Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死させられる2日前に救出されたビーグル犬がとった行動に涙が止まらない・・・


安楽死の2日前

アメリカの動物保護施設は大きく2種類のタイプが存在します。

1つは絶対に動物たちを安楽死させない施設、もう1種類はやむを得ない場合には安楽死させる施設です。

オハイオ州で動物保護シェルター

「ハウンド・レスキュー・アンド・サンクチュアリ」を営んでいたシェンりーさんと言う女性はある日、

夫のジョーさんと共に地元の動物保護施設へ行きました。

そこで2歳のオスのビーグル犬「グレゴリー」と出会います。

彼はフィラリアの一種である「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」の陽性反応出たと言う理由で、

2日後に安楽死することが決まっていました。

シェンリーさんたちはすぐにグレゴリーを引き取り、自宅へ連れ帰ることに。

その時、グレゴリーが連れられて車の中でとった行動を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

前足が障害で使えなくとも後ろ足で上手に立つ子猫の心温まる成長の軌跡をご覧ください・・・

2016年4月下旬。 2匹の兄弟と共に保護された『ラス』は保護施設へ収容されました。 施設のスタッフ …

「私は心から愛してる」怪我を負った犬が捨てられていた本当の理由に涙が溢れる…!

チュウィ チワワのチュウィは、まだ3ヶ月の子犬でした。 彼はラスベガスの空港で怪我を負った状態で発見 …

自立のためとはいえ湖でひとりぼっちになってしまった白鳥が生んだ奇跡とは?

母親とふたりきり ある湖で、一羽の白鳥のヒナが母親と共に暮らしていました。 通常白鳥は3、4羽の兄弟 …

「殺人犬」と生後間もない赤ちゃんを一緒に寝かせた結果に考えさせられる・・・

物事を一つのイメージで捉えがちになってはいないでしょうか? できるだけイメージで物ごとを判断しないよ …

脱走した猫容疑者を無事に確保!逮捕当時の猫容疑者の様子が笑える(笑)

猫容疑者を確保 今回ご紹介するのは、とある1匹の飼い猫のお話についてです。 現在住んでいる家から、飼 …

PREV : 「私の夫と結婚して」ガンを患った妻が最期に言い残したことを実行した夫の20年後に涙…!
「普通」って何だろう?人と違う顔を持つ男の子の挑戦に温かな涙が溢れる・・・ : NEXT