・ボールディンさんは、アフガニスタンに派遣されていました。 その時、と …

8年間一緒だった飼い主に飼育放棄された犬が別れの日に見せた表情に胸が締め付けられる…!

8年間共に過ごしてきた飼い主に飼育放棄された犬!別れの日に見せた表情に胸が締め付けられます…!果たしてこの犬の運命は?

PREV : 真夜中、妊娠中の猫に呼ばれたので里親さんが導かれるままについて行った結果…!
壊滅的な成績で発達障害であっても母親に見守られ続けた息子は30年後、テレビで有名な人物になった! : NEXT