Lenon


Lenonをフォローしよう!


数ヶ月間ご飯を与え続けていた野良犬がある日突然いなくなってしまった結果・・・


ローラさんとバディー

2年前にアトランタの木工屋に引っ越してきたローラ・シソコさん。

そこでは、黒い野良犬が頻繁に近くをうろついていました。

その野良犬に親しみを感じたローラさんでしたが、犬は警戒し近寄って来ませんでした。

それでもエサを置くと、ガツガツと食べるのです。

飢えていた犬を気の毒に思い、ローラさんは野良犬に「バディー」と名前を付けてご飯を与え続けました。

「私は店で犬を飼っていましたから、バディーはいつも私たちと距離を置いていたようです。好奇心が強くじっと見つめるのですが、とてもシャイなのか近寄ってきません。」

ローラさんは、バディーとの出会いをこのように語ります。

いつまでも懐かないと思っていたバディーですが、ある事をきっかけに距離が縮まりました。

詳細は次のページにてご紹介いたします。



この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

26秒後に必ず笑ってしまう!爆睡中のワンちゃんに猫がとった驚きの行動とは?

ペットとしていつの時代も大人気の猫とワンちゃん。 最近ではこの2匹を一緒に飼う人も増えてきましたね。 …

ロックを解除すると自動撮影するアプリを使って犯人を探し当てたがまさかの・・・

海外の掲示板で話題になっている1枚の写真があります。 その写真に写っているものとは、スマホのロックを …

引退した盲導犬が11年ぶりに元飼い主と再会→子犬の頃に戻り、甘える姿に涙が止まらない…!

皆さんは「パピーウォーカー」を知っていますか? 盲導犬候補の子犬を役10ヶ月間家族の一員として迎え、 …

母親を交通事故で亡くした孤児の子ギツネと母親代わりになった犬の胸が熱くなるエピソード!

孤児となった子ギツネ 動物の種を超えた友情は、良くネット上でも話題になっています。 今回ご紹介するエ …

「不気味」だと忌み嫌われ、引き取り手と巡り会えずにいた猫!本当の美しさを知る人と出会った結果・・・

生まれつき小脳性発育不全で歩こうとすると体がぐらぐらと揺れ、 上手く歩けないハーマンという猫がいます …

PREV : 日大アメフト部のタックル問題→「監督コーチの指示」だと加害選手が明かしたことを受け、武井壮が苦言!
日大アメフト部の悪質タックル問題について本田圭佑が綴ったツイートに賛否両論の声殺到! : NEXT