Lenon


Lenonをフォローしよう!


飼い主が急死して何も喉を通らなくなった犬が最期のお別れを言うため、葬式に参列!


飼い主の急死

1人の男性が心臓発作でこの世を去りました。

突然の出来事に遺された男性の奥さんや他のご家族は、大きな喪失感と悲しみに襲われます。

男性の愛犬であるサディも、大いに悲しみました。

サディは13年間も一緒に過ごしてきた家族の一員です。

サディもまた男性が亡くなったことで落ち込み、なかなか立ち直ることができません。

目の前に食事を差し出されても食べることができず、寝る時間になっても眠ることができないほどです。

そして自宅の窓やドアの近くに陣取り、男性が帰ってくるのをひたすら待っています。

しかし男性の葬儀が執り行われた日から、サディの様子が変わりました。

詳細は次のページにてお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

後ろ脚が麻痺して動けなかったウサギを救ったのは、なんとスケートボードだった!

凍えたウサギ アメリカのニューヨーク州で農場を営むJason Ambrosinoさんが、 凍えて動か …

ゴミの収集をしている男性の作業員が死にかけていた子猫をゴミ箱から救出!

ウイリアム・グラビルさんは、アメリカのカルフォルニア州でゴミ収集作業員として働いています。 彼は今か …

2日間だけ迷い子猫を預かることになった夫婦だったが、その裏で子猫は別の計画を進めていた…!

家のない迷い子猫を2日間だけ預かることになった夫婦!一方その裏で、当の子猫は別の計画を着々と進行させていた・・・

意外だったストレス解消法!ワンちゃんと眠ると体に良い7つのワケとは・・・?

しつけって難しい! 「主従関係をはっきりさせるため、愛犬と同じ布団で寝てはいけない」と、 よく犬のし …

森の中で発見された彼の遺体→彼の忠誠心の高さが作り出した物語に、街の人々は心臓が止まりそうになった…!

突然ですが、皆さんは犬はお好きですか? 犬は猫と違って、飼い主に対していつも真っ直ぐで、忠誠心の強い …

PREV : 真夜中、妊娠中の猫に呼ばれたので里親さんが導かれるままについて行った結果…!
壊滅的な成績で発達障害であっても母親に見守られ続けた息子は30年後、テレビで有名な人物になった! : NEXT