Lenon


Lenonをフォローしよう!


動物園にて、「多すぎるから」と言う理由だけで殺処分された9頭の小さなライオンたち!


多すぎるから殺処分

ボロース動物園で行われた繁殖により、4頭のライオンが2012年に誕生しました。

しかし2013年に健康体だった4頭は、「数が多いから」という理由で殺処分を受けます。

さらに2014年には3頭が生まれたものの、翌年に同じ理由で殺されてしまいました。

そして2016年8月には4頭生まれ、

その内2頭は別の動物園へ移されましたが残る2頭はやはり殺処分されたのです。

動物園の代表者は、子ライオンの安楽死を既定に沿ったものと主張しています。

また、動物園のCEOであるBo Kjellsonさんはこう語っています。

「努力はしたが、ライオンを飼育できる動物園が見つからなかった。グループ内での攻撃が激しくなる中で、何頭か殺さなければいけないのが現実です」

動物園が抱える深刻な裏事情について、次のページでさらに詳しくお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

「ついて来なせえ」近所のボス猫さんに誘われてついて行くと、そこでは嬉しい優しさが待っていた!

暑い夏の日。照りつける日差しの中、少しでも日陰を求めて歩きたくなりますよね。 Twitterユーザー …

犬がスキップしている動画に誰もがザワつく!一体どこでマスターしたの…?

なんと、犬がスキップしている動画が話題に!一体どこでマスターしたのでしょう?誰もがザワついた映像はこちら・・・

ホームレスとその愛犬→帰る家がなくても、いつもそばに相棒がいる!心温まる画像15選

犬と人間の関係には古い歴史があります。 日本では縄文時代の遺跡から、人と共に埋葬された骨が出たほどで …

家族が悲しみに暮れていた→その場の空気を読んだワンちゃんのある行動で一家に思わず笑みが…!

長い人生を生きて行くなかで、悲しい出来事と出くわさずに生きることはできません。 苦楽を共にしてきた友 …

火事に巻き込まれて子犬が心肺停止状態に→とっさに心臓マッサージを施した消防士に絶賛の声続々!

ルーマニアで火災が起きました。 轟々と燃える炎の中から救助されたのは、51歳の男性とその男性が飼って …

PREV : お互いに支えあいながら集団社会をたった2匹で生き抜くウサギの美しい姿に胸が熱くなる…!
日大アメフト部のタックル問題→「監督コーチの指示」だと加害選手が明かしたことを受け、武井壮が苦言! : NEXT