感動!最後の別れを告げるために病院に来た馬「おじいさん、今までありがとう。」 | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


感動!最後の別れを告げるために病院に来た馬「おじいさん、今までありがとう。」


身体の麻痺を乗り越えて…叶えたかった夢

ロベルト・ゴンザレスさんは、1970年にベトナム戦争で負傷して以来、身体が麻痺して寝たきりの生活を送っていました。

しかしゴンザレスさんは、昔から抱いていた「ある夢」を諦めることができなかったのです。

「テキサスで牧場をひらき、大きな馬と生活を共にしたい」

それが彼の夢でした。

ゴンザレスさんはその後、強い意志で身体の麻痺にも負けずに馬を育て始めました。

彼の情熱は、テキサス唯一の公認トレーナーになるほど、熱いものでした。

夢のその先に見たもの

それから数十年経った2016年5月21日。

テキサス州のサンアトニオにある病院で、ゴンザレスさんはその生涯を終えようとしていました。

己の命の終わりを悟った時、ゴンザレスさんは入院している病院の看護師にこう言ったのです。

「最後に、愛する馬たちの顔を見たい…」

看護師は彼の願いを聞くと、急位で家族へと連絡しました。

ゴンザレスさんの家族は約241キロ離れた病院まで、彼の最も愛した2頭の馬を連れてきました。

その時の様子がこちらです。

ゴンザレスさんをじっつみつめているのは、『シュガー』と『リンゴ』という馬です。

彼らは心配そうな顔で彼にすり寄ると、キスを贈りました。

するとその瞬間、なんと今まで目を開けることができなかったゴンザレスさんが、うっすらと目を開けたのです。

最後に愛する馬の姿を、その瞳に映したかったのかもしれません。

umawakare1

その後は大切な家族たち、そして最愛の馬2頭に見守られ、ゴンザレスさんは天国へと旅立っていきました。

偶然にもその日の46年前は、彼が銃に撃たれて運命が大きく変わった日でした。

家族、そして馬と生きた人生

ゴンザレスさんと馬たちについて彼の妻は、

「馬は、彼の人生にとって一番大きな存在でした。40年近く、私たちは馬と一緒に生きてきたのですから」

とコメントしました。

umawakare2

夢を叶え、その夢と共に生きた家族や馬に見送られ、幸せな最期をゴンザレスさんは迎えられたことでしょう。

この記事を読んだ貴方も、愛する人や動物たちとの絆を、この機会に確かめてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

どん底だった時期に支えてくれた子犬が連れ去られた!→無事再会を果たし、喜ぶワンちゃんの姿に心揺さぶられる・・・

尊い命は人間も動物も関係ない!救出されるペット達と消防士の姿に胸を打たれます・・・

実験場から出してもらった時のことを18年経っても忘れていなかった→再会した時、チンパンジーは女性を抱きしめた・・・

3人の子育てに疲れてつい長女にキツく当たってしまった→大泣きしながら言った長女の言葉が胸に突き刺さる…!

飼い主の子供を救った代わりに顔の半分を失ってしまった犬!勇敢な姿に涙が止まらない・・・



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

カエルがワニに近付いて行った→その後起きた出来事に「マジか!?」と叫びたくなる…!

ジャカルタ出身の写真家、 タント・イェンセンさんが撮影した写真がとても珍しい瞬間を捉えているとして注 …

ゲージ越しに遊びたがっている子猫たちとそれを見守るワンちゃんの姿が微笑ましい!

ある事情で保護されて来た子猫たち。 一時的にゲージの中に入れられますが、遊びたい盛りの子猫には少し退 …

息も絶え絶えのザトウクジラを助けた一家にお礼?クジラらしい素敵な恩返しをご覧ください…!

マイケルさん一家は、毎年冬になると生態調査を行なっています。 様々なクジラを追いかけては写真に収めて …

寝るもんか!子ネコと睡魔の可愛すぎる51秒戦争勃発!!その結果勝者は・・・

今回ご紹介する子ネコちゃんは、生後2ヶ月のスコティッシュフォールド「ちびすけ」くん。 ちびすけくんに …

人間を怖がり、倉庫の中で一人ぼっちで暮らしていた子猫が心優しい夫婦の愛に触れて・・・

どこから迷い込んだのか。 辺りには母猫も兄弟猫も見当たらず、たった一匹倉庫で暮らす子猫。 まだ外の世 …

PREV : その顔はいけません!ケーキに食らいつく、一心不乱な猫ちゃんに思わず萌えちゃう・・・
寝ている子犬たちを起こそうとして柴犬ママに怒られた柴犬パパ!これ人間でも見たことある〜(笑) : NEXT