Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死させられる2日前に救出されたビーグル犬がとった行動に涙が止まらない・・・


安楽死の2日前

アメリカの動物保護施設は大きく2種類のタイプが存在します。

1つは絶対に動物たちを安楽死させない施設、もう1種類はやむを得ない場合には安楽死させる施設です。

オハイオ州で動物保護シェルター

「ハウンド・レスキュー・アンド・サンクチュアリ」を営んでいたシェンりーさんと言う女性はある日、

夫のジョーさんと共に地元の動物保護施設へ行きました。

そこで2歳のオスのビーグル犬「グレゴリー」と出会います。

彼はフィラリアの一種である「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」の陽性反応出たと言う理由で、

2日後に安楽死することが決まっていました。

シェンリーさんたちはすぐにグレゴリーを引き取り、自宅へ連れ帰ることに。

その時、グレゴリーが連れられて車の中でとった行動を、次のページで詳しくご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

新潟のホームセンターの山積みにされたダンボールの中身に愕然→安売りされた動物たちを見過ごしてはいけない…!

新潟の某ホームセンターで行なわれたペットのセール販売の様子がFacebookに投稿されたのは、 20 …

犬のベビーシッターに対する反応が敵意むき出しだった→そのおかげで子供を暴力から救い出せた!

日本ではあまりベビーシッターを雇うという話は聞きませんが、アメリカでは一般的なようです。 そして、あ …

ガソリンスタンドで出会った1匹の迷い犬→首輪を見てみると実はすごい有名犬だったことが判明!

ひと昔前は、野良犬や捨て犬が町を徘徊している光景が当たり前でしたが、 最近ではめっきり見かけなくなり …

本当にあった話!警察官を病気で倒れた飼い主の所まで連れて行った犬の心揺さぶられる救出劇!

深刻な孤独死 高齢化社会が進んだ現代の日本において、孤独死は大変深刻な問題です。 子供も独り立ちし、 …

くちばしが折れてしまったタンチョウヅル→チタン合金によってロボ感溢れた状態で復活!

今回ご紹介するのは、中国の広州立徳動物病院でのタンチョウヅルのお話です。 このタンチョウヅルは、くち …

PREV : 「私の夫と結婚して」ガンを患った妻が最期に言い残したことを実行した夫の20年後に涙…!
「普通」って何だろう?人と違う顔を持つ男の子の挑戦に温かな涙が溢れる・・・ : NEXT