Lenon


Lenonをフォローしよう!


数ヶ月間ご飯を与え続けていた野良犬がある日突然いなくなってしまった結果・・・


ローラさんとバディー

2年前にアトランタの木工屋に引っ越してきたローラ・シソコさん。

そこでは、黒い野良犬が頻繁に近くをうろついていました。

その野良犬に親しみを感じたローラさんでしたが、犬は警戒し近寄って来ませんでした。

それでもエサを置くと、ガツガツと食べるのです。

飢えていた犬を気の毒に思い、ローラさんは野良犬に「バディー」と名前を付けてご飯を与え続けました。

「私は店で犬を飼っていましたから、バディーはいつも私たちと距離を置いていたようです。好奇心が強くじっと見つめるのですが、とてもシャイなのか近寄ってきません。」

ローラさんは、バディーとの出会いをこのように語ります。

いつまでも懐かないと思っていたバディーですが、ある事をきっかけに距離が縮まりました。

詳細は次のページにてご紹介いたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

タイヤショップに現れた目が全く見えない猫が安心と幸せを手にするまでをご覧ください・・・

この猫の名前は「ダドリー」と言います。 この猫の目には障害があります。 向かって右側の目に黒い瞳が殆 …

自分のペットである4匹の犬を女性が捨てようとする瞬間を撮影し、全世界に拡散した結果…!

自分のペットである4匹の犬を捨てようとする女性を発見!その現場を動画に撮影して全世界に拡散していった結果はこちら・・・

厳しい暑さの歩道で数センチたりとも動かず、生きることを諦めた子猫の運命は?

厳しい暑さの中、日差しを避けようとせず、まるで生きることを諦めたかのように歩道で数センチたりとも動かない子猫の運命は!?

殺処分寸前だった2匹の犬の写真がネット上に公開された結果・・・

みなさんは、殺処分を目前に控えたペット達の気持ちを考えたことはありますか? 明日死ぬかもしれない恐怖 …

前足が不自由というハンデを抱えながら野良として2年間生き延びた猫が心優しい女性と出会って安全な場所に導かれる…!

世の中には事故や障害で手足を失った人や、生まれつき手足が全く機能していな人も沢山います。 先天性の障 …

PREV : 日大アメフト部のタックル問題→「監督コーチの指示」だと加害選手が明かしたことを受け、武井壮が苦言!
日大アメフト部の悪質タックル問題について本田圭佑が綴ったツイートに賛否両論の声殺到! : NEXT