Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死させられる2日前に救出されたビーグル犬がとった行動に涙が止まらない・・・


安楽死の2日前

アメリカの動物保護施設は大きく2種類のタイプが存在します。

1つは絶対に動物たちを安楽死させない施設、もう1種類はやむを得ない場合には安楽死させる施設です。

オハイオ州で動物保護シェルター

「ハウンド・レスキュー・アンド・サンクチュアリ」を営んでいたシェンりーさんと言う女性はある日、

夫のジョーさんと共に地元の動物保護施設へ行きました。

そこで2歳のオスのビーグル犬「グレゴリー」と出会います。

彼はフィラリアの一種である「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」の陽性反応出たと言う理由で、

2日後に安楽死することが決まっていました。

シェンリーさんたちはすぐにグレゴリーを引き取り、自宅へ連れ帰ることに。

その時、グレゴリーが連れられて車の中でとった行動を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「犬なんて絶対飼ったらダメだ!」頑固に反対していたお父さんと愛犬のその後を写した7枚の画像をご覧ください・・・

「ダメ!絶対に許さないぞ!家を汚したらどうする」 「ソファが毛だらけになるじゃないか!」 「無駄吠え …

心を開くまでに半年を要した茶トラ猫の素顔はとても心優しい猫だった・・・

ある家庭に保護された猫は心を開くまでに半年を要しました…!しかしその素顔はとても心優しい性格だったのです・・・

どう猛なワンちゃんたちが人間を攻撃しようとしています!警戒セヨ(笑)13選

人間に従順で可愛いワンちゃんですが、彼らは元々群れで暮らす動物です。 集団になると、もの凄いパワーを …

キャリーバッグに断固として入りたくない猫さん!被害者感を全開で醸し出しております…(笑)

猫を飼っている方にアドバイスがあります。 なるべく子猫のうちに、キャリーバックやケースに慣れさせるこ …

犬は5時間以上ぶら下がったまま→男性がその犬を発見した時、あまりの状況にゾッとした…!

アメリカの動物愛護団体「SNARR」は、エジプトで活動をしている団体です。 そんな動物愛護団体はある …

PREV : 「私の夫と結婚して」ガンを患った妻が最期に言い残したことを実行した夫の20年後に涙…!
「普通」って何だろう?人と違う顔を持つ男の子の挑戦に温かな涙が溢れる・・・ : NEXT