Lenon


Lenonをフォローしよう!


なかなかご縁に恵まれないシニア猫→家族の愛を知って欲しいと願う保護施設の嘆きに耳を傾けて!


殺処分寸前だったマジェスティ

猫を家族に迎える時、あなたならどのような条件を考えるでしょうか?

「血統の種類」「毛並みと色」「目の色」「年齢」など、それぞれ好みがあると思いますが、

猫として生まれた彼らは商品ではありません。

ちゃんと心と性格を持った1つの命なのです。

飼い主さんによって運命が左右される猫ですが、

あるシニア猫が年齢と病気のために殺処分されようとしていました。

名前は「マジェスティ」、シャム猫のミックスで10歳になります。

放浪猫として保健所に収容され、年齢と病気がある関係で殺処分寸前でした。

命の危機にさらされていたマジェスティを、

マサチューセッツ州セーラムの保護団体『The Odd Cat Sanctuary MA(OCS)』が救い出します。

一命を取り留めたマジェスティでしたが、彼女には寂しい現実が待っていたのです。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

前足が不自由というハンデを抱えながら野良として2年間生き延びた猫が心優しい女性と出会って安全な場所に導かれる…!

世の中には事故や障害で手足を失った人や、生まれつき手足が全く機能していな人も沢山います。 先天性の障 …

カーテンに絡まってテンテコ舞いの猫!囚われの身から無事に解放されるのか…?

猫がどうやらカーテンに絡まってしまったようです!テンテコ舞いなようですが、囚われの身から無事に解放されるのでしょうか?

野良猫がいつしか犬小屋に居候するように!さらに子猫までをも出産した結果・・・

犬小屋に居ついた野良猫と飼い犬。 というちょっと変わった組み合わせのすごく可愛いお話をご存知でしょう …

フェンスに挟まった雛を人間が助けようとした時、必死に守ろうとする親鳥の姿に胸が熱くなる…!

フェンスに挟まっていた雛を人間が助けようとしました!その時、外敵だと勘違いした親鳥が必死に守ろうとする姿に胸が熱くなる・・・

下半身不随の犬とのボランティア先での出会い→帰国後、犬は悲惨なことになっていた…!

子犬のティガ ある男性がヨーロッパからバリ島に、アニマルレスキュ―としてボランティアに参加しました。 …

PREV : それでも鬱陶しく思う?ショップ店員が客に声をかける『真の理由』にビックリ!
弟猫が弱っていたので、別々に保護された姉弟猫が再会する瞬間に心温まる・・・ : NEXT