Lenon


Lenonをフォローしよう!


安楽死させられる2日前に救出されたビーグル犬がとった行動に涙が止まらない・・・


安楽死の2日前

アメリカの動物保護施設は大きく2種類のタイプが存在します。

1つは絶対に動物たちを安楽死させない施設、もう1種類はやむを得ない場合には安楽死させる施設です。

オハイオ州で動物保護シェルター

「ハウンド・レスキュー・アンド・サンクチュアリ」を営んでいたシェンりーさんと言う女性はある日、

夫のジョーさんと共に地元の動物保護施設へ行きました。

そこで2歳のオスのビーグル犬「グレゴリー」と出会います。

彼はフィラリアの一種である「犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)」の陽性反応出たと言う理由で、

2日後に安楽死することが決まっていました。

シェンリーさんたちはすぐにグレゴリーを引き取り、自宅へ連れ帰ることに。

その時、グレゴリーが連れられて車の中でとった行動を、次のページで詳しくご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

ボロボロの状態だった野良猫が保護してたった1日で美しく生まれ変わり、幸せを手にする!

フリスビー 野良猫の「フリスビー」は発見された当時、 身体中がかなり汚れている上に全身の毛がボサボサ …

赤ちゃんが病気に!その時、赤ちゃん想いの猫が胸キュン必至の行動をとった・・・

人間と動物、種類の違う生き物が互いに心を通わせる。 そんな奇跡のような出来事は、案外度々起こるようで …

色んな意味で不思議ちゃんすぎるピットブルが個性的すぎると話題に!

これが個性というものなのでしょうか…?色んな意味で不思議ちゃんすぎるピットブルがネット上で話題に!詳細はこちら・・・

虐待された過去を持つ犬が狂ったように吠え続けた!その意味を理解したことで人間嫌いの犬はヒーローになった・・・

日本昔話には、恩返しの物語がよくあります。 「ツルの恩返し」など、心の優しい主人公が助けた動物に助け …

海外が注目!保護された子猫を老人ホームで育て、高齢者の心に喜びが芽生える取り組みが話題に…!

突然ですが、皆さんは猫はお好きですか? 猫は犬と比べて素っ気なかったりしてそこまで愛想が良いというわ …

PREV : 「私の夫と結婚して」ガンを患った妻が最期に言い残したことを実行した夫の20年後に涙…!
「普通」って何だろう?人と違う顔を持つ男の子の挑戦に温かな涙が溢れる・・・ : NEXT