Lenon


Lenonをフォローしよう!


動物園にて、「多すぎるから」と言う理由だけで殺処分された9頭の小さなライオンたち!


多すぎるから殺処分

ボロース動物園で行われた繁殖により、4頭のライオンが2012年に誕生しました。

しかし2013年に健康体だった4頭は、「数が多いから」という理由で殺処分を受けます。

さらに2014年には3頭が生まれたものの、翌年に同じ理由で殺されてしまいました。

そして2016年8月には4頭生まれ、

その内2頭は別の動物園へ移されましたが残る2頭はやはり殺処分されたのです。

動物園の代表者は、子ライオンの安楽死を既定に沿ったものと主張しています。

また、動物園のCEOであるBo Kjellsonさんはこう語っています。

「努力はしたが、ライオンを飼育できる動物園が見つからなかった。グループ内での攻撃が激しくなる中で、何頭か殺さなければいけないのが現実です」

動物園が抱える深刻な裏事情について、次のページでさらに詳しくお伝えいたします。




この記事が気に入ったら いいね!しよう

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

コメント

  関連記事

猫が親友のワンちゃんに自分の子供を紹介した→ワンちゃんのリアクションに胸キュン不可避!

久しぶり! 街で偶然昔の友達に会ったら、懐かしさがこみ上げて話が弾みますね。 学生時代にの親友とばっ …

お留守番している愛犬にカメラをつけて留守番中の様子を観察してみた→思わず謝りたくなる…!

ペットを飼っていると外出した際に、その様子がとても気になります。 最近では、優れた小型カメラがあるの …

モコモコ毛を生やしすぎて命の危機に晒されていた羊→毛刈り職人が決死の技術で命を救う!

動物保護団体に保護された『モコモコすぎる羊』 有袋類などの珍しい動物の宝庫・オーストラリア。 そんな …

先天性の障害でうまく歩けない子猫にぴったりと寄り添う犬の優しい姿に感動・・・

みなさんは猫の先天性の病気「小脳形成不全」をご存知ですか? 小脳は、主に体のバランスを保ったり眼球運 …

自らの被毛に支配されていた犬を保護して毛をカットした結果、同じ犬とは思えない素敵な姿に…!

自分の被毛に体を支配されてしまっていた犬!保護してその毛をカットすると、同じ犬とは思えないほど素敵な姿に変身・・・

PREV : お互いに支えあいながら集団社会をたった2匹で生き抜くウサギの美しい姿に胸が熱くなる…!
日大アメフト部のタックル問題→「監督コーチの指示」だと加害選手が明かしたことを受け、武井壮が苦言! : NEXT