なかなかご縁に恵まれないシニア猫→家族の愛を知って欲しいと願う保護施設の嘆きに耳を傾けて! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


なかなかご縁に恵まれないシニア猫→家族の愛を知って欲しいと願う保護施設の嘆きに耳を傾けて!


いたって健康

収容された保健所のデータによればマジェスティは心臓に雑音が見られ、

歯の治療が必要だったと記載されていました。

しかし、改めてOCSが獣医師に診察してもらったところ、彼女はいたって健康だったとのこと。

歯石除去と抜歯だけが施されたそうです。

高年齢が条件では、里親さんはなかなか見つかりにくいのが現状です。

それを理由に保健所はありもしない心臓病を立てにして、殺処分しようとしていたのでしょうか?

「この子は地球で一番優しい子で、特に小さな子供が好きなようです。」と、OCSのスタッフは語ります。

猫は大抵子供が苦手ですが、小さな子供が好きなマジェスティは母性に溢れた猫のようです。

彼女は人に出会う度に喉をゴロゴロならし、頭を擦りつけて挨拶をしてくれます。

スタッフは人間好きなマジェスティに、

一日も早く新しい本当の家族が出来るように願いながら預かり家族に託しました。

見つからない家族

OCSでは、12月の初めに里親募集の記事をSNSに投稿しました。

しかし、いまだ希望者は現れません。

なぜ優しくて素敵なマジェスティに、誰も興味を持ってくれないのか不思議でした。

人に捨てられた過去がありながら、広い心の彼女は人が大好きなままなのです。

少し寄り目ですが、視力に問題はありません。

いつでもご機嫌なゴロゴロ音で、良き話し相手にもなってくれます。

マジェスティの新しい家族は、まだ見つかっていません。

彼女のサンタさんへの願い事は、素敵な家族に出会うこと。

少し寄り目でシニア猫のマジェスティですが、彼女のプロフィールと容姿を気に入ってくれた人は、

飾り物の猫ではなくパートナーとしての猫を必要としている人です。

1日も早く彼女に、素敵な飼い主さんが見つかることを願いたいですね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

高齢の飼い主は最愛の家族である姉妹シニア猫を手放すことを決断!切ない願いの結末に胸が熱くなる・・・

見た目は子供のドールサイズだけど13歳のシニア猫が安楽死の危機を乗り越え、飼い主に毎日感謝を伝える!

シニア猫からのずっと生き生きと暮らしていくための8つのお願い事に耳を傾けましょう!

「安楽死させてほしい」と持ち込まれた鳴き声が可愛すぎる老猫は穏やかな余生を望み・・・

全身が毛玉で覆われた13歳の老猫は大量の毛から解放されてとても嬉しかったようで…!

出典:LoveMeow/Facebook




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

飼い主の声に返事した時の、アラスカンマラミュートの鳴き声が可愛すぎる・・・

飼い主さんに声をかけられたアラスカンマラミュートの子犬!それに返事をした時の鳴き声が愛おしすぎて困ってしまいます・・・

希望すら押し流されそうになる大洪水の中、人と動物が互いに助け合う姿に涙…!

勇敢な犬 今回ご紹介するのはインドのチェンナイという街で起こった大洪水の中、 頑張っている人々と動物 …

「裁判所犬」として証人たちの不安を癒すワンちゃんたちをご覧ください・・・

裁判所犬 事件・事故など被害者や目撃者が証人となり、 裁判が行われる法廷で証言をする事は誰にとっても …

人間に助けられた子供のワラビーは野生に帰った後、自分の子供を恩人に紹介してくれました!

オーストラリアにある野生保護団体に所属しているRetboopさん。 傷ついた野生動物を治療し、野生に …

ルンバに乗った柴犬がそのままどこかに消えた!?なんともシュールな光景(笑)

犬は時々人間の想像を超えることをします。 犬のイタズラは人を大いに笑わせてくれますね。 彼らは人の思 …

PREV : それでも鬱陶しく思う?ショップ店員が客に声をかける『真の理由』にビックリ!
弟猫が弱っていたので、別々に保護された姉弟猫が再会する瞬間に心温まる・・・ : NEXT