一目惚れした超大型犬を飼うべく少年が両親を説得するためにとった行動とは!? | Lenon-2ページ

Lenon


Lenonをフォローしよう!


一目惚れした超大型犬を飼うべく少年が両親を説得するためにとった行動とは!?


両親を説得

ホームページに掲載されていてトラヴィス・ウルマン君が一目惚れしたのは、グレート・デーンのルーシー。

「この子を家族に迎えたい!」と切望したトラヴィス君でしたが、

超大型犬を家族に迎えることは両親が許してくれないだろうと思いました。

そこで、彼は作戦を考えます。

「小型犬を見るためにシェルターに行きたい」と両親とシェルターに連れて行ってもらったのです。

シェルターに着くとトラヴィス君はルーシーのもとに駆け寄り、驚いている両親に次のように言いました。

「今日は母の日だから、僕はお母さんのためにこの子を家族にしたいんだ!」

両親は満面の笑顔でルーシーの側にいる息子に、「NO」と言うことなどできませんでした。

新しい家族

「ルーシーの穏やかで優しい姿を見ると、この子がいれば家族関係がスムーズにいくと確信しました。息子の策略にはまってしまいましたが、ルーシーと出会えたのは幸運でした。」

両親はこのように語ります。

晴れて家族の一員となったルーシーは、ロージーとも仲良くなりじゃれ合っているそうです。

結果的に、トラヴィス君の作戦は大成功!

見事にルーシーを家族に迎え、みんなに笑顔を届けられたようです。

ロージーやルーシーに囲まれて、トラヴィス君は命の大切さを学んでいくでしょう。

本当に母の日のプレゼントだったのかは疑問ですが(笑)、

トラヴィス君の笑顔がママの一番欲しいプレゼントかもしれませんね。

気に入ったらいいね!してね♪

【関連記事】

少年が下した悲しい決断とは?ノック音が聞こえたのでドアを開けると段ボール箱の中に子犬が…!

車にはねられて大怪我を負った犬のそばに救助隊が駆けつけるまで寄り添い続けた優しい少年に胸が熱くなる…!

愛犬の死を目の当たりにした6歳の少年が動物の命が人より短い理由を答えた→その回答に涙が止まらない…!

交通事故によって植物人間になった6歳の少年!彼の前に現れた1匹の犬が起こした奇跡に涙・・・

廃墟から助けを呼ぶ声を聞いた10歳の少年が1本の電話をかけたことで救われた子猫の生命力に胸が熱くなる…!

出典:The Dodo




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

虐待で目も耳も使えないピットブル→それでも 人間が好きで共に生きたいと願った…!

ある日のこと。 鎖につながれたピットブルを動物保護団体の職員さんが見つけました。 彼の名前は、『ノー …

「自己責任で」と注意書きされたサメが泳いでいる水槽に男性が触った結果、予想通りの展開に・・・

世界にはたくさんの博物館がありますが、 アメリカのワシントンD.Cに私営の『国際スパイ博物館』という …

観光客が与えた1本のソーセージ→このエサやりが『クマを殺す』ことに・・・

北海道の知床がに認定されたこともあって、観光客は以前より大幅に増加しました。 そんな知床ではたくさん …

原因不明の病魔に侵された愛犬に、飼い主は安楽死を決断→その時発見された耳の裏に小さな塊の正体とは!?

日に日に衰弱していくオーリー シェットランドシープドッグのオーリーは、アメリカのオレゴン州にアルさん …

小さい頃に保護施設で助けられた恩を忘れなかった猫!施設で看護猫として病気の動物達を癒し、恩を返す姿に感動・・・

今回ご紹介するのは、助けられた恩を返す「スティッチ」と名付けられた猫のお話です。 スティッチは、オー …

PREV : 「そういうことか」元TBSアナウンサーが暴いた日大アメフト部の井上コーチの本音がこちら!
自転車で北中米を横断していた日本人大学生が道端で『何か』を発見!何とそれは彼に向けられた・・・ : NEXT