9年間狭いケージに閉じ込められていたチワワが初めてベッドの感触に触れた瞬間に涙が溢れる…! | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


9年間狭いケージに閉じ込められていたチワワが初めてベッドの感触に触れた瞬間に涙が溢れる…!


9年間の地獄

保護団体により救出されたワンちゃんは「フレディ」と名付けられ、新しい生活が始まります。

名前すらつけてもらえなかったフレディは、見るものすべてが新鮮に見えました。

その喜びの感情が、彼の悲惨な生活を物語っているようです。

9年間必要なケアを一切受けていなかったフレディの体は、ボロボロの状態でした。

スタッフに抱きしめられているフレディですが、優しい人の温もりを初めて知ったのでしょう。

とても安心した嬉しそうな顔をしています。

これまでは不衛生なケージの中しか知りませんでしたが、

保護施設で見たものはとても新鮮に見えたフレディ。

特に気に入ったのはベッドでした。

清潔なふかふかのベッドで、嬉しそうに横になるフレディ。

初めてのベッド

9歳になるフレディは、初めてのベッドに興奮して何度も飛び跳ねたそうです。

とても気に入って、しばらくそこから離れようとしなかったとのこと。

フレディは標準的な犬の寿命を、半分以上過ごしてしまいました。

過酷な生活状況から、未来はそう長くはないかもしれません。

しかし、動物愛護のスタッフは残された余生が幸せであるように里親を探し、

本当の家族に出会えるよう尽力するそうです。


ペットを家族に迎える場合、

商品を買うような感覚は捨てて面倒でもブリーダーさんの所へ出向き、親の状態を確かめましょう。

良心的なブリーダーさんであれば、必ず親を見せるはずです。

フレディのようなワンちゃんを1匹でも無くすためにも、

飼い主になる側も気に掛ける事があるのではないでしょうか?

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

パピーミルに取り残された500匹の犬たちの救出された後の姿に涙が溢れる・・・

パピーミルの最悪の環境の中で生きていた犬が保護された瞬間に取った行動に胸が締め付けられる…!

パピーミルの悲惨な現状を社会に訴えるため1匹のチワワが自らの命を懸けて奔走した…!

この犬がゴミ同然に車の窓から捨てられた理由に背筋が凍る・・・

リードで繋がれていない犬が走り寄ってきた結果、悲惨な事態が巻き起こることに…!

出典:Facebook



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

仲良し猫トリオに「IKEAのワゴン」をプレゼント!想像以上にイメージ通りに使ってくれて可愛すぎる・・・

猫は様々な場所で自分なりにくつろいでいるイメージがありませんか? 時には「何でこんなとこに?!」なん …

盲導犬のうっかりミスに50万人以上の人が「これは仕方ない」と思った理由がこちら(笑)

障害者を支える盲導犬が、盲導犬らしからぬうっかりミス!しかし50万人以上の人がこれは仕方ない」と思った理由がこちら(笑)

ワンちゃんと少女がかくれんぼ!本当の姉妹のような様子をご覧ください・・・

ワンちゃんと少女 小さな少女と大きな犬が遊んでいます。 この大きな犬はニューファンドランドという種類 …

飛行機の機内で苦しみ出したフレンチブルドッグを全力で助けた乗務員たちに絶賛の声続々!

飛行機に乗っている最中、苦しみ始めたフレンチブルドッグ!そんな中、全力で助けた乗務員の人々に絶賛の声が続々と寄せられています・・・

飼い主と猫の関係性は、猫が寝ている場所で分かってしまう!?信頼関係ができている寝場所は・・・

飼い主さんと猫の関係性は、猫が寝ている場所で分かってしまうかもしれません!あなたの猫は普段どこで寝ていますか?

PREV : 顔を出して会見した日大アメフト部のタックル加害選手に高須院長がまさかの提案!
ベランダにぶら下がっていた4歳児がスパイダーマンのような超人によって助けられる! : NEXT