Lenon


Lenonをフォローしよう!


動物園にて、「多すぎるから」と言う理由だけで殺処分された9頭の小さなライオンたち!


多すぎるから殺処分

ボロース動物園で行われた繁殖により、4頭のライオンが2012年に誕生しました。

しかし2013年に健康体だった4頭は、「数が多いから」という理由で殺処分を受けます。

さらに2014年には3頭が生まれたものの、翌年に同じ理由で殺されてしまいました。

そして2016年8月には4頭生まれ、

その内2頭は別の動物園へ移されましたが残る2頭はやはり殺処分されたのです。

動物園の代表者は、子ライオンの安楽死を既定に沿ったものと主張しています。

また、動物園のCEOであるBo Kjellsonさんはこう語っています。

「努力はしたが、ライオンを飼育できる動物園が見つからなかった。グループ内での攻撃が激しくなる中で、何頭か殺さなければいけないのが現実です」

動物園が抱える深刻な裏事情について、次のページでさらに詳しくお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

うっかりが引き起こした運命の出会いが男性のハートを鷲掴み!その訪問者の正体は…?

家にペットを迎え入れるには、それなりの覚悟が必要です。 「トイレのしつけは大丈夫か?」「家具をボロボ …

毎晩せっせと日替わりでおもちゃを寝床に持ってくるワンちゃんから癒しをもらおう!

アメリカのオハイオ州に、キム・ダウニーさんがゴールデンレトリーバーのモヒート・ローズと暮らしていまう …

人懐っこいモフモフ猫は抱っこが大好き→写真撮影も誰からの要求だってOKしてくれる!

猫ちゃんと言えばとっても気分屋。 自分が構って欲しいときにはすごく甘えてくるのに、 自分の気分が乗ら …

なぜか子猫が川を泳いでいる!男性が救助したが、そこからさらに信じられない展開が起こった・・・

これから暖かくなってくると川辺でバーベキューを楽しんだり、 ボートで釣りに出かけたりと外に出て遊ぶこ …

この母親は自分の子供の他に、”人間ではない母違いの双子”を育てる!運命の出会いに心癒される・・・

シカゴ在住のイベット・アイベンスさんは2児の母です。 アイベンスさんが2人目の出産後に目にした広告は …

PREV : お互いに支えあいながら集団社会をたった2匹で生き抜くウサギの美しい姿に胸が熱くなる…!
日大アメフト部のタックル問題→「監督コーチの指示」だと加害選手が明かしたことを受け、武井壮が苦言! : NEXT