Lenon


Lenonをフォローしよう!


動物園にて、「多すぎるから」と言う理由だけで殺処分された9頭の小さなライオンたち!


多すぎるから殺処分

ボロース動物園で行われた繁殖により、4頭のライオンが2012年に誕生しました。

しかし2013年に健康体だった4頭は、「数が多いから」という理由で殺処分を受けます。

さらに2014年には3頭が生まれたものの、翌年に同じ理由で殺されてしまいました。

そして2016年8月には4頭生まれ、

その内2頭は別の動物園へ移されましたが残る2頭はやはり殺処分されたのです。

動物園の代表者は、子ライオンの安楽死を既定に沿ったものと主張しています。

また、動物園のCEOであるBo Kjellsonさんはこう語っています。

「努力はしたが、ライオンを飼育できる動物園が見つからなかった。グループ内での攻撃が激しくなる中で、何頭か殺さなければいけないのが現実です」

動物園が抱える深刻な裏事情について、次のページでさらに詳しくお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫のパパになった気分?どこへ行くにも猫を肩に乗せて歩く男性の2年後・・・

育児放棄されたスティンキー 何匹か一緒に生まれた兄弟の中で、特に小さな猫がいました。 名前はスティン …

ネズミに前足を食べられてしまったリクガメが飼い主の愛情と驚きのアイデアによって自由を取り戻す!

今年で91歳になるリクガメ「ミセスT」は以前に前足をネズミに食べられてしまい、 歩くことができなくな …

「危ないから入っちゃダメ!」飼い主の川遊びを必死で止める可愛いワンちゃん(笑)

犬は単独行動の動物ではありません。 縦社会の中で、仲間たちと協力して生きる習性があります。 現代にお …

狭い窓に現れたシルエットからは考えられないような可愛い猫の顔にドキッ!

猫は狭いところが大好きです。 ドアの陰やベッドの下、カーテンの裏側などに隠れては飼い主さんを驚かすこ …

このウサギはお隣のスリッパを仲間だと信じて疑っていないようです・・・

ネットでアップされる動物の画像は、とても可愛いですし癒されますね。 どの動物も可愛いので、お気に入り …

PREV : お互いに支えあいながら集団社会をたった2匹で生き抜くウサギの美しい姿に胸が熱くなる…!
日大アメフト部のタックル問題→「監督コーチの指示」だと加害選手が明かしたことを受け、武井壮が苦言! : NEXT