Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死させられる2日前に救出されたビーグル犬がとった行動に涙が止まらない・・・


安楽死の2日前

アメリカの動物保護施設は大きく2種類のタイプが存在します。

1つは絶対に動物たちを安楽死させない施設、もう1種類はやむを得ない場合には安楽死させる施設です。

オハイオ州で動物保護シェルター

「ハウンド・レスキュー・アンド・サンクチュアリ」を営んでいたシェンりーさんと言う女性はある日、

夫のジョーさんと共に地元の動物保護施設へ行きました。

そこで2歳のオスのビーグル犬「グレゴリー」と出会います。

彼はフィラリアの一種である「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」の陽性反応出たと言う理由で、

2日後に安楽死することが決まっていました。

シェンリーさんたちはすぐにグレゴリーを引き取り、自宅へ連れ帰ることに。

その時、グレゴリーが連れられて車の中でとった行動を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

超絶かわいらしいニャンコ!思わずニヤける甘えん坊猫の動画を3連発でご覧ください…!

猫というのはいつも気まぐれで、 こちらが何をしていようがお構いなしに甘えてきたり運動会が始まったり… …

子供のいたずらで糊に沈められた子犬!獣医が手を尽くし、回復するが・・・

この子犬、まるで汚れたぬいぐるみの様ですが生きているのです。 なぜこのような状態になったのか、それは …

暗い夜道で野良猫が近づいてきた→持っていた猫缶をあげたことで素敵な出会いになりました・・・

ある日の夜、マリーナさんは友人たちと車で夜道を通っていました。 するとそこへ1匹の野良猫が近づいてき …

真夜中にシェルターに捨てられ、疲れ切っていた犬!助けが来ると様子が一変し・・・

真夜中にシェルターに捨てられており、疲れ切っている様子だった犬!助けようとシェルターのスタッフが近づくと様子が一変し・・・

賑やかな家族の中にいながら孤独の恐怖に怯えて眠れない犬の姿に心が痛む…!

大家族のハム 有名な動物愛護家であるニールさんと獣医師であるエイミーさん御夫婦は犬4匹とオウム、馬に …

PREV : 「私の夫と結婚して」ガンを患った妻が最期に言い残したことを実行した夫の20年後に涙…!
「普通」って何だろう?人と違う顔を持つ男の子の挑戦に温かな涙が溢れる・・・ : NEXT