Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死させられる2日前に救出されたビーグル犬がとった行動に涙が止まらない・・・


安楽死の2日前

アメリカの動物保護施設は大きく2種類のタイプが存在します。

1つは絶対に動物たちを安楽死させない施設、もう1種類はやむを得ない場合には安楽死させる施設です。

オハイオ州で動物保護シェルター

「ハウンド・レスキュー・アンド・サンクチュアリ」を営んでいたシェンりーさんと言う女性はある日、

夫のジョーさんと共に地元の動物保護施設へ行きました。

そこで2歳のオスのビーグル犬「グレゴリー」と出会います。

彼はフィラリアの一種である「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」の陽性反応出たと言う理由で、

2日後に安楽死することが決まっていました。

シェンリーさんたちはすぐにグレゴリーを引き取り、自宅へ連れ帰ることに。

その時、グレゴリーが連れられて車の中でとった行動を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

動物愛護団体が考えた『花火や雷に怯える愛犬を落ち着かせる方法』が効果抜群だと話題に!

花火や雷に怯える犬は、かなりいるようですね。 我が家の北海道犬も普段は強気なわがまま犬ですが、近くで …

車にはねられて下半身不随になった野良犬が1人の旅行者と出会って笑顔と自由を手に入れる!

アメリカ出身のナンシー・ジェーンズさんは今から十数年前、 旅行先のルーマニアで1匹の野良犬に出会いま …

「プレッツェル」のように変形した脚を持って生まれた子猫は壮絶な戦いの末に…!

プレッツェルのような脚 変形した後ろ脚で生まれた小さな子猫は、母親に拒絶されました。 彼女が生き残る …

ハウスから出たい!でもなんか怖いなぁ…頑張る子犬の奮闘模様にキュン・・・

子の子供の柴犬。 まだお家から一人で出たことがありません。 出たいけど勇気が出ない…。 生後1カ月、 …

まるで人間から逃れるように砂漠の泥水で喉を潤していた犬!4ヶ月間懸命に手を差し伸べ続けた結果・・・

アメリカのロサンゼルスを拠点に活動する動物保護団体『Hope for Paws(以下HfP)』は、 …

PREV : 「私の夫と結婚して」ガンを患った妻が最期に言い残したことを実行した夫の20年後に涙…!
「普通」って何だろう?人と違う顔を持つ男の子の挑戦に温かな涙が溢れる・・・ : NEXT